カテゴリ:フリースタイルダンジョン( 45 )

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.2-2 DOTAMAへの100の質問?

Here we go!

前回と同じopening actでスタートしたRec.2-2

最初のチャレンジャーは「帰って来た酔いどれラッパー」こと

リベンジャーの”黄猿”(27)

MCバトルの際には、酒を飲むほど強くなると豪語している”黄猿”。

前回Rec.3で挑戦した時は『男梅』を飲みながらの登場だったが、

”T-PABLOW”に「お前が飲んでる男梅 居場所 見つけました 音の上」とかまされ

クリティカルヒットで敢え無く撃沈した。


「『男梅』を見る度にあの試合を思い出しますね。悔しくてもう飲めない。」

「(でも今回は)いいパフォーマンスで全力を出したい!」と言う”黄猿”。

リベンジャー”黄猿”は酔拳ラップで今度こそ全面クリアできるのか?


1st BATTLEの対戦相手は、”CHICO CARLITO”

”黄猿”は手ぶらで来たのかと聞かれると、ポケットからペットボトルを取り出した。

…が、ラベルも剥がされていて、もうネタにはさせないらしい。


《Round1》

”黄猿”:

流れが悪いんだ挑戦者 だから先攻 この場 変えてくぜ戦法

笑って入場してたけど 濁らしてやるぜ表情 沖縄 ここ東京

ageHaで負かす お前のageHa 初の対戦相手 敗戦じゃないぜ

いつでも速攻 ノックアウトさせるCHICO こいつはダセェか?


”CHICO CARLITO”:

ダセェ訳じゃないけど 俺もageHaで蝶のように舞うぜ

アンタが蜂なら 俺は蝶のようなフロウ

あれ?今日出来てないぞ そこんとこ どう

黄猿さん ノリな 俺らの為のフロア 揺らしに来てるぜageHa

Get on the マイク 東京でも ネオン街でも フロウ


”黄猿”:

お前が蜂または蝶かなって SLOW DOWNだ ここでハマル放火魔

導火線 またもどうかして 頭キレながら吐く言葉で高く

スイッチで動くと上がるどこまで墓場 頭くるからな 震わす体

墓場待っても 誘うさ フロウにな

トリガー引くだけ こいつぁ Notorious


”CHICO”:

Notoriousでも ビートの上でもっと踊りだす

バース出来なければ 聞き取れない

墓場の中からまた Once Again 半端ねぇって言わせるぜ

あれ?それ? さっきからボカボカ言ってるけど

もう火の話してたら もう導火線は消えた それは”はなび”さんの事


   Let's judge!   ◇判定は?◇

モンスター4票で、勝者”CHICO CARLITO”!!


LiLyさんのコメント:

「黄猿さんの韻の「墓場」と「体」とかをフロウもそうなんですけど、

 CHICOさんは自分の方に持っていってさらに自分の韻を加えてまたフロウを踏む。

 そのやり方をされると、韻とフロウでCHICOさんだなと思った。」


《Round2》 ビートは 「BROKE DOWN / JAGGLA & Cz Tiger from TORNADO」


”CHICO CARLITO”:

遠慮もねぇよ 結構テンション上げてる 俺でも伝承

この場所の天井 照明ばっかり いっぱい決闘

また何飲んでる 氷結? 俺 超絶フロウみせてくけれど

それが出来なければ だたのカスで結局 終わります

アーイ?はいさ~い 生まれも育ちも沖縄那覇から Once Again

What's upって 言う前に熱さを伝える

俺の言葉たちのこのままは 一発でキメるから

撃ち抜く One Shot One Kill これ俺のバース


”黄猿”:

一撃必殺 どこまで引っ叩く? HIP HOP 俺のやり方ってな

いつも高速 どう飛ぶ どうなる 言葉 飛ばすだけな

砕くだけだ 頭 体 震わすだけだ 墓場な

何度もいうだけ 不満もそう どこでやるだけ 言葉くだばる

くたばる コイツくわばら 死んでおさらば どんな差かな?

飛んで火にいる魚 夏の虫 速攻って無視

不埒 遊ぶとこで 飛ばす言葉 飛ばす輩さ


”CHICO”:

夏の虫 飛んでまたも火に入る

Fire Fire さっきからないぜアンサー

アンタの事なんでも 別にいいけど 昔は尊敬してたけど

結局 作品 何も一つも残せてないね マジもったいねぇ

俺はチャンスを逃さない男 分かるだろ

この言葉の懐 見せてく所 ちゃんと

まるで 所ジョージさんみたいな顔してる訳ではないけれど

この場所でまたも Get on the マイク また揺らすぜ このバース


”黄猿”:

知ってんだよ ジョージ所 懐 どこまで心 泡立つ

どこまで温めながらやる コイツ ラップ半端ねぇ

アンダーライン 砕くとこまでやるから 半端じゃない

それは気にしない あとは俺は勝って作品残す

その為輝く 羽ばたく どこで街中?

街は未だ気まま どこでやるぜ跪かす

相手CHICO チャレンジャー マジ舐めんな だから 上がる為にお前を倒す

くたばれ速攻で××××You


◇Round2の判定は?◇

モンスター3票で、”CHICO CARLITO”の勝利!!


いとうせいこうさんのコメント:

「ビートがちょっと難しめですよね。あれ聞いた途端に

 どうハメてくるのかなと思ったら、CHICOが見事にハメてその印象が最後まで残った。

 2ターン目で黄猿がさらにビートに上手く乗せていって自分のモノにしだして、

 最後の最後、韻を踏んでくれるかなと思ったら「××××You」になっちゃって。

 あそこにもうちょっとパンチラインがハマってたら俺は黄猿に上げたと思う。

 そういう皮一枚の勝負だった。」


モンスタールームからは”漢さん”がいつもの渋い声で

「CHICO CARLITO はいさい」と声をかけ笑いが起きる。

「バッチリCHICO CARLITOらしいラップで、こっちは盛り上がってました。」


「すげぇ悔しいっすけど、CHICO まぁイカしてたんで…」と”黄猿”は退場。


---------------------------------------

(般若ルーム)

般若が悪魔のコスチュームで「喜多川景子」を膝の上に乗せている。

(久々の景子ちゃんの登場でメロメロの私♡ あくびも可愛い!)

山下:

「LiLyさん  

 あなたの解説で 私は妊娠してしまった(会場www))

 責任とってよ

 ねぇ 責任とってよ! 責任とってよ~!!」


(LiLyさんがタイプなんでしょうか?いつもすげぇ絡むよねー!w)
 

---------------------------------------

2人目のチャレンジャーは「草食系ポイズンキラー」こと”田中光”(30)だ。

楽曲制作やライブ活動を中心にしており

トラックメイクもこなすオールラウンダーだという。


普段は控えめだが、バトルになると「早口毒舌キャラ」に豹変。

フロウ、メッセージ、見た目の格好も

MCバトルであまり被る人がいないスタイルだと自分を語る。

5月に初のソロアルバム『ECHO CHMBER』をリリース。

ブレずにラップをしたいという田中光だが、隠し持った毒針で

モンスターを倒すことが出来るのか?


”田中光”の1st BATTLE の対戦相手は”DOTAMA”だ。

ジブさんが「かなり異質なバトルになるんじゃないかと楽しみですけど

どうでしょうか?」と”DOTAMA”に尋ねると

「今日は…」と言いかけたところでマイクがぶお~んと鳴り笑いがおきた。

(さすが”DOTAMA”さん、もうすでに観客の気持ちを掴んでる。)

で、そのあと軽い調子で「頑張りま~す!」


《Round1》

”DOTAMA”:

光くん 君は人として好きだがラップスタイルは全然好きじゃねぇ

アーティスティックもいいが俺は楽しくラップしてぇんだよ

どうも お集まり頂き有り難うございます

MC”DOTAMA”のトークバラエティ「ドタトーーク!」(会場爆笑)

アメトーーク!を凌駕するぜ ダンジョン 変えちまうオーラ


”田中光”:

オーラどっちか?お前 どっち勝つかなんて事は知らず

俺はアーティスティックというよりは ただ出たとこ勝負でやってるだけだから

別に勝ち負けよりも こんな風にお前をはした金で倒すか?そんな事は関係ねぇ

ターンテーブルの上でひたすら 俺は音楽に乗りながら

お前とセッションをしたいと思うけども

お前はどうせ勝ち負けだけでスタイルを変えちまうのか?そうなのか?

マウントポジション 乗りながら やってやるぜ ラップを


”DOTAMA”:

勝ち負けで そりゃ決まるよ バトルだもの 全て

Do or Die 君 死ぬしかない No Pain No Gain 上がれない

当然 俺は懸けてる

田中光 だいたひかる 西田ひかる 宇多田ヒカル

一番しょぼい コイツは「光」(会場大爆笑)


”田中光”:

しょぼいかどうかはとりあえずラップ 聞いてみれば分かるさ

しょぼいかどうかなんて事は とりあえずHIP HOP

耳のうち右左 アンタ方が決める事だから どうぞお好きに調理してくれ

調理法ならいくらでもあるが 俺はフロウやライム メッセージ

全てを1つにしながら お前の前に立ち尽くしながら

やりたいだけやるさ フリースタイルダンジョンでもな


◇判定は?◇

モンスター4票で勝者モンスター”DOTAMA”!!


KENさんのコメント:

「もう”DOTAMA”のサービス精神というか…

「ドタトーーク!」「一番しょぼい光だ」とか、そんなディスり方あるのかよ!

 みたいな、名前一つでえげつない事言っている。

 そういうとこで光くんのスタイルで勝つんだったら、

 お客さんを掴む何かを出していかないと。今の”DOTAMA”はそれくらい

 もの凄く強い。」


《Round2》

”DOTAMA”:

今日のチャレンジャーは 皆うだつが上がらないからマイクでカマさない

俺の技 かわせないぐらい 瞬殺戦法

無駄に無いぜ 俺の動き

キモい見た目 同類 とか言う 仲良し こよし
      (↑ココで”DOTAMA”が田中光の肩に手をかける)
でも 俺に挑むのはマジで およし


”田中光”:

およしと言ったって俺は別に同類を気取っている訳じゃないよやめてくれよ

それよりも真紅に決めながらビートとスピットする俺のライムを

テクニック重視よりもメッセージを聞いてるお客さん達にかち込むように

私達は仲間同士ではないが こういう風に闘志を向き合いながら お前の心臓を刺す

その為に ここにやってきたはず


”DOTAMA”:

いや 俺は仲良しこよしだと思ってるぜ

「メッセージ」お客さんに伝えるって言った後

お客さんに「かち込む」って言ってた 君 間違ってる

後で字幕でちゃんと研究した方がいいぜ

俺は理路整然 コイツが強い?

