<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハロウィンのクリームシチューランチ

ダイズ状にカットしたかぼちゃをトッピングする事によって

ちょっぴりハロウィン風になりました★*☆♪


クリームシチューにもチキンの海藻サラダにも、

そして、マンゴーソースをかけたヨーグルトにも

全部にかぼちゃをのっけちゃった! ┣¨ ୧(๑ ⁼̴̀ᐜ⁼̴́๑)૭ ヤ


マンゴーソースとかぼちゃのトッピングが意外にヨーグルトと合う♪



d0016069_15473464.jpg



ビタミンたっぷりのイチジクも一緒にいただきました♪




d0016069_15480085.jpg




…だけど、風邪気味なのでʕ→ᴥ←ʔ

今夜のハロウィンは家でまったりと過ごす予定…


長雨が続いたり、台風が来たり、いきなり木枯らし1号が吹いたりと

こんなんじゃ、体調を崩しちゃうよね(-_-;)


皆さんもカラダに気をつけて

楽しいハロウィン🎃をお過ごしください☆彡


---------------------------------------








[PR]

by ai-3sun | 2017-10-31 15:56 | foods

こんな風に笑ってみたい


d0016069_00013627.jpg


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-21 00:10 | ココロ ココニ

神の島にて

宮島は古くから「神の島」とされていて

フェリーで宮島に着くとすぐに鹿がお出迎えしてくれるんです♪


(鹿は”神の使い”と言われていますよね)



d0016069_18194086.jpg





でも、奈良の鹿が怖かった経験から

私は遠くから写真をパシャ!


大人しい鹿さんばかりだったけれど
小さい子どもとのツーショットを撮っている方も多く
ちょっと心配してしまいました。


珍しくてカワイイから写真を撮りたい気持ちはわかるけれど
鹿をなでたり、顔を寄せて写真を撮るのは危ないんじゃないかなぁ。。

(心配し過ぎ?)



     ↓   1996年に世界文化遺産に登録された「厳島神社」


d0016069_18200682.jpg




大鳥居の沖側は”厳嶋神社”、社殿側は”伊都岐島神社”となっているそうですよ。


     ↓  外側から見る廻廊も美しくて厳かな気持ちになりますよね。



d0016069_18203765.jpg


ここでは

「世界平和」を

たくさんの人が願っていたこととでしょう



---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-21 00:08 | scenery

3割増し画像w ビーフシチューランチ


d0016069_15193103.jpg


寒くなったので、今年初のビーフシチュー!

aiオリジナルブレンドティーと一緒にいただきました☆彡

3割増しに写しても、こんなもんですw


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-18 22:32 | foods

選挙に行かないのはもったいない


7人に1人が子供の貧困だという。


インスタでは、10代、20代の人でも

芸能人並みの派手な写真をあげている。


自分の生活を3割増しに演出しているとしても

この格差はどこから生まれるのだろうと思う。


このまま富裕層を優遇する政権でいいのか?


この機会によく考えてみたい。


---------------------------------------


[PR]

by ai-3sun | 2017-10-16 22:26 | news

やっぱり見た目は大事♪


d0016069_16404250.jpg




お店のバーニャカウダはどうしてこんなに美味しそうに見えるんだろw



---------------------------------------






[PR]

by ai-3sun | 2017-10-14 23:02 | foods

にゃんこスター?



d0016069_23335532.jpg


ねぇ、どこ?


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-14 00:04

プロパガンダに踊らされるな


「にゃんこスター」をYou tubeで探してたら

ドラムの「にゃんごすたー」が引っかかった!







「にゃんごすたー」の超絶テクはハンパない!!

ゆるキャラがバシバシとドラムをキメテルところがクール!!
…なのに、なんかカワイイ♪


「にゃんごすたー」は青森県黒石市出身で

訳あってハリウッドを目指して旅をしているドラマー猫なんだって。


すっかり「にゃんごすたー」にハマってしまった☆(*>д<)


近いうちに「にゃんこスター」と「にゃんごすたー」のコラボも実現するらしい♡


プロバガンダに踊らされてるのは…     私だ。


---------------------------------------






[PR]

by ai-3sun | 2017-10-13 23:49

『小沢健二 ~今 僕が伝えたい音楽とことば~』(10/5放送)


NHKの『SONGS』(10/5放送)は「小沢健二」の特集だった。


書き下ろし”本人執筆モノローグ”から始まる。


「文化が、町をつくる」


日本中に届く NHKの電波で、

何を届けよう?


