<   2017年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

平和への祈り


d0016069_16321825.jpg




平和への祈り


世界中に とどけ とどけ



---------------------------------------





[PR]

by ai-3sun | 2017-09-30 00:48 | ココロ ココニ

『わにとかげぎす』最後までハラハラした最終話


この間夢の中でいきなり銃で撃たれてさ


あれ、脳がマジで撃たれたって意識すると


本当に死んじゃうって


プラシーボ効果だっけ?


薬も信じたら


砂糖水だって効いちゃうらしいよ


人なんて気持ちひとつで、どうにでもなるよね


…尾崎世界観でした。




ラジオを聴いた後

羽田さんと別れようとしていた富岡さんに

(以前助けてあげた)ホームレスのオヤジが背中をおす。


「Do or Die」だよ。

骨の髄まで惚れた女だったら

俺が幸せにするってピシっと言ってやりゃいいじゃないか。


その結果、今まで悪い方にしか動かなかった運命の歯車が

少しずつ軌道修正されていく。


いい人でしかない富岡さんが、なぜか巻き込まれてしまう暗い闇。

けれども、羽田さんへのマジな愛情が勇気へと駆り立ててくれる。



自分の事をこの世の誰よりもわかってくれる、特別な人ができた。


自分が生きている様を見ていてくれる証人だ。


それがいるといないじゃ大違いだ。


もし、羽田さんと出逢ってなかったら


今日かもしれないし、10年後かもしれない。


いつ来るかわからない自分の死を


誰も気づいてくれなかったかもしれない。



そんなことを心の中で考えながらも


ゴミ袋に囲まれて死んでいる自分の姿を頭に思い浮かべる富岡さん。




第1話の冒頭のシーンがコレだったので、

私はてっきり絶望的な未来を示唆しているのだと思った。


(このあと、人殺しのやくざも追いかけてくるしね。)


ラストで、 「あ~   富岡さんが死ななくてよかったーーーーー!」

と思ったものの、

羽田さんの部屋でカラス避けのCDがカタカタ鳴っている音も気になったし

羽田さんへ手を振る富岡さんの背景がぐらぐらしていて

幸せが揺らいでいるみたいに感じてしまった。


(本当にハッピーエンド?)


友達が欲しくて、流れ星に「友達をください」と願い


友達は出来たものの、すぐに失うことになり


あの時ちゃんと止めてあげればよかったと


勇気のない自分を後悔してた富岡さん。


きっと富岡さんのような人はたくさんいるのだと思う。


深い海の底でもがきながら生きている「わにとかげぎす」…


明るい世界に行こうとあがいては諦めて…

(あ、それ私だ ^^;)


光が当たる世界は「わにとかげぎす」にとって住みやすいところになるだろうか?


…なんて思っちゃう私は

もう少し明るい未来を思い描かないといけないかな…


プラシーボ効果で、、、



---------------------------------------


しかし、解散総選挙とか


今やってる場合じゃないでしょ!!って


思っちゃうよね?


こんな時にミサイル攻撃受けたら国民はたまらない。


---------------------------------------




[PR]

by ai-3sun | 2017-09-30 00:40 | Drama

日本人の心に寄り添う花 ~萩(ハギ)~


萩(ハギ)


秋の七草のひとつで秋を代表する花木。


(花言葉: 過去の思い出)



d0016069_18083662.jpg





ピンクや赤色の萩の花は時々見かけますが、白い萩を見たのは初めてかもしれません。

心が清められるようですね。


そういえば、万葉集で一番多く詠まれた植物が「萩」だそうです。

豊穣の秋のシンボルでもあり、性的な象徴物でもあるということで…


『秋といへば空すむ月を契りおきて光まちとる萩の下露』 (藤原定家)