絶対 それは皆さんの気のせいです


”田中光”:

お前はさっきから揚げ足取りばっか マジで得意なヤツだな

俺はさっき違う事を言った だけどもメッセージとかで見ればきっと分かるはずさ

同一な事を言ってる コイツとの格の違い

それはマイクを持てば きっと分かるはずだし

価値観たちをぶつけ合いながら この場にやって来たぜ


◇判定は?◇

クリティカルヒットで、勝者モンスター”DOTAMA”!!


ERONEさんのコメント:

「”DOTAMA”の「理路整然」「気のせいです」でも決まった感じはあるんですけど

 その前の「仲良しこよし」「およし」とかも凄く綺麗に決めてる。

 ”田中光”はフロウで持っていこうとして「メッセージを聞け」みたいな内容を

 言うけど、その割にメッセージがない。

 ”DOTAMA”は内容を言ってるけど、それに対してのアンサーがなかった。」


残念ながら、”田中光”は敗退。


---------------------------------------

(般若ルーム)

般若が椅子に座ったまま、手に持った槍をなげやり的?に振っている。


山下:「せいこうさん!

    私は宇宙など語っていません」(ハハハ)

それに対してせいこうさんが

「その事については30分くらい彼と話したいと思いますね」と返事をすると

慌てて山下が

「語ってました!」と答えたwww

---------------------------------------

エンディングの般若ルームでは、

般若が怒ったように槍の持ち手部分で自分の膝を叩く。

山下:「私は今 尿漏れをしている」

---------------------------------------

今回は新企画で『DOTAMA THE ANSWER 100』という

”DOTAMA”さんへの質問コーナーがあった。

(100個の中の5コを紹介です)

Q1. 好きな食べ物は?  「チンジャオロース」

Q2. 好きなファッションは?

  「イギリス紳士的なスーツファッション。

   僕の前世はイギリス人だったんじゃないかなって、

   勝手な思い込みなんですけど。だからネクタイをしてると落ち着く。」

Q3. 好きな女性芸能人は?

  「吉瀬美智子さん。ショートカットの強そうな女性が好きです。」

Q4. 最近のマイブームは?

  「僕の周りに猫がいるんですけどもの凄い何故かいっぱいいまして

   猫の写真を撮るのにハマってますね。ライブが終わって朝方帰って来て
  
   ”疲れたなぁ”って時にその猫が非常に人懐っこいので癒されてます。」

Q5. この世で一番いらないモノは?

  「酒なんか人生にいらないと思ってますからね。よくもあんな[コンプラ]みたいな

   モノを皆キメてるなぁってマジで思う時がある。

  「飲みに行こう!飲みに行こう!うぇ~!!」とか言って

   打ってる人と変わらないですからね。」  


(”DOTAMA”さんは飲まなくても豹変するから、もっとヤバイですw)


(『ディスペクト』では、芸人から”サイコパス”と呼ばれていたらしい。。)

---------------------------------------


最近の”DOTAMA”さんの人気は凄いよね~!!


ラジオJ-WAVE『GOLD RUSH』6/3(Fri.)【MEET UP】(18:30-18:50)に

”DOTAMA”とドラムの松本誠治が登場! 

FINAL FRASH(DOTAMA / 松本誠治)として活動し、現在『YEAH』がYou tubeにて公開中!


『YEAH』 FINAL FRASH(DOTAMA / 松本誠治)





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-06-02 13:49 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.2-1 チャレンジャーは”RYOTA”と”はなび”

「2nd season Rec.2-1 始めるぞ~!」とジブさん。


2nd season Rec.2の舞台は《新木場AGEHA》♪

OPENING ACTは『フリースタイルダンジョン2016』(”掌幻”/ ”CHICO CALITO” / ”焚巻”)

シャレオツな会場で

今回からルールの説明やモンスターの紹介もおシャレになった!


そのあとモンスタールームが映し出されるが、ある異変が…

”T-PABLOW”がいない? ジブさんに尋ねられると、

「(”T-PABLOW”は)ちょっと体調が悪いらしくて今日は休みです」とサ上さん。(あら~)


Rさんは「会場も変わったんで心機一転で全員を倒そうと思います。」と意気揚々だ。


一方、般若ルームでは、般若が悪魔のコスプレをして背中を向けている。

山下:

「後ろ向きで失礼する」

「この時期になるとボスは特有の病気にかかってしまった」

「五月病だ」wwwԅ( ˘ω˘ ԅ)


---------------------------------------


さて、一人目のチャレンジャーは

「怖いもの知らずのワンダーボーイ」”RYOTA”(21)だ。

江戸川区出身(おっ、KREVAと同じ!)

音源やバトル戦績などはほぼ皆無で自らを「無名の新人」と名乗っている。

Twitterでジブさんに「FSJ出たいです!」という趣旨の事を連絡したら

関係者から返信があり、これに出られることになったというラッキーボーイだ。


ジブさんが”RYOTA”に「緊張してんな?」と尋ねると「してないです」という答え。

若手注目株と言われているらしいのだが…

そして、1st BATTLE の相手に”T-PABLOW”を指名していたが

本日欠席につき登場したのが”漢 a.k.a GAMI”

(会場が広くなったので、バトルフィールドの盛り上がり方がハンパない。)


〈Round1〉

漢さん:

ハッキリ言って 言う事はねぇ

お前の情報 何も知らねぇし見た事ねぇよ

みなぎるパワーどころか

お前みたいな アホな面を見たくはねぇ(いとうせいこうさん笑)

ここではモンスター 文句があるなら

アンダーグラウンド ちゃんと見ないと訳分からねぇぞ

これはトーナメントじゃねぇ

お前をセメントに埋めるような殺人事件のリリックだぜ


”RYOTA”:

色んな奴が言うぜ 他から上から また ほら

色んな奴に 「モンスタールーム馴れ合ってるだけじゃねぇ?」

俺はどこで無名と言われても関係ねぇ

文無しの無名 飛んでくだけ飛ぶ鳥を落とす勢いMC漢

Everything's gonna be all right?

大丈夫 売れない友達が信じる

俺も違うか 紅の豚 飛び続ける感覚

乱雑に叩き出す 万札で得る 大金を


漢さん:

おい ちゃんと一服 キメてこいよ

飛べねぇ豚はただの豚 紅の豚  
           (↓ Rさんの嬉しそうな顔が映る)
ばっくれんじゃねぇよ テメェみたいな年下のガキンチョが

鍵っこだった俺は あのガキの頃

だけど お前とは違うよ学校も 格好も

だけど お前は俺の恰好の的になってるだけなんだ(会場に拍手が起こる)

一発で速攻でK.O  これがマイク持った帝王


”RYOTA”:

格好もいっちょまえになるには 少し時間がかかるしな

マリファナを吸ったところで

俺は別にラップが上手くなるとは思わねぇんだ

タバコも酒もやらねぇ シラフでどこまでいけるか

シラフで見てる目ん玉 その先にリアルが待ってるからなぁ

音楽っていうのは そういうもの

HIP HOP以上 音楽未満になっちまうかもしれねぇ

だけど 俺はそれを信じ続けるぜ

だから無名と言われ続けても

スタジオにこもって 今日も歌を書いてる

それなりのリリック 今日はそれを吐き出す日だ 調子はいいか?


(”RYOTA”なかなか頑張ってる!熱い!漢さんも!)



Round1の判定はモンスター4票で勝者”漢 a.k.a GAMI”!!


いとうせいこうさんのコメント:

「ものすごくよく話を聞いてますよね、二人。

 だから、Disってるんだけどお互い自分の魂を相手に伝え合ってやってるから

 感動しました。漢がとにかくキレキレでパンチラインかましてくるから

 あれ、中々かわすの難しいでしょうね。」

ジブさんが「今日ノッてますね、漢。」と声をかけると

漢さんは「用心深く行かないといけない感じで

ちょっと精進しながらマイク握ります。」と答える。



〈Round2〉

「How we Rock feat.tarantula / Yakkie」 ビートがカッコいい♪


漢さん:

清々しいな お前とやってると

だけど酸っぱい甘い そんな思い出とはちょっと違う

俺はカタログで見ているような

お前みたいなプラモデルみたいに簡単に壊れるようなMCじゃねぇ

ちゃんとスパスパしとけよ 一服キメて

スパイみてぇに潜り込むだけじゃねぇ

モグラのように穴を掘る アンダーグラウンドだぜ


”RYOTA”:

吸い過ぎてラップが上手くなれるなら 俺だって吸うわ

そうじゃないからアンタだって未だにそこら辺なんだろ?

まぁぶっちゃけ 昔よりアンタの方が 今の方がかっけぇよ

だからこそ吸わねぇ 俺はあえてシラフでいく

誰か憧れの真似して

それで憧れになれるんだったら端からそうしてるわ

そうじゃねぇから 今ココにいるんだ

あくまでチャレンジャー 

俺は”R-指定”に勝てねぇのにラップやってるアイツらとは違ぇ


漢さん:

テレビで何の話してるんですか?

いったい俺の事 勘違いして (ERONEさん笑)

マリファナとか 大麻とか

やめてくんないかな?そういうハッタリみたいな言い訳 

やめてくれよ 大人相手に子どもを真面目にぶってるようだが

俺はBUDDHAやSHAKKAみたいな時代から見てんだ

あそこにもスターがいるが(ジブさん?を指さす)

お前は酸っぱい思い出作って帰るだけだ


”RYOTA”:

大丈夫 アンタだって俺にとってはスーパースターさ

そのなんかBUDDHAやSHAKKA その話はやめよう

俺にとって MC漢さ

だからまたほら リスクを背負ってでもバトルに出てる

刺青隠してバトル出てる アンタと同じだよ

本気でやってる それに関しては誰もが一緒

一生これに賭けてく 一人きり

で 今日もステージ立ってるぞ 一度きり

だから俺もMicrophone握る それが俺の一握りのパワー


〈Round2の判定は?〉

チャレンジャー2票、モンスター3票で勝者”漢 a.k.a GAMI”!


