<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『夜は短し歩けよ乙女』を読んでみよう

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

森見 登美彦 / 角川グループパブリッシング




まず、中村佑介さんのイラストの表紙に目を奪われました。
シックな赤と黒と緑を活かしたレトロな色彩に、
シャープなタッチで描かれた魅力的な黒髪の女子♬

そして、森見登美彦さんのアナクロニズム・・・

一体全体、あなたは何者?50代ぐらいのおじさま?

・・・などと考えていたらイエイエ1979年生まれの人だったのです!


それにしても、ムズカシイ言葉や古い事柄をよく知っていて、、、


偽電気ブランというものが作中に出てくるのですが

検索すると、実際にはないとのこと。。f^_^; 

けど、
浅草『神谷バー』に行けば、ホンモノの電気ブランが飲めるのですねぇ ♪~(^ε^)
もちろん飲んでみたい!!(アルコール度30だそうです♡)


意中の彼女が古本市で欲しがっていた絵本
『ラ・タ・タ・タム』
とても興味を引きますよねー?

(彼女の思い出の絵本。・゜゜・(>_<)・゜゜・。)

d0016069_2034591.jpg




この本は実在する絵本だけど、
今はネット書店などでも在庫切れとのこと。。




何しろ、一番読まれた本ベスト1に
この『夜は短し歩けよ乙女』が選ばれたのだからそういう現象も起きますね♪


ねぇねぇ、そこの君、読んでみようかな~ナンテ思うでしょ!!


ところが、この本の中をご覧下さい。。


知らない言葉がどっさり!!


もしかしたら、途中で諦めるか、意味不明なまま読み進めるか・・・


・・・・う~~ん、どうしよう?


・・・というコトで、

いくつか皆さんのために、ムズカシイ言葉をリストアップしてみました


「読者諸賢におかれては、必要がないとは思われますが、
 ネプリーグに参戦(?)したい人は是非参考にしてみて下さい(笑)」
by ai

yahoo辞書で検索~乙女の嗜み~
[PR]

by ai-3sun | 2009-07-22 20:48 | books

aiとドラマと音楽と~ドラマ『MR.BRAIN』の第4話~


d0016069_23575027.jpg


ゲストが佐藤健クンだったので、
この回のみ録画をして、やっと観ることができました☆(遅い!!)


健クンは、記憶が1時間しかもたない天才ピアニストの役で、
『亡き王女のためのパヴァーヌ』が効果的に使われていましたよね♪


この曲は、印象派のモーリス・ラヴェルが、ベラスケスの描いた
マルガリータ王女の肖像画にインスピレーションを受け作曲したピアノ曲♬

(追記すると、マルガリータ王女の肖像画は、お見合い写真的な意味を持っていて、
 王女は、14歳で神聖ローマ皇帝レオポルド1世に嫁ぎ、
 22歳の若さで亡くなっているそうです  ・゜゚(>ω<。人)ううっ。。)  


優しく、もの悲しいメロディではあるけれど、
「亡くなった王女の葬送の哀歌」という意味ではなく、
「昔、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ(舞曲)」だそうで・・・
(pavane[フランス語]とは、 ゆっくりとした二拍子の舞曲。)


そして、50代になってから記憶障害に悩まされ始めたというラヴェルと
ドラマの主人公の心が重ね合うようなピアノの音色・・・



記憶を失っても、楽しかったことや悲しかった時の感情は
脳のどこかにインプットされるのかなぁ・・・メロディと一緒に♪



ところで、
楽師の東儀秀樹さん、まさか、こんなドラマに出るとは・・・!!
はまり役過ぎて。。  f^_^;


最終章では、エビ様こと(?)市川海老蔵さんも出演してました
この人も、すごい存在感ですよね!(好きにはなれないけれど 苦笑)


画一的な刑事役:(リンダくん)の水嶋ヒロさんは、
もっと上手に使って欲しかったなぁ・・・モッタイナイ


キムタクのあのムカツク笑い方などなど・・・
いろいろ残念な部分も多かったドラマだけれど、
なぜか観たくなってしまうのは、綾瀬はるかのおかげかしら?


終わってしまうと思うと、少しだけ残念です!
[PR]

by ai-3sun | 2009-07-09 23:57 | Drama