「秋」と「萩」と「月」… 

私達の心も いつまでも豊かであるように


---------------------------------------








[PR]

by ai-3sun | 2017-09-26 23:15 |

泣きじゃくるかも


「安室ちゃんが引退しちゃうなんて 信じられないよー!」



d0016069_17024121.jpg





僕、泣きじゃくるカモ…



---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-22 00:06

優しい武器



「The Poet's Wife」


d0016069_17024723.jpg



開花始めは、はっきりとしたレモンの香り

しだいに甘い香りが濃厚になる


---------------------------------------


この黄色い薔薇は、見た目が美しいだけでなく
「レモンの香り」までするらしい。

私に勝ち目はない…w

---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-19 23:07 |

9/14放送『ニュースで英会話』より「ROHINGYAS FLEE VIOLENCE」(9/3付英語ニュース)


今回のリード「ROHINGYAS FLEE VIOLENCE」は、
長い間ミャンマーで迫害されてきたロヒンギャの人々が、

このところさらに暴力に苦しんでいて、それから逃れようとしているというニュースについて。


ロヒンギャとはミャンマーの西部に住んでいるイスラム教徒。


ミャンマーでは国民の9割が仏教徒なのでイスラム教徒であるロヒンギャは異端視されてきた。


ミャンマー治安部隊とロヒンギャ武装勢力の衝突の発端は、

今年8月に30ヶ所ほどの警察の施設がロヒンギャの武装勢力に襲われ

警察官や兵士が12人殺された事による。


これに対して、ミャンマーの治安部隊が武装勢力に対しての掃討作戦を始めたのだが

その攻撃の矛先がロヒンギャの一般の住民にも向いてしまい

大勢のロヒンギャの人々が命がけで国境を越えて、隣国のバングラデッシュに避難しているという。


ミャンマーには135の民族がいて、7割がビルマ族、それ以外が少数民族であるのだが、

ロヒンギャはバングラデッシュなどからやって来た不法移民ということで

35年前に国籍をはく奪された。

それにより、教育も受けられず、基本的人権も奪われている状態。

そして、国籍がないので難民申請も出来ないという。


昔からこの地域には、一定の数のイスラム教徒が住んでいて

多数派の仏教徒と平和的に共存していた。


しかし、1824年に英国がビルマを植民地化し、

その時すでに英の支配下にあったベンガル地方(現在のバングラデッシュ)から

ミャンマーの中にある現Rakhine Stateの地域に大量のイスラム教徒が流入してきた。


急速なイスラム教徒の移民の流入によって、仏教徒とイスラム教徒の共存関係が崩れてしまった。


しかも英国はビルマを統治する為に、少数民族であるベンガル派の人々を利用した。


植民地で、少数派に多数派を支配させるという「divide and conquer」(分割統治)だ。


それは、植民地の民族同士を反目させ、

不満の矛先が直接自分たち(英国)に向かってこないようにするため。


その為、植民地支配が終わっても民族同士の紛争が続くのだという。


(イラクでは少数派に多数派を支配させて、結果的に「イスラム国」が出来上がってしまった。)