ジブさんが「もういきなり第1戦目から素晴らしいアツイ戦い」と言った後で、

LiLyさんのコメント:


「”T-PABLOW”を指名したのに漢さんを出してくる番組のえげつなさ、

 せっかく同世代で戦いたい少年に対して一番怖い人を当ててくる。

 後攻をとった最後の一言「一握りのパワー」、結構ギリギリだけど

 これを噛み締めたってのが一握りのパワーを出した2戦だと思ったので

 もう1戦見たかったので”RYOTA”さんに上げました。」

(なんとなくお母さん目線の温かさ感じさせるコメントだ)


モンスタールームの”DOTAMA”は

「ご自身でスパスパ吸うっていう話したのに

 テレビで何の話してるんだって、自分で餌撒いといて否定するっていう

 その漢さんのしたたかさとスキルがハンパないと思った。」


DJ KAORI(VIPルームゲスト):

「GAMIくんが落ち着いてるんで説得力があったのかなっていう…

 チャレンジャーはずっとMaxで、気持ちが先走ったって感じですよね。」


”RYOTA”は「もっとスキル磨いてお家で頑張ってきます」と退場していった。

(今後、Twitterで出場するバターン増えるかも?)

---------------------------------------

(般若ルーム)

今度は槍を持って前を向いている般若。もちろん悪魔の扮装で。

山下:

「やい!KEN THE 390!

 さっきお前の名前を使ってナンパしといたぞ

 しかも 一人や2人じゃない

 この会場で10人以上にな

 これで俺も DREAM BOY の一員だ

 喜べ! ハハハハハハハ!」  (KENさんそれを聞いて爽やかに笑う)


(KENさんにはナンパされたいです♡)

---------------------------------------

2人目のチャレンジャーは「下町のハードライムパンチャー」こと”はなび”(34)

元プロボクサーで、鳴かず飛ばずでずっとやっていたのだか

今がラッパー人生の山場だという。

ボクシング仕込みのバトルスタイルは『基本インファイトで近づく』こと。

連打連打で打ちまくりたい”はなび”は

導火線に火をつけてモンスターを打ち上げることが出来るのか?


1st BATTLE で”はなび”を迎え撃つモンスターは”サイプレス上野”だ。

今までのダンジョン史上、一番極悪な一番攻撃的なTシャツを着ている。

(黒字のTシャツに白で○で囲んだ”殺”の漢字、そのまわりに《殺害塩化ビニール》と書かれている。)

「コンプラかかるかなと期待している」とサ上さん。

「是非モザイクかけて欲しい」とも。。


< Round1> ビートは『MY MUZIK / RODEO』

判定は?

モンスター3票でサ上さんの勝利!(久々です!)


ERONEさんのコメント:

「”はなび”もすげぇライムもサンドバック ちゃんとラップして

 なんか落としどころバシバシと凄くいい試合だった。

 最後の「そこをどけよ」「速攻K.O」とかも良かったんすけど

 ちょっと今じゃないかなみたいな… 上野が若干上回りましたね。」


SIMON JAP:

「”はなび”はバンバン向き合うスタイルで格好良いなぁと思った。」

サ上さんは「久々に勝てたんで嬉しいっすね」と喜びを隠しきれない様子。

”はなび”は「ちょっと落ち着きます」と次に挑む。


< Round2>

ビートは『Child's Play / Elle Teresa』(←そんなに”容易く”なくノリ難そう…)



サ上さん:

いい年こいて金髪 問われる”はなび”の品格

あ 俺 真っ赤~ 俺バカだった~ (サ上さんは赤髪なのでみんな爆笑)

俺 mother×××× コンプラかかった~

こんな感じ楽しむ お前の真っすぐな目は好きだぜ


”はなび”:

いい年こいて 金髪

でも未だにビートに乗って進化中

まだまだ mother××××? ふざけんな

ゆっくり飲んでけ モンスタールームで綾鷹

思い出話は 笑笑 飲み屋で

今は思いっきりぶつかり合う時だぜ

歓声が俺の追い風

いつも罵声歓声 大歓迎だからもっとくれ


サ上さん:

綾鷹?なんて楽屋にはないから

”はなび”言ってる事全て それ全部バラバラ

バラバラ死体にしちゃおうかな

今日は殺しにきた 殺害塩化ビニール

そして何 お前さっき話バチバチ アチアチ?

真っ直ぐな目で言ってるかもしれないけど

残念ながらこの勝負 上野さんのマジ勝ちだし

そういう感じ お前の歓声 全然上がってないぜ

何が追い風になってんの

もう1回ピューっと吹いてやるからね


”はなび”:

ぜってぇ逃がさねぇ そうやってギャグラッパーは沢山だ

バチバチの試合を待ってんだ お客さんは

あーだこーだうるせぇなぁ そうやってかわし かわして

もっと真っ向勝負でやろうぜ

ここは現場 これは喧嘩 KEN THEみたく真っ向勝負

あの頃との違い 俺も見せる この気合の入ったフリースタイル

もっともっと来てくれよ ぶつかり合いたい

戦いたいんだよ もっと熱い試合がしたいんだよ


< Round2>の判定結果は、なんとクリティカルヒットでサ上さんの勝利!!

(結果を聞き、飛び上がって大はしゃぎするサ上さん)

 
KENさんのコメント:

「先攻を上野に渡した事で、上野空気で面白い事を言うとか

 エンターテイメント的なものを皆が期待しちゃってるから

 (”はなび”が)固く固く踏んでも沸かない空気にされた。

 先攻って普通不利なのに、自分が面白いラップとか、

 自分の空気を先に凄く出すことで、場の空気を支配するっていう

 先攻の凄い勝ち方をやってて(上野の方が)2枚ぐらい上手だった。」


カメラをモンスタールームに繋ぐと

4人のモンスター達が全員で”サ上ポーズ”を決める。

「嬉しいぜ みんな!!」とサ上さん。


負けたものの”はなび”は「これからもやっていきたいと思いました。」

「本当にありがとうございました。」と会場を去って行った。

(”はなび”さんはバトルに対して熱いけど、ビートにノリ切れなかった感じでしたね)

---------------------------------------

(般若ルーム)

山下:

「サイプレス上野さん

 女を泣かせる?

 何を言ってるんですか?

 私は女性に泣かされたい派だ

 avex trax


---------------------------------------


『Real Sound』(リアルサウンド)の【Creepy Nuts】と【リリスク】特別対談!

「アイドルラップで出来ることは全部やってみたい」】



ラッパーとアイドルは凄く近いモノを持っているんだって^^

CD買うとサイン会とかもあったりして♪

身近に感じるテレビに出てるひと!

(でも、最近の【Creepy Nuts】人気で、Rさんが遠い人になっちゃった気がして寂しい。。)



---------------------------------------

あっ、忘れてた~~~!


KAIRI&CHICO CARLITO / Blaze





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-26 14:00 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-5 崇勲×般若とまさかの宣戦布告の相手は?

「皆さん用意はいいですか~?」といつものようにジブさんの声。


史上二人目のファイナリスト”崇勲”を迎え撃つモンスターは

もちろん「俺がNo.1」のラスボス”般若”だ。

喰うか喰われるか?の極限バトルがついに開幕。

FINAL BATTLEのRound1の前に

まさかの番狂わせ”崇勲”との戦いを振り返ってみる。


”CHICO CARLITO”: 「強かったっすね」

”R-指定”:    「会場の空気も早い段階からガッツリ味方にどんどんつけていって…」

”T-PABLOW”:   「言う事が見当たらない。雲のような掴みきれない存在」

”DOTAMA”:    「言われた事を面白く返すタイプ」


しかし、「ネオ(^v^)ギャル夫」ラスボス”般若”の実力は未知数!

×”焚巻”戦のときのノッてる”焚巻”も凄かったが

般若はそれを上回っていた。

UMB2008以来7年ぶりのバトルから半年ぶり2度目のファイナリストとの戦いとなる。


漢さんが”般若”について語る。

「アイツは自分でチ×カスって言ってる事とか、HIP HOP的な感じで自分を表現するけど

 ムカつくぐらい完璧主義者に近い。

 俺はアイツが失敗したところは、ムカつくけど見た事がない。

 無いでしょうね、”般若”の負けることは。」


『さぁ、”崇勲”よ! 掴め HIP HOP DREAM!』


ジブさんが、「どうですか?般若さん。相手 ”崇勲”」と尋ねると

般若は「うん。」とだけ答える。


「どうですか?”崇勲”。相手 ”般若”」とジブさんが言うと

”崇勲”も”般若”と同じように「うん。」と答えるのだが、会場が笑いに包まれる。

(この感じが”崇勲”の魅力だよね^^)


《Round1で使用されるビートは「OWL NITE / DJ KENSAW」》

(”ビート”っていうのね。間違えてた…^^;)


”般若”:

嫌いじゃないよ”崇勲” 初めましてだけど

楽しい時間ってのは終わるんだ この数分

そうだな いい感じのスープだけど お前は俺の相手で充分

いや それ以下 どうした?mother××××

いい人ぶっても お前は腹黒 持ってけ100万

盛り上がれ お客さん 俺は常にお前の味方 逆だ



”崇勲”:

俺は腹黒じゃねぇ しっかりと内面全て晒してるぜ

”崇勲” 充分 残念 ”般若” その足元をすくう

これが俺 分かる?目を見ればいいバトルが出来るか?

ならやらねぇよ 手には乗らねぇ 

俺は俺のスタイル貫くだけ



”般若”:

オイオイオイオイオイオイ

中身があるMC 話 だけども毛虫 俺は裸足

中身どっちがあるか 刺身 醤油

お前 十分 ”崇勲”よく聞きな

ヒロシとかタカシとか両親の名前すらも覚えてねぇような奴に

ガタガタ言わせる筋合いはねぇんだよ

俺は親父がいねぇから 俺が親父になって

このHIP HOPシーン 全てを残すっていうMC



”崇勲”:

だから俺はバース小節 無駄にしたって ヒロシ タカシをしっかり言い直した

それが俺のしっかりとした俺の… (途中で言葉が途切れる)

緊張しちまうよ だけど仕方ねぇな

”般若”さん目の前 俺は聴いてた「根こそぎ」

心あるぜ ここに (ここで、いとうせいこうさんが指さしながら頷く。)

しっかりと俺が誇り持って戦ってくぜ

絶対に勝つ それだけが俺のバース



(「終了~!」の声と共に”崇勲”は顔に手を当てる。)


---------------------------------------

判定の前に【新木場ageHa】で行われたライブの映像に切り替わる。

ダンジョンライブは”サイプレス上野”と”DJロベルト吉野”の

『PRINCE OF YOKOHAMA 2016』

---------------------------------------

そうして、ファイナルバトルの判定は?

「クリティカルで勝者モンスター”般若”!!!」

その瞬間、ERONEさんが頭を抱えているところが映し出される。

静かなモンスタールームでは、漢さんの拍手だけが鳴り響く。


ERONEさんのコメント:

「”崇勲”が強い理由がわかった。

 ”崇勲”に対して見た目や顔がオモロイどーたらこーたらっていうディスは

 的外れなんですよね。ラップも出来るし、顔がどうこう言うのは

 そもそもフリースタイルバトルに関係ない。

 それを返すからずっと”崇勲”は勝ってたんですけど

 ”般若”の気合にやっぱちょっと飲まれたのかな?