やっぱり、自分に身近な、本当の話をしよう。


僕の妻はイギリスとアメリカのハーフで、

息子たちは日本とアメリカのハーフ。


でも「ハーフ」というのは、

「ハーフムーン」とか

「ハーフサイズのサンドイッチ」というように、

「半分の」という意味。


だから、英語人には、

「ハーフの日本人」というと

「半分しか日本人じゃない人」と聞こえたりする。


いつか「ハーフ」という言葉は、

「ダブル」とか「デュアル」に、

自然と変わっていくだろう。


うちのダブルの長男は4歳で

散歩が大好き。


日本にいる時、

彼はある、不思議で、奇妙な物体の前で

必ず立ち止まる。


その物体の扉が開いていれば

長男は嫌がる犬のように

足を踏ん張って、

その場から動かなくなる。


その物体とは、自動販売機。  


彼から見ると、自販機は

宇宙から降りてきたロボットのように、

不思議に光る姿で、

じっと町を見ている。


こんなに国の隅々まで自販機がある国は、

僕は日本しか知らない。


自販機の中には、お金や水が入っている。


ニューヨークのブルックリンに、自販機を置いたら、

次の朝には丸ごとなくなっている気がする。


一方、日本では、

誰もいない、盗むのに絶好な山奥でも、

自販機は何年も、

100円玉をため込みながら、

静かに過ごす。


旅行者たちは、驚く。

「お金の入ったロボットが、

 国中に立っているなんて、なんて特殊な国!」と。


日本列島では、宇宙からやってきた自販機たちが、

新しいドリンクの宣伝をしながら、

今日も朝を迎える。


自販機泥棒は、不思議なくらい、いない。


そういう日本の社会は、

要するに、

みんなが持っている文化が、作っている。


人々の文化は、町を作る。

都市を作る。


みんなが持っている、

ガラパゴスとも言われる驚くべき文化が、

驚くべき町を、

都市を作っている。


僕らは今、その一つ、渋谷にいる。


渋谷NHK、101スタジオより、日本じゅうに、

ソングス、つまり、

歌たち、を届けます。


            …小沢健二です。


その後歌が始まる。


1曲目は「シナモン(都市と家庭)」



19年ぶりの帰還により、

今回「SONGS」制作チームから

なぜ芸能界から姿を消したのかなど、過去を語ることを頼まれたという。


それについては「三割増し」というモノローグで答える。


国も、人も、自分をよく見せようとする。(三割増しぐらい)


だったら、現在の自分の眼に見えるものを報告したほうがいい。


その報告が過去の自分を説明する。



2曲目「天使たちのシーン」


3曲目「愛し愛されて生きるのさ」


2曲目と3曲目では〈SOIL&"PIMP"SESSONS〉のタブゾンビがトランペットを吹く。


(これらの曲から小沢さんの生きてきた背景を窺い知ることができるのだろう。)


それから、何よりも本当で身近な話をしたいと

「英語のテスト」について小沢さんが語り始める。


日本人は学校で6年間も英語を習うのに英語が喋れない。

けれども、日本人は何年も学校で英語を習うからこそ英語が喋れないのだと思う。


だから、英語を喋る状況になると学力を問われる英語のテストだと思って

ガチガチに緊張してしまう。


外国語を喋るには実は間違える力が必要なのだ。

それは英語のテストに関してだけではない。

この世は減点法ではなく、加点法で動いている。


小沢さんは、

「小さな子どものような、間違える力を、持ちたい。と

 僕自自身についても、いつも思う」と結ぶ。


その後は4曲目の「流動体について」の歌を披露。


最後のモノローグは「重なり合う二つの姿」


僕にとって日本は

重なり合う二つの姿で

その二つは、突然入れ替わる。


何でもない日本と、

良い意味で、とんでもない日本。


羽田空港に着く時、

上空から、その両方が見える。


重なり合う、二つの姿。

ダブルに重なる、東京。


昔は見えなかったその姿を、

音楽や、ことばで、一生懸命、綴ろうと思います。


        …NHK渋谷、今日はどうもありがとう


---------------------------------------


良い意味で”とんでもない日本”を世界中に
もっともっと知ってもらいたいですよね


日本には、宗教でもなく、押しつけでもなく

自分の中の倫理観を大切にして生きている人がたくさんいるのです。


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-10 18:14 | uta*iroiro

世界が平和を望んでる


                        (↓ 原爆ドーム)

d0016069_17595602.jpg


広島平和記念資料館ではたくさんの外国人の方々が写真や資料を熱心に見つめ
平和への関心が強い事に心を打たれました。

おじいちゃん、おばあちゃんが幼い孫にヒロシマのことを語り
ちいさな子供にも戦争の無残さと平和の大切さをきちんと伝えていました。
きっとショックを受けるかもしれないけれど。
昔自分がそうだったように
子供にとって”人の死”とは、漠然としていてわからないのです。

どうして広島に原爆が落とされなければならなかったのか
どのくらいの規模の被害があったのか
その後、各国が競って原爆の開発をしてきたことや
これから非核化へ向けて協議していこうとしていることなど
大まかに学ぶことが出来ると思います。

資料館を出た時には、言葉も出ないくらい憔悴してしまって
体中にやるせなさと涙が貯めこまれているような感覚でした。

来館者の人たちのちょっと目を細めたりする表情のひとつひとつが
何も言わなくても辛さや切なさを物語っているようでした。


d0016069_18001463.jpg



私達は誰も戦争などしたくない。


誰かを殺したり誰かに殺されたくもない。


なのに、たった数人の×××のせいで

平和が台無しになってしまうとしたら

あまりに理不尽な話だ。



北の指導者だけではない。


米、ラスベガスで大勢の人を巻き込む銃乱射事件が起きたが
現大統領は銃規制に取り組む気が全くない。

どこの国の指導者も、国民よりも自分の懐具合の方が大切なのか。


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-06 22:56 | ココロ ココニ