今でも起きている多くの紛争は、そういう歴史に根差している。



ミャンマーでは、国家顧問であるアウン・サン・スー・チーさん(ノーベル平和賞を受賞している)が

去年から政権を率いている。


今やミャンマーの民主化のシンボルになっているスー・チーさんだが

この問題に対して、各国から非難の声が高まっている。


スー・チーさんが野党のリーダーだった頃は

法律を改正してロヒンギャの人々を国民として認めるべきだと言っていたのだが。


ロヒンギャの人々から国籍をはく奪したのは当時の軍事政権。


彼らには、かつて自分たちを支配して片棒を担いだ少数民族を差別することによって

ビルマ族としての結束を固めて行きたいという狙いがあった。


軍はいまだ、憲法によって強大な権限を保証されている。


スー・チーさんには、今ここで軍との間がこじれてしまうと、

せっかくの民主化が台無しになってしまうかもしれないという懸念がある。


もっとシビアなのは、国民の大多数がロヒンギャに対して強烈な反感を持っていて

この圧倒的な国内世論は、政治家にとってそうそう無視することは出来ないという事だ。


そんなスー・チーさんに、南アフリカの人種隔離政策アパルトヘイト廃止指導者の一人の

ツツ名誉大主教(ノーベル平和賞受賞者)から手紙が届いたという。


ノーベル平和賞を受賞したスー・チーさんに

再び勇気としなやかさを取り戻し、声を出すことを願っている。


正義(justice)のため、人権(human rights)のため、国民の団結(unity of your people)のために

発言することを望んでいる。



「この問題に具体的な解決方法はあるのか?」という質問に対して

岡部徹さん(NHK解説委員:担当分野は国際情勢)は、こう答えている。


国際的な支援活動を受け容れるという事や

日本も人道支援のノウハウをいっぱい持っているので協力できる事は多いと思う。


しかし、この問題の本質は、民俗間に刷り込まれた「不信感」「嫌悪感」を払拭することが

極めて難しいという分割統治という植民地政策が起こした後遺症の深刻さを

改めて示していると言える。


---------------------------------------


日本の身近で、今起こっている大きな脅威も

こんなにも根深いものがあるのかと思うと、どんな解決法を探したらいいのか

本当に難しい。


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-16 23:36 | news

恋する器にカプレーゼをのせて


こんな時にのんきだと言われそうだけど、こんな時だからこそ
以前から欲しいと思っていた器を購入しました。


中園さんの作品ではありませんが、やはり人気のある作家さんで
すぐに売り切れてしまうそうです。


何となく夜空のお月様を彷彿とさせるような色合いで、とても好き!
(そう思うのは、わたしだけかな?)

迷った末、最初に載せる料理はコレにしました。



       彩り鮮やかな「トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ」


d0016069_13555405.jpg



器好きの方は、「器を我が家にお迎えする」って言うんですよ~♪

愛情のこもった言いまわしでしょ?


d0016069_13561689.jpg


器をお迎えするにあたっては、注意事項がいくつかあります。

作家さんの作品はデリケートなので、使い始めにやらなければならない事があり
その上、食洗機や電子レンジは不可だという事です。

それに
もしも割ってしまったらと思うと、お皿を洗う時も緊張しちゃう!


でも、大丈夫!!

割れてしまった時は、「金継ぎ」という方法があるんですって。

もちろん金額は高いけどね。

足利義政が大切にしていたという”鎹(かすがい)で止めた茶の湯の青磁茶碗”のように
私もこれから先、この器をずっと長く愛でたいなぁ…


生きていくには、
愛するという「モチベーション」が必要なんじゃないかと思います。

---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-15 22:47 | ココロ ココニ

どんぐり みぃつけた♪


先日、どんぐりを見つけました!

リスもいるんじゃないかって辺りを見まわしたけど

残念ながらいなかった…   

     (↑ って  子どもかっ!www)


一歩ずつ、秋に近づいているんだね~♪


d0016069_16452840.jpg



そして、古民家カフェでチーズケーキとコーヒーを。。




d0016069_16454652.jpg



ここの器は、益子焼を使っているようです


ケーキ皿の厚みやコーヒーカップの質感、色あいも凄く好き。。


本命以外の、ほかの器にも

現(うつつ)を抜かしてしまいそうな私...w
 

恋する気持ちは、誰にも止められません!


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-13 16:57 | ココロ ココニ

もっと、自由になりたい



d0016069_18390550.jpg


---------------------------------------





[PR]

by ai-3sun | 2017-09-08 21:40 | ココロ ココニ

民進党の山尾志桜里議員のW不倫報道!


「保育園 子ども預けて 不倫愛」  by ai



山尾議員は子どもの保育園の送り迎えを、旦那さまにも手伝ってもらっているそうです。



かつて「保育園落ちた。日本死ね。」という意見を擁護したのはあなたですよね?


…ついでに言わせてもらえば、日本が危機の今

「日本死ね」と言った人はどうしているのでしょうか?




---------------------------------------




[PR]

by ai-3sun | 2017-09-07 22:53 | news