 詰まったところを無視しちゃった。

 そこをもっと面白くしてたら”崇勲”に上げてたかなと思うんですけど。

 そこだけですね。

 無かったら分かんなかったっていうぐらいいい試合でした。」


KENさんのコメント:

「僕が見て思ったのはやっぱり前半に関して

 ”般若”さんが「こっち見ろ!こっち見ろ!」って言って

 そこに対して”崇勲”は何言われても動じないしマイスタイルで行く。

 ”般若”さんは真正面から行く。

 その時、自分たちのスタイルを貫いてたけど後半になった時に

 ”般若”さんの圧が強いから

 ”崇勲”が段々自分を保つというよりは”般若”さんに向かって行って

 「声を荒げない」って言ってたけどしっかり荒げて

 バイブスで向かって行ったところが”般若”さんの土俵になった。

 だから内容は互角だったけど”貫いてる度”でいくと

 ”般若”さんの方がマイスタイルをずっとやってたなと思った。」


ジブさんの感想:

「”般若”が自分の方向に引き込む感じのロートーンでグイッと行ったのは

 完全に今まで誰も”崇勲”にやらなかった。

 俺はそこが強かったのかなって気がした。」


(VIPルームゲスト) DJ WATARAIさんのコメント:

「本当にマイペースの”崇勲”がどんどん”般若”に引き込まれていく。

 そういうやり合いが現場の素晴らしいところで楽しかったです。」


(VIPルームゲスト) 木村ミノルさんのコメント:

「どんなパンチも当たらないチャレンジャーを真っ向から倒しに行って

 ノックアウトしたチャンピオンには本当痺れました。最高です!」


(ライブゲスト) HIYADAMさんのコメント:

「You tubeやテレビでは結構番組を観ていたんですけど

 やっぱり生で観ると違いますね。

 ここにいて今日観れた人も、マジでスゲー運が良いと思います。」

(ホント!羨ましいよ~~!)



(負けちゃったけど、崇勲さんの『逃走中』はサイコーだからココに入れとくね♪)


崇勲 / 「逃走中」





---------------------------------------


2nd Season Rec.1は全バトル終了したが

この直後、とんでもない事態が起こる!!!


ジブさんが「”般若”、いかがでしょうか?」とふると

般若が話し始める。

「うーーーーん、久々に喋らせて下さい。いや初めて喋らせて下さい。

 カメラどこですか?」


(えええええ~~!何が起こるんだろ?そわそわ。。)


「この先、僕が出るか出ないかわかんないですけど

 一言しか言えません。」 

(ここで目をキラキラさせたいとうせいこうさんの顔がアップ)


「おい!KREVA!テメェ ブルってんじゃねぇぞ この野郎!

 俺と勝負しろ!!」(会場にどよめきと歓声が上がる。)

「お前もうこれで逃げられねぇぞ。

 10年前みたいにオメェ俺からバックレらんねぇぞ。

 俺と直で勝負してやる!ここに来い!!」


審査員の方々も驚きながらも喜びが隠しきれない様子。(実現したら凄いもんね!)

もちろん会場も大いに盛り上がる。

そんなドリームマッチが現実となるのか?


「じゃあ、ちょっと合コンあるんで。」と

もう一度”崇勲”と握手を交わしてから退場する”般若”に大きな拍手!

まさかの宣戦布告はKREVAに届くのだろうか!?


---------------------------------------

すごい事になっちゃいましたね~♪

KREVAも好きだから、フリースタイルダンジョンに出てくれたら嬉しいけど。


---------------------------------------

今回は【Creepy Nuts】の『BOMBER-E LIVE』の動画☆彡

【悩む相談室】で相談者と一緒に悩んでる?二人とは思えないwww


【Creepy Nuts】『合法的トビ方ノススメ』BOMBER-E LIVE


「DJ松永さん激ヤバ!超絶テクで気持ち良過ぎ~~♪」






【Creepy Nuts】『たりないふたり』BOMBER-E LIVE





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-18 16:48 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-4 ディスを吸い取るブラックホール”崇勲”

「2nd Season Rec.1-4 ぶちかませ~~~!」とZeebra


今回は2人目のモンスターがついに出現する。

前回現れたスゴ腕チャレンジャー「仁王立ちの内弁慶」”崇勲”


昨年、1stアルバム「春日部鮫」をリリースした”崇勲”だが

現役最強の実力を発揮し、新たな伝説を打ち立てることが出来るのか?


2ndバトルは、NEW MONSTER召喚! そして衝撃の

Rec.4でチャレンジャーとして登場したレペゼン栃木の”DOTAMA”(30)の登場だ!

謙虚な姿勢と裏腹にコンプラ連発でディスりまくる二面性を持っている”DOTAMA”。


”DOTAMA”は「(モンスターになって)光栄な反面プレッシャーもあるんで

 期待に応えられるかっていうのもあるし。

 ただ、一番面白いバトルをするっていうことだけです。」とコメント。


ゼブさんが「凄い対決になっちゃいそうな感じでハンパじゃないんですけど。」

と言うと、”崇勲”がおでこを手でたたく。

ジブさん:「下馬評では意外と”DOTAMA”はチャレンジャー気質なので

モンスター側になるとちょっと弱いんじゃないかという声も実は聴いてます。」


”DOTAMA”:「ちょっと覆せるように頑張ります。」

ジブさん:「”崇勲”いかがでしょう?」

”崇勲”:「やりたくなかったですね、出来れば。」

(モンスタールームでは”R-指定が笑ってる。余裕?)


【Round1】

”DOTAMA”:

モンスター側からこんにちは

思い知らせてやるぜ この日にな

分かってるぜ マイク持つ この意味は

春日部に帰りな トンチキが

こんな凶悪犯みたいな面してるけど 心は優しいんです

俺の方がアサシンみたいな殺傷能力持ってるMC

コイツをぶっ殺す



”崇勲”:

そのアサシンは錆びてる

分かりきってるぜ 残念だDOTAMA

凶悪犯みたいな顔だけど 30年これで生きてきたんだよ

タカシにヒロシ感謝してるし 俺は誇り持ってる男 (ホントにタカシって言ってるよ)

こんな子に育ててくれて本当にありがてぇ



”DOTAMA”:

タカシにヒロシ?誰だよ知らねぇ(ここでKENさん大笑い)

お前自分の見た目 ディスられても気にしないとか言っておきながら

超気にしてんじゃねぇの?

顔 30年 確かに俺もこの見た目だけど

やっぱりやりたいようにはめるから ゆっくりじゃなくて早口もやれるぜ

ラビリンス抜けて見せつけてやるぜ ダンジョンの最深部



”崇勲”:

その最深部俺も向かって行く1分1秒 もっと早く早く

この顔ディスられたって気にしちゃいねぇよ 残念

タカシにヒロシ タカシじゃねぇや

タカコにヒロシ 俺の両親 バカにはさせねぇ

(ここで”DOTAMA”や会場の全員が大爆笑)

これが俺の空気の作り方 お分かりかな?


さて、Round1の判定は?(ジャッジの前なのに審査員がみんな笑顔!)


チャレンジャー3票で”崇勲”の勝利!!



KENさんのコメント:

「”DOTAMA”くんも相変わらず口が悪くて、すげぇ強い攻撃してるんですけど

顔ディスられて全然相手が知らない両親の名前を出してアンサーしてくるみたいな

”崇勲”にしか出せない他の人は言わないであろう

バトルの中で言ってくる言葉を凄い持ってて、ドンドン強くなる感じがする。

皆がそのニオイを段々好きになってくるみたいな空気を感じてます。」


【Round1】

”DOTAMA”:

後攻後攻 ビビりだろ

そんなんで立ってる 自意識過剰

スキルのなさを気にしたらどう?

ぶっ殺しちまう 胴輪切りに Hey

チンジャオロース 俺の方がDope 勝負逃げてる

春日部のHope? いやいや埼玉ならモンスターのCHICOちゃんじゃないの



”崇勲”:

後攻取ったら悪いのかな?勝ちに行く事は悪いのかな?

これが俺の勝利法だから 先攻後攻でどうこう言わせねぇ

モンスターだろ モンスターさんなんだろ

だったら 先攻 気にすんじゃねぇよ

器の小っちぇ モンスターだわ

消えていく泡



”DOTAMA”:

消えていく泡

でも蒸発してもすぐ雨になって元に戻るから全然関係ねぇ

俺は有機物無機物 全部合成された超合金 ミュータントMC

9sari で優勝したけどたいしてCD売れてねぇから

必死になって こっちに出てきたの?

そこんとこはっきり性根言ったらどう?

でも先攻後攻関係なく 俺は勝ちたいの



”崇勲”:

売上知らねぇくせに あーだこーだうるせぇ奴だな本当にさ

お前が蒸発しちまう 俺の熱気ですぐいなくなっちまうから

残念だったな ミュータントMC くだらねぇ

俺ならきちんと 人間人間レペゼンしてるぜ

くだらねぇ話はいらねぇ やめとけボケ


(”DOTAMA”のたたみ掛けるような攻撃をやんわりとかわしていく”崇勲”だ!)


さて、Let's judge!

Round2の判定結果もチャレンジャー3票、モンスター2票で”DOTAMA”の勝利!

(判定結果が出た時の両者の表情が面白い!)


ERONEさんのコメント:

「2ラウンド目、俺は”DOTAMA”に上げましたね。

”ビビりだろう””自意識過剰”(とか)”DOTAMA”はライムも細かくて格好良いし

 (でも)崇勲の返しも秀逸でしたね。

 説得力と言うんですかね。(崇勲のアンサーに)納得してしまうのかな。」


ジブさん:「”DOTAMA”も調子良かったんだけどね。」

”DOTAMA”:「そういうのを名バウトって言うんじゃないですか?」



--------------------------------------

(般若ルーム)  でも、般若は不在。

山下:「やぁ! Zだ EEだ BRAさん

    ボスは今授乳中だ!」


--------------------------------------

3rd BATTLE は、なんと一人目のNEW MONSTERだった”CHICO CARLITO”

CHICOちゃんの登場に、”崇勲”が思わず左耳を掻く。

(仲良しの二人。どっちもやり難いだろうなぁ)


CHICO:「負けられないっすね。

    別にどっちもチャンピオンとかそういうの抜きで

    負けたくないっすね。」


それでは、”CHICO CARLITO”戦のRound1です!


”CHICO CARLITO”:

先攻 CHICO on The Set 崇勲しーじゃーこの瞬間は最高

俺ら唯一無二 お互いの場所 春日部 沖縄 繋がった点と線

もう言う事ないけど何て 言わせる気 さらさらないから

あっ 髪の毛 サラサラじゃないっすね

そんな坊主頭にマイク1本で打ち込むぜ 爆弾



”崇勲”:

言う事なかったから 髪の毛サラサラ 残念だな お前のディス的外れ

ズレちまってる 残念

これ坊主だけどコンディショナーしっかりやってますから (ここでサ上さんが笑う)

甘い甘いCHICOちゃん 若い若いそんなんじゃ俺には勝てない

この壁 デカいぜ 残念だ

モンスター Newモンスター 2人とも撃破 撃破



”CHICO CARLITO”:

それ秘密の話だけど シャンプーとコンディショナー間違えただけだから

買ってきた時 俺知ってるアンタの表と裏 でも表裏なし

Newモンスター撃破させないぜ 24/7

夢にも出るこの瞬間はHIP HOPしかねぇ

日本人のHIP HOP Soundだよ ya know?



”崇勲”:

日本人のHIP HOP Sound しっかりと響かせに来た24/7

不甲斐ないデブが Hell or Heaven

どっちに行ける 行けるのもちろん優勝じゃねぇ

般若さんまで届かす この手伸ばすぜ このバースで

まるでBirthday 新たなチャンピオン

俺が勝ちで決まりみたいだわ



(ことさら凄い事を言ってるわけじゃないけど、”崇勲”の人柄がめっちゃ出てる(^^♪)


判定の結果は?

クリティカルヒットで勝者チャレンジャー”崇勲”!!


LiLyさんのコメント:

「”崇勲”さん、今までのチャレンジャーと全然違くって

 ”CHICO CARLITO”の「髪の毛サラサラ」はディスっていうより

 ボケだったと思うんですよ。

 でも「それ的外れだよ。俺コンディショナーしてるからサラサラだよ」

 って逆からいく。そして最後の「俺が勝ちで決まりみたいだわ」っていう

 そのちょっとおネェ用語みたいな意外なところを出してくる、

 そこでやられました!」


(”崇勲”の掴みどころのない感じもイイよね♪

 ホント、今までと違うスタイルのチャレンジャー!!)


モンスタールームの”DOTAMA”:

「さっき自分も負けて後から悔しさの来てる中。CHICOちゃん ドンマイ」


”CHICO CARLITO”も「ディスれないっすね…」

(CHICOちゃんは崇勲さんにめっちゃお世話になってるからね、しょーがない!)


---------------------------------------

そうして、4TH BATTLE はいよいよ”R-指定”の出番となりました!

UMB3連覇の”R-指定”、王者の貫禄を見せつけられるか?

ここで、ジブさんが思わず

「ひどいよね、フリースタイルダンジョンって。ごめんね、崇勲、本当に。」

と声をかける。

(みんなが”崇勲”さんの魅力に完全に気づいてしまったようです(^^♪)

”崇勲”も「あ、、、ぜんぜん。お気遣いなく」と謙虚だwww



では、×”R-指定” 運命のRound1の始まり!


”R-指定”:

その頭でコンディショナーつけてる

まるでスッピンのマツコ・デラックスみてぇだな××くせぇ××くせぇ

全然ヤバくねぇ プロップスも賞金も俺が頂くぜ

こんなビートに乗りこなせないのが お前の悪いところだと思うぜ

面白ギャグなら ギャグラップ

ギャグラップサークルならばここで××××You



”崇勲”:

乗ってもないのに乗りこなせないとか 勝手な偏見やめてもらえる

マツコ・デラックス マジで俺リスペクトしてるから

(会場も盛り上がる)

お前より面白い言葉吐いてる こちら

どっちがUMBの真のチャンピオン 俺に決まりだろう 笑



”R-指定”:

そんな話はここでしてない

ここフリースタイルダンジョン それお分かり?

お前 マツコ リスペクト ただの××××

お前こそ消える ただの泡

シャバくせぇな やってらんねぇ お前の話など聞く気はない

面白い事は言えてない

面白いのはその見た目 顔だけだぜ



”崇勲”:

何回言わせる?見た目言われたって俺は両親に感謝してるぜ

(会場大盛り上がり)

Dearママ 俺が泡になる訳ないから

これが埼玉 春日部のやり方 分かるかな

R-指定 残念だな ここで終わり お前が泡


---------------------------------------

そして判定の結果は?

なんと”R-指定”を相手にクリティカルヒットでチャレンジャー”崇勲”の勝利!!


”R-指定”の感想は「”DOTAMA”さんみたいに削られてる感覚がないのに

 かっさらっていく感じがスゲェやりにくい。」


”崇勲”「いやぁ、ちょっと緊張しましたね、さすがに。」


いとうせいこうさんのコメント

「ディスのブラックホールっていうの?受けても受けても吸い取っちゃう

 超ウレタン素材的なものなんですよね。別のやり方でディスを発明しない限り

 ”崇勲”には勝てないんじゃないかっていう感じが…

 これはちょっと人類の発明じゃないですかね。


---------------------------------------

(モンスタールーム)

漢さん:

「ちょっとまじめな事を言わしてもらうと

 ”崇勲”の魅力に皆が気づいてしまったのが怖いのと

 あともう一つは、僕らなんかからしたら失礼だけど

「見た目」もしくは 「ラップが下手」この二点に絞られてしまうけど

 そこをことごとく揚げ足取って正論でまとめ込まれたら

(勝つのは)難しい。

 なんで THE 般若!! 出番なんじゃん!   と

---------------------------------------

次週は FINAL STAGE ! 勝てば100万円ゲット!

迎え撃つモンスターは、もちろんラスボス”般若”だ!!

一瞬も見逃せない極限バトルが、今幕を開ける!!

---------------------------------------

(般若ルーム) 今度はちゃんと般若さんもいる。


山下:「私は今 6人の女をストーカーしている」 (敬礼)


(えっ?もしや私、ストーカーされてます? なんつってw)

---------------------------------------


今回のおススメ動画は、”崇勲”さんの「いい味」が出ている

”TKda黒ぶち / 『Hope』”のMVです(^^♪




これを観て、崇勲いい人だーーー!と思ったw 

「崇勲ワロタ いいリリックなのに入ってこない」というYou Tubeの書き込み通りwww

 
-----------------------------------


RHYMESTERのライブ『人間交差点』の前日5/14(土)

TBSラジオの「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」に

Creepy Nutsが出演!!

スタジオライブやるそうですよ♪♪♪


-----------------------------------


CHICOちゃんのTwitterで、沖縄でもフリースタイルダンジョンが観られたらいいな

みたいな事が書いてあったけど

地方では今後、You tubeで観られないのはキツイよね。残念です。



-----------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-12 12:40 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-3 NEWモンスターはCHICO CARLITO!#31

ジブさんの「用意はい~か?」でスタートしたRec.1-3


”USU”の2nd BATTLEで対戦するNEW MONSTERが一体誰なのか?と前回、話題になってたよね。


(Twitterなどでネタバレしていたようだけど)NEW MONSTERは

「島人MC」こと”CHICO CARLITO”でしたー!!

(テレビでのシルエットも”CHICO CARLITO”っぽかったしねw)


UMB2015に初出場で優勝を飾り、チャレンジャーからモンスターへと華麗なる転身!


「チャレンジャーで出る時とモンスターで出る時の緊張感は別。

 ダサいバトルは出来ない。」と話す”CHICO CARLITO”に対して

「UMBチャンピオンですから胸借りるつもりでやります。」と”USU”さん。


Round1が始まる。(使用されてるトラックは《LIFE / GOMESS》です)


そして、結果はモンスター4票で”CHICO CARLITO”の勝利!


LiLyさん:

「本当に良いバトルですごいカッコよかったんですけど

まずCHICOさんの先攻で「俺がチャレンジャーからのモンスター 俺が出世頭」

(で、)後攻を選んだ”USU”さんが「スナイパー」を拾って「スナイパー暗いな」って

言ったんですよね。その「暗いな」を拾って「俺は暗くない どう考えても根明だ」

ってところが、CHICOさんのフロウも格好良いけど”R-指定”さん並みに

頭の回転が異次元でした。」


Round1で勝利を逃してしまった”USU”

「男前キャラを演じてます」という”USU”が

Round2で男前なところを見せてくれるのか?


(トラックは《口から出まかせ / RHYMESTER feat.KING GIDDRA&SOUL SCREAM》から)


”CHICO CARLITO”がすべてのスキルを使って”USU”を

バンバン攻撃してくる。


果たして判定の結果は?

…またもやモンスター4票で勝者は”CHICO CARLITO”となった!!


いとうせいこう:

「”CHICO CARLITO”は乗らせちゃったらもうヤバイっていう感じの中で

 よく心が折れなかったな。

 俺、年とってるって素晴らしい事だと思うから、

 ”USU”の不屈の精神に入れました。」(いとうせいこうさんが”USU”に1票)


”USU”さん、「最後詰まっちゃいました」と残念そう。


---------------------------------------

(般若ルーム) 

般若が(モンスターが勝ったものの)笛を弱々しくヒュル~~~~~と吹く。

笛の吹き方もいろんなパターンがあるらしいw


山下:

「ここで一つ明確にしなければいけない事実がある。

 この数ヶ月間 皆は私の事を暇だと思ってるかもしれないが

 はっきり言おう     ちょ~暇だ 」 (敬礼)



(スタッフの皆さん、このお二人にもっと仕事をさせて下さい!バトルが見たいよー!)

---------------------------------------

次の挑戦者は「浜のラッパー」こと”句潤”(31)だ。

”句潤”のバトルへのこだわりは”フロウ”だという。

音のビションににフロウをどう具現化できるを考え、

芯としては”誰々っぽい”と言われたくない『俺は俺のスタイル』でいくタイプ。


モンスターの中では漢さんはレジェンドなんで一番戦いたくないと言っていたが

なんとその漢さんが1st BATTLE の対戦相手となってしまった。


そんな漢さん、ジブさんにコンディションの事を訊かれると

「デションはやっぱ”チリ”ですね。」という返事。

(コンディションはバッチリって事らしいw)


漢さん:

 クールだったら俺の方が涼し気にラップやってるだけ

 今言葉を噛んだのは(ここで飴を口から床に捨てる)あめ玉を舐めてたせい

 (会場も審査員もビックリ!!)

 俺はオメーを甘く見てんだぜ マジでくそダセェ

 舐めてんじゃねぇよ あーだこーだうるせぇ

 (ワイプに映るRさんや般若さんも大笑い)

 能書きはいらねぇ 合鍵もやらねぇ




(さすが漢さん、いろいろ仕込んでたんですねーwww)

さて、ジャッジの結果は?


クリティカルヒットでモンスター”漢 a.k.a. GAMI”の勝利!!


漢さん「上野でも上下でも上横でも上斜めでも行こうと思ってます。

    上斜めから眺めてやろうって。」そんな意気込みだったらしい。


ERONEさんのコメント:

「俺、未確認なんですけど噛んだ時にあめ玉を舐めてだんですか?」

(漢さんが床に落ちたあめ玉を拾い上げて見せる)

「甘く見てる」とか掛かってたし、”句潤”も安定してたけど緊張感があったかな。

 尋常じゃないくらいの。」


”句潤”「(力が)出なかったっすね。楽しかったっす。」という言葉を残して去った。


---------------------------------------

(般若ルーム) 般若が笛でヒュ~~ピッ!

山下:

「やあ イルスキルさん 私が世界一の男だ

 暇ついでに一つネタバレをしてやろう

 NEW MONSTERのひとりは”CHICO CARLITO”

 そしてもう一人はLiLyさんアンタだ!

(LiLyさんは恥ずかしそうにいやいやと顔を手で隠す)

 私は知っているぞ!

 アンタはモンスターだ!

 アンタはモンスターだ!!    (敬礼) (LiLyさんは困惑)


(唯一の女子なので、LiLyさんイジられっぱなしだwww)


---------------------------------------

そして、この後の挑戦者が「仁王立ちの内弁慶」こと”崇勲”(33)

2015年 KING OF KINGS で優勝。

強さの秘密とは?


「人に何を言われてもあまり気にしないし

 ”何言ってんだろ?コイツ”と思いながらやっている」と”崇勲”


ディスが効かないらしいのだが、意外な一面も…

”崇勲”:「基本的に声を荒げないし優しい。”かわいい”と言われます。」

とホッペに手をあててかわいいポーズをとってみせるw

(しかし、そのあと恥ずかし気に左耳を掻く)


「モンスターの誰とも戦いたくないが

 当たったらしょうがないけど恥かいてもらう!」という”崇勲”だが、

 果たして結果は残せるのか?


(『おもしろき こともなき世を おもしろく』と”崇勲”のTシャツに書いてあるよ♪)


そして対戦相手は”T-PABLOW”だ。


するとジブさんが「俺の角度から見ると”T-PABLOW”のマネージャーと同じような感じ。」

(ウンウン、確かに”T-PABLOW”のマネージャー”APO”の後ろ姿がクリソツだ!)


Round1が始まる。

”崇勲”:

 二日酔いとか自分の責任 棚に上げて何言っちゃってんのコイツ

 くだらねぇ 飲まなきゃいいだけの話 お分かり?

 
(↑このくだり効いてましたねー!フツーのことだけにw)


そして結果はクリティカルヒットで勝者”崇勲”!!


FORKさんのコメント:

「最初かみあわないのかなとも思ったんですけど

 ”T-PABLOW”が悪かったとかではなくて

 何か掴みきれない部分が”崇勲”にはあって

 最終的に「二日酔いは自分の責任」ていう人としてのあたりで

 カッツリ上から喰ってったなっていう感じで。

 それに対して、”T-PABLOW”のアンサーが弱く見えた。」


”T-PABLOW”は「ビビっちゃいました、正直。」


これで”T-PABLOW”が敗退。2ndバトルは次回へと持ち越しとなる。


『最強の男 爆進開始か?』

しかし、次回は二人目のNEW MONSTERの出現が出現するという!


---------------------------------------

ここで、挑戦者だった”USU a.k.a. SQUES”のダンジョンゲストライブです♪


《新潟を拠点とし音源リリースやライブバトルなど全国にアクションし続ける唯一無二の地方B》

ライブは『#NGT24 pro.by BLACK BEATZ』

---------------------------------------

(般若ルーム) 般若が笛を吹く。ピーピーピピッピピョピ!

山下:「俺は生まれてくる時代を間違えた」 (敬礼)


(早すぎたってコトでしょうか?偉人はよくそーゆーw)


---------------------------------------


番組オフィシャルCD

【フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUND TRACK】が5/18 リリースだって!



---------------------------------------


”崇勲”がいよいよバトルに登場しましたね!

今回はyoutubeに最近公開された「FLASH」をどうぞ! ↓ 





強面に見えるけどいい人らしい。

(”CHICO CARLITO”や”TKda黒ふち”と仲がいいんだって!)


…ってことは、勝ち残るとCHICOさんとも対決するかも?


(あっ、でも次回は二人目のNEW MONSTERが登場するらしいので、それはないかー(^^;)


---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-08 11:32 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-2 ダンジョンゲストライブは”SALU” #30

やってきましたー!Rec.1-2!

Are you ready?


一人目のチャレンジャーは?

「埼玉の韻ステッパー」こと”MC KUREI”(20)だ。

現在はHIP HOPユニット『Kure: Os』として活動中。

バトル歴は3年だが数々のMCバトルで優勝を飾る若手ラッパー。


韻踏みが得意という”KUREI”に向かい打つモンスターは?

同世代の”T-PABLOW”だ。


「VTRで自分の事を攻めてくる系だったら、

 俺も「ふざけんな」みたいな感じで行こうと思ったんですけど、

 メチャクチャ謙虚だし、ちょっと顔の系統も似てる。」という”T-PABLOW”

”KUREI”は「そうっすかね?」と苦笑。 (”T-PABLOW”お茶目♪)

(いきなりの顔の話にジブさんたちも笑う。)

--- VIPルームゲストは”SHOW GUN”です。---


1st BATTLEのRound1はどちらも負けず劣らずの戦い。

(フレッシュな二人がマジでバトルを楽しんでる様子もわくわくする!)


しかし、判定の結果はモンスター3票で”T-PABLOW”の勝利だった。


「どうですか?”KUREI”くん」と質問するジブさんに

「ちょっと緊張しちゃったっすね…」と答える”KUREI”

そして、”T-PABLOW”は「めっちゃ面白いっす。今までで一番かも。」と話す。



”FORK”さんのコメント:

「凄い二人が噛み合ってて『やってて面白い』って、そういう事だと思うんです。

 けど、”KUREI”が必ず相手のライムで返す、(例えば)LIBROくんの曲のラインとか

 引用してて、俺は1本目は”KUREI”に上げました。凄く良かったです。」


Round2では、トラックが『A Rapper got killed again/ DJ HONDA × BLAHRMY』で

この二人のバトルに合ってて何か凄くイイよね^^


”KUREI”の最後のフレーズ「俺が勝てる事を絶対に信じたい」に

私は熱いモノを感じたのだけれど、

結果はモンスター”T-PABLOW”のクリティカルヒット!!!


ERONEさんのコメント:

「ちょっと”KUREI”くんは「湿地帯とか」何の話をしてるのかなみたいな。

 後攻の割にはアンサーがなかった。ライムは固いんですけど。

 ”T-PABLOW”も1本目に比べてパンチラインは出なかったけど安定してたし

 内容的に良かった。」



”HIYADAM”さんのコメント:

「”T-PABLOW”くんの早口に対して”KUREI”が遅い乗せ方で分かり易いラップをしたり

 そういう攻防戦が面白かった。」


”KUREI”:「正直、後攻取ってヒヨった自分のせいっすね」と、とても残念そう。

(大丈夫、まだ若いし!またのチャレンジを待ってるよー♪)


---------------------------------------
 
ここでカメラは般若ルームへ

将校のスタイルで、ピーと力なく笛吹く般若。(あれ?モンスターが勝ったのに?)

山下:

「やぁ Mr.Dynamite

”私が世界一の男だ 我々はこの後合コンがある!

 早くしてくれ!つっか早くしろ!”」

   (↑ おぉ、このくだり、丸々Rec.1-1のまんま。。ԅ( ˘ω˘ ԅ)

(今度はどちらの熟女と合コンでしょうかー?w)


---------------------------------------

次のチャレンジャーは「ENPIRE OF NIIGATA」 ”USU a.k.a. SQUEZ”(36)だ。

ライブDVDが発売されたばかりの”USU”

最年長のチャレンジャーだが、バトル歴は15年で多くの大会で好成績をおさめている。

パンチライムで100万円獲って子供のおもちゃを買ってあげたいそうだが…


1st BATTLE の相手は、クリティカルで勝ちたいと言っていたサ上さん。

般若さんから電話が来たというサ上さんは、モンスターとして

”USU”を相手にどんな戦いを見せてくれるのか?


サ上さん、登場すると

またもや『うまい棒』を会場にばら撒く。審査員とチャレンジャーにも。


ジブさん:

「敵に塩ではなく『うまい棒』を送る、そんなプレイもありますけど

 いかがですか?」とサ上さんに尋ねる。

サ上さん:「合っちゃったって感じっすね」

曲では一緒にやっている2人だが、バトルは初だという。

(マイメンの二人、”R-指定”みたいにならなきゃいいけど。。)


初バトル、Round1の結果は…

わぉ!チャレンジャー4票で、”USU a.k.a. SQUEZ”の勝利だ!


KENさんのコメント:

「”USU”くんはライミングがめっちゃ固くて、特に一番しびれたのは

 上野が『うまい棒』を出した時に、「めんたい味」から「限界なし」(のところ。)

 その場で来たものに対してしっかりライムで返せるのが凄く格好良いなと。

 でも、僕が上野に上げたのは、そんな中でも会話になっているのは上野だなと

 思って。

 相手が言ってきた所に「EMPIRE 変態じゃん」って返したりとか

 ディスを拾い続けてやっている所を見ても僕は上野かなと思った。」


そして、次はRound2のバトル開始。

(”USU”さんのレペゼン新潟に誇りを持ってる感じが伝わってくるねー!」


結果はクリティカルヒットで、なんとチャレンジャー”USU”さんの勝利!

頭を抱えてのけぞるサ上さん。


いとうせいこうさんのコメント:

「韻の固さがじわじわ効いてきた2本目

 まだまだ踏んでいくぜっていう感じで

 上野はそれを外してって内容で結構攻撃していたんですよね。

 人格攻撃。

 それに対して”USU”は全く動じずに

 自分の韻をガンガン踏む度にポイントが加算されていった。


---------------------------------------

モンスタールームにモニターが繋がると

漢さんが指を3本立て(サ上さんがよくやっているアレです♪)

それに倣って”R-指定”も指を立てる。

”T-PABLOW”も同じようにやろうとするが… (あれれ?w)


サ上さんに

「”T-PABLOW” 出来てない。そこら辺も頼む!」と言われるwww


ジブさんがサ上さんに

「敵に『うまい棒』を送って見事にネタにされちゃったね」と訊くと


「まぁ こういうスタイルでやってないとダメなんで、俺は」

と答えるサ上さんだったが、

実はこのスタイルに”ある変化”が起きようとしていた。


現在5連敗中と絶不調のサ上さんに

般若から色々と助言(?)があったらしい。


「いい奴をやめなよ」

「俺が思う中でもサ上は相当なSだから」

「お前はヤベーんだよ本当は」


…この般若からの電話をきっかけに、サ上のスイッチがON!

サ上さん:

「いい加減『うまい棒』とか撒いたりして沸かせるような真似やめっからよ!」

「俺が負けてる事とかにチャチャ入れてるガキに分からせっからマジで!」

「とりあえず俺全部外して、嫌な事とかも全部言っていくから!

 会った奴ら全員ぶっ殺しますよ!」


一体サ上さんに何が起こるのか?この真相は2nd SEASON Rec.2で。


---------------------------------------


(般若ルーム)

ピッピー ピピピピピッ!と般若が笛を吹く。

山下:

「やぁ 鼻息荒いシマウマさん (苦笑)


 LiLyさん! ”肉壷”と言って下さい」


LiLyさん:「に・く・つ・ぼ」

山下:「もう一回!」

LiLyさん:「肉壷」

山下:「もう一回!」

LiLyさん:「にくつぼ♡」

山下:「いやらしい」 みんな爆笑♪


---------------------------------------


次回2nd BATTLEの相手は一人目のニューモンスターが出現するらしい!!

ヘッズも驚愕のその正体とは? 


---------------------------------------

今回のダンジョンゲストライブは皆さんお待ちかねの”SALU”さんです♪

”SALU” (確かにイケメン♡)

キャッチーなルックスで観察力と洞察力で綴る豊かなリリックと

変幻自在のフロウで2012年のデビュー以来、音楽シーンを魅了する

ニュータイプラッパーだって。


披露したのは、『LILY』(”SALU”)で

(「今ここから進んでゆけ」と、めっちゃカッコよく最後をキメた!)


豪華なゲスト・アーティスト、ミュージシャンが多数参加した

『Good Morning』を4/22にリリースしたらしいです(^^♪


---------------------------------------

(般若ルーム)

ピーピーピーと笛を吹く般若。

山下: 「昨日 道端でババアにウインクされた」 敬礼


* エンディングでチラッと映る賢そうな景子ちゃんの顔を観て懐かしくなった!

  今頃どうしてるのかな?



---------------------------------------

芸人がラッパーにdisられまくるイベント『ディスペクトVol.2』

5月13日東京の【原宿クエストホール】で開催。

品川庄司の品川とラッパーの般若が司会を務めるイベントで

芸人さんもラッパーさんもなかなかのメンバー。


---------------------------------------

9月3日は野外ロックイベント『BAYCAMP2016』


神奈川・川崎市扇島東公園にて開催決定。

出演アーティストは”Creepy Nuts”や”水曜日のカンパネラ”など♪


---------------------------------------


『tapioca jounal』のインタビュー記事⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾見てね! ↓

"【Creepy Nuts(R-指定 & DJ松永)前編 童貞臭で通じ合った「たりないふたり】







* ”Creepy Nuts”がライブに登場するときの曲『トレンチコートマフィア』が

 【桐島、部活やめるってよ】に上手くハマッってるよね!


---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-04-28 10:11 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-1 ニヤニヤのR-指定 #29

2nd SEASON 開始早々、なんと驚きの展開が!

あの晋平太さんが審査員を降りた!?


晋平太:

「僕ちょっと半年見てて、どうしても挑戦者になりたくなったので

 審査員を辞めさせてもらいます。

 自分の準備が整い次第、チャレンジャーとしてモンスター全員に胸を借りるつもりで

 本気でMCバトルをもう1回したいんで挑戦させて下さい。」と頭を下げる。


(”ずっとチャレンジャーでいてぇんだ”って気持ちに拍手♪)

(とは言え、大人の事情も深く関わっているという噂もあり心配ですね)


それにより、”FORK”(「ICE BAHN」MC)がマンスリー審査員へ。


---------------------------------------

(般若ルーム)

なぜか山下と般若が軍服(般若は将校?)を着て、般若は杖も持っている。

般若が呼笛を「ピー!」と鳴らす。


山下(通訳):

「やあ Zeebraくん 私が世界一の男だ

 我々はこの後 合コンがある 早くしろ

 つ~か 早くしろ!」…で、挙手の敬礼をする。  ???


   小さな声でジブさんの「ハイ、すいません。」という声。


---------------------------------------

さぁ、SEASON2の最初のチャレンジャーは?というと

「浪速のDREAM KID」ことリベンジャーの”KOPELU”(24)だ。

”KOPELU”は2012年まで”R-指定”とグループを結成し活動していたという。

前回Rec.1の1st BATTLE では”T-PABLOW”と対戦し大接戦の末、惜しくも敗退だった。

『今回の目標はまず1勝!』 by ”KOPELU”

「勝利を勝ち取りたいモンスターは”R-指定”」という”KOPELU”に対して

モンスタールームの”R-指定”は、笑顔(*'ω'*)でそれを聞いている。

”KOPELU”:

「10代の頃からお互いのラップを聴いていて 超えて超えられての関係だったので

 次は僕が”R-指定”を超える番! 勝てるように頑張ります。」

(若かりし頃の”KOPELU”と”R-指定”の写真が映し出される。

 Rさんはヒゲもないし、二人とも初々しい(^^♪)


(そして、VIPゲストは”AISHA”さんです。)



--------------------------------------


”KOPELU”の1st STAGE の対戦相手は「横浜のドリームランドの星」こと”サイプレス上野”だ。


いよいよバトルのスタート!と思いきや

サ上さんの

前回”押忍マン”に負けたシーンを見ながらの仲間との飲み会のシーンになる。

サ上さんの相方”ロベルト吉野”が

「負けは勝ちだせ。負けた人間の方が得るものがデカい。

 結果がすべてじゃねーよ。」とサ上さんを励ます。

(サ上さん)

「マジで?そう言ってくれるお前がいるのが超嬉しいぜ。」

(吉野)

「だって自分に @#☆○*%$」と大分酔っぱらっているようだw

(サ上さん)

「何言ってるか全然わかんね けどたしかに気持ち伝わったからマジで

 また頑張るんで 皆よろしくお願いします!」

『横浜背負って頑張ります!』と乾杯でしめる。

--------------------------------------

Round1に登場したサ上さん。

バトルの前に審査員や観客になぜか『うまい棒』を配るw

ぶちかませ~!


”KOPELU”:

「ていうかね ドリーム開発に俺の買収しようとしてたのに

 そっから音沙汰ないっすね

 ホンマ Have a Nice Day また来週で

 回収出来なかったらそこで はい終了」


(モンスタールームのRさんは穏やかな顔で髪に手をやっている。)

注目の判定の結果は、チャレンジャー4票で”KOPELU”の勝ち!


KENさんのコメント:

「最初の返しの”目が泳いでるって言ってるけどビートが泳いでんだよ”っていう、

 相手の言った事に対しての返しが掴みから秀逸だった。それと

 前回に比べて今回の”KOPELU”は落ち着いている。

 バトルシフトしている同じフリースタイルでもずっと途切れなく

 格好良くっていうよりはもうちょっとみんなに聞こえるところはしっかり聞かせるとか

 置き所は置くっていうのをやっているのが、前回と今回の差で

 自分の中のバトル向きにやったのかなと感じ取りました。」


そして、Round2でも、またもやチャレンジャー”KOPELU”の勝利!!!


いとうせいこうさんのコメント:

「”KOPELU”くんが今回すごいのは迷っているふりして後攻を取っているけど

 相手の言った事は全部同じ方法で返す(ところ)。

 これをやるっていう意味で後攻取った事が活きている。

 そういう勝負強さを持って帰って来た。

 まだ隠し技がいっぱいあると思うんでこの後が楽しみです。」


サ上さん、”KOPELU”にも『うまい棒』を渡し

「険しいっすね。」という一言を後に立ち去る。


--------------------------------------

(般若ルーム)

般若が笛をピィ~~~~~~~~と吹く。

山下はTシャツ姿に戻っている。

山下:

「65歳限定の合コンって聞いて行ったのによ

 行ってみたらよ

 2人 47歳のガキじゃね~か

 つまんね~から帰ってきたよ。」…で、般若と山下が敬礼のポーズ。

(いとうせいこうさん、失笑)


(般若さん、超熟女好きなんですねw)

--------------------------------------

ここで、おーーーーっと、

2nd BATTLE の対戦相手は、なんと元相方の”R-指定”だ!!!


(”R-指定”に)収録日の前日、”KOPELU”の再挑戦を伝えると、


”R-指定”:

「まぁ前回ね~ 敢えてぶつけずに上がってこいよってやったにも関わらず

 ”T-PABLOW”に1回戦で負けるということを”KOPELU”がやらかしたので。

 しかも 前”KOPELU”が出た時よりも4人とも凄いパワーアップしてるので

 そこをあいつが超えれるかな?どう?一発目で行ったろか?」

と、《完全に余裕の上から目線》



5年の時を経て夢の対戦がついに実現する。

結末はいかに?

--------------------------------------

(Round1)

”R-指定”:

「ありがとうございますじゃねぇよ

 4人目まで上がってこいよ

 それが出来なかったから 俺が2人目で出てきてやった

 俺が情けかけなきゃいけない この状況

 見てても複雑な気持ちなんだよ

”頑張れ 負けるな 頑張れ 負けるな でもモンスターも頑張れこの気持ち”

 どうしたらいいか分からんけど

 まあ 今日は楽しもう公共の電波 俺ら2人で」


”KOPELU”:

「そうだな俺らで電波2人でやるけど

 お前が本当に言いたい事はそういう事なんか?

 俺が来たのはこういう事言われる為に来たんか?

 全然分からんな 俺も上げたいこの会場

 俺ら達で上げようと思いながら

 揚げ足取り合いでも そういう事したいな

 もっと遊んでいこうぜ”R-指定”

 何か目が泳いでんとちゃいます?さっきと一緒で」


(Rさん、ニヤニヤしてる)


”R-指定”:

「目は泳いでない お前泳げてないぜ

 上げたいんじゃなく 揚げ足じゃない

 コッペパン あがっちまったら ただの揚げパンになるだろ

 揚げパンじゃない 普通のパンにも砂糖つけて食うぐらい俺は欲張り

 だからこのまま バリアフリーのようにバリバリカマしたいぜ

 バチッバチッ バチバチパンチライン お前に1つもない

 だけどここらでお前 悪夢のようなミッドナイト見せてやるぜ


”KOPELU”:

「悪夢もないよ ミッドナイト関係ない

”そんなラップしてたらChampの名がみっともないよ”

 だってさっきまで言ってたのに パンチラインが1個もない

 Again Again して ここまで来た

 負けない為に この一心

 一心不乱に韻を踏み続けた 場数も踏み続けた」


(判定を待つ間、頭を掻く”R-指定”。)

(”R-指定”推しだけど、”KOPELU”の熱気がガンガン伝わって来るバトルだ!)


結果はチャレンジャー3票で”KOPELU”の勝利となった!


ERONEさんがコメントの前に、

『うまい棒』をマイク替わりに持つというボケを披露www

LiLyさんにめっちゃウケる!


ERONEさん:

「テクニックの面じゃなくね、”KOPELU”は元相方”R-指定”の活躍を

 一番妬んでたんやなっていう…

 嬉しかったやろうし悔しかったやろうし(っていう)気合が”KOPELU”にはあって

 ”R-指定”が倍でくるところを、”KOPELU”はもう1個更に詰めたライムで

 フロウにしてもライムにしても上回ってました。」


この後、Round2が始まる。次の勝負はどうなるのか?


”R-指定”:

「がっちんスイッチ入っちまったぜ 手加減はなし

 湯加減はいい感じで

 いい加減なラップしてたらやられるって事だぜ

 俺達相方だけど お仲間みたいな馴れ合いはなしだ

 適当にやんぞ お前の頭ブチ抜くぐらいの このライムマシンガン

 大阪KIDレペゼン どっちが大阪の一番か決めよう

 お前の背中追って追われて そんな事を繰り返してた

 だけども公共の電波で 俺らが仲いい感じじゃなくて

 バチバチでやれば大阪にも届く

 大阪きっと名を轟かせる」


”KOPELU”:

「アイタタ アイタタ アイタタ アイタタ 相方 相方でも

 対たいだ 大会咲いた甲斐あり だいたい俺らはまだやってかないかい?

 Hey Hey Have a Nice Day 半端ないっすね~

 カンカン 俺らは負けないぜ またない またない

 また来週なんて言っちまいそうになるぜ

 ニヤニヤしてんじゃねぇよ

 しっかりやりてぇんだよ

 俺のコンディションもテンションもアゲアゲです

 お前はこの場で負けて来て

 終わりかなと思ったぜ
 
 でも大丈夫 トワイライト お前の優勝永久にないよ」


”R-指定”:

「笑顔になんの当たり前

 こんなに何年もやってたお前とこうやってテレビでバトル出来てんだぜ

 ニヤけっぱなし まだまだあるぜ土産話

 お前にドンドンやりたいような感じ

 俺バンバンとライムを蹴りっぱなし

 笑ってんじゃねぇよ お前の成長にまだ頑張ってるぜ

 お前が全然成長出来てない

 さっきの芸人じゃないけど

 チ×コとかけてやろうか”KOPELU”

 前の試合で抜けなかった でも一皮剥けて来たかと思ったら

 全然被ったままじゃんか」 (ニヤけまくるRさん。)



”KOPELU”:

「被ったままじゃねぇよ ちゃんと抜いて来たから

 今 気持ちいい具合にラップが出来てんだよ

 一網打尽してやんぜ

 いちご味みたいに甘ぇなお前のライム

 全然効かねぇ お前ちょっと考えて

 四文字以上も踏んでない (Rさん笑)

 まるでファミリーみたいなトッポジージョみたいな

 俺らのテンションでも上がんねぇよ

 ドンドンやっていこうと思うけど これで終わりだよバイバイ

 mother×××× 俺らでバキバキにさせてやんぜ 轟かせようぜ」



* トッポジージョ (アニメに出てくるネズミの名前らしい) 


---------------------------------------

判定の前にダンジョンゲストライブだよ~!

今回のライブは”HIYADAM”の「I want it all」

(HIYADAM)独特の世界観があるリリックやファッションで注目の若手だって。


---------------------------------------

(般若ルーム)

山下:

「お便りのコーナー

 今週は宮崎さんからお便りが届いているぞ

 ボス!僕は女性を見るとどうしても口説きたくなります

 どうすればいいですか?

般若が笛をピッと鳴らす。

「今すぐここに来い!」  (また2人で敬礼)


---------------------------------------

そうして、Round2の判定結果は?

なんとチャレンジャー4票で”KOPELU”の勝利!!!(これにはRさんも拍手を送る)

(ウンウン、よく頑張った!!)


LiLyさん:

「Rさんの驕りじゃないんですけど
 
 モンスターの中でも”R-指定”はマジ強いって

 誰もが思ってるし もちろんご自身でも分かってる

 だからニヤけが止まらない

 相方のお前が来てくれて嬉しいぜみたいな余裕が

 ハングリー精神の(”KOPELU”の)「ニヤニヤにやけてんじゃねーよ」

「いやいや嬉しい 俺お前に会えて(Rさん)」みたいなところで

 狩られたかなと思いました。ちょっと勢いが違った。」


「めっちゃ言われるやん」とつぶやきながらRさんが退場した後

ジブさんが「20万円でやめてもよし。どうしますか?」と”KOPELU”に問い

「やめます。」との”KOPELU”の返事。


《初の賞金GET者が現れました!!》と、どよめく会場。


ジブさん:「ちなみにこの20万円はどんな風に使おうと?」

”KOPELU”:「新しいアルバムを作るんで皆聴いて下さい!」

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。賞金獲得 おめでとう。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


(いつもはクールな”R-指定”が、”KOPELU”との対戦を元カノと会えたみたいに

 喜んでるところが可愛かった♪ モンスターとしてはアウトなんだろうなぁw)

---------------------------------------

(般若ルーム)

般若が弱々しく笛を鳴らし、口から外す。

山下:

「あ~!有村架純ちゃんにぶん殴られてぇ~」 (敬礼)


(なんなら私が殴って差し上げましょうかーwww)


* 次週は、最年長チャレンジャーが波乱を巻き起こすらしい。乞うご期待!


---------------------------------------

今回はほっこりするCreepy Nuts の

「オタク IN THA HOOD : Creepy Nuts (R-指定 & DJ 松永)」をどうぞ!





* ちなみにDJ松永さんがご愛用の【YOSKIN】は本当に効果抜群(^^♪


---------------------------------------

ついでにこんなのが見つかったので!






---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-04-21 11:40 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン! #28 ☆フリートークダンジョン☆

『バトルは魂を揺さぶられるドラマだ!』


フリートークダンジョンのスペシャルゲストは

浅野忠信さんと中村獅童さん。


Zeebra × 浅野忠信 × 中村獅童 が語る特別編です!



フリースタイルダンジョンは

「ラップ好きな人からそうじゃない人まで楽しめる番組」という獅童さんと

「Twitterで知って観始めた」という浅野さんに

番組の魅力を語ってもらった。


(獅童)

面構えが素晴らしくて引き込まれた。

魂の叫びであったりとかそういうのを感じたときに凄く感動する。


(浅野)

テレビの前で好き勝手な事を言ってるw


(獅童)

推しモンスターは”漢 a.k.a. GAMI”

面構えがイイですね。面構えだけで若手のラッパーは圧倒できる。


(浅野)

”T-PABLOW”はある時から凄い勢いに乗って彼の若さが出て、

ちょっと調子が悪い時は凄い顔に出たりとか…www


”R-指定”は間違いない (けれど)

”サイプレス上野”は同じ横浜出身で(推しモンスターなのに)

「お前何で負けんだよ」とか「お前噛ませ犬か!?」

「お前ちゃんとやれよ!」   (と訴える)


(あと)自慢っぽいラップするのはやめて欲しい。

「俺は誰かとやってるぜ~」みたいな

「アレをやめろ!」    

俺 LiLyさんだったら絶対押さない!やめろ! (…と”オコ”でしたね ^^;)


( ↑ 私も同意見!)


そこで、ジブさんが

「ゲスト審査員とかやるのも面白いんじゃないですか?」と訊ねると


(浅野)

是非やりたい。俺と素人がやった方がピュアに判断できるんじゃないか?って

いつもテレビ観て喋ってるんですよ。


(うんうん、それとLiLyさん以外の女子の意見も。。♪)


---------------------------------------



ここからは、浅野さんと獅童さんが選んだ『BEST BOUT』です!


獅童さんの『BEST BOUT』第3位は

Rec.1の”SALVADOR” × ”T-PABLOW”

選んだ理由としては、若者の勢いを新鮮に感じるから。

若い時にしか出せない感情や人生観が見えるのがいい。


第2位は

Rec.4の”DOTAMA” × ”R-指定” ԅ( ˘ω˘ ԅ)

理屈抜きに楽しい!

言いたい事を言った後にちゃんと上手い事言って

韻で締めてるっていうのは

「やっぱ締めれてるスゲー!」みたいな感じになる。

HIP HOPをやってる人にしかわからない言い回しだけじゃなく

面白いストーリーとして噛み合っているから(誰が観ても)楽しい。


(Zeebra)

「これ八百長じゃないか?」という人もいるけど

八百長は(台本を作るのが)無理でしょ。


(獅童)

八百長じゃあの空気感は出せない。


第1位は

Rec.2の”焚巻” × ”般若”

(Zeebra)「俺も泣いちゃった。」

(獅童) 「感動した。」

(浅野) 「生で観たかった。」


(本当にいつまでも心に残るナイスバトルだったよね! ✨✨)


(Zeebra)

般若の全体を包む空気感。

出て来て、バッてバスローブ脱いだ瞬間に

「こいつ勝つわ」ってちょっと俺も思った。


(獅童)

バスローブ着てる姿しか観てないけど、(本当は)こんな本気な人なんだって思った。

生き様っていうか、大衆は人々が熱くなってるモノを見たいと思う。

熱くなってる魂のぶつかり合いに感動して涙を流したり笑ったりする。



一方、浅野さんの『BEST BOUT』第3位は

”MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻” × ”T-PABLOW”

HIP HOP顔じゃないニガリの顔が好き とのことw

(長野出身のニガリのエピソードいいですね^^)


第2位は

Rec.5の”GADORO” × ”Mr.Q”

「20年間やってきたら恥をかきたくないから、自分だったら出たくないと思う。」

と浅野さん。

ジブさんによると

「第1Roundを落としたのが良かったのかもしれない。

 一回負けるとそこでまたドラマが生まれるのが面白い。」


第1位は

”輪入道” × ”漢 a.k.a. GAMI”

(浅野)

その人のドラマチックなところ。

負けが続いていた時期もあった漢さんだったが

「あれ、違う漢さんが出てきた?」ってところ。


(私はこのバトルで使われてたトラック《流星 / DJ JUNKING aka 24K》が好き~♪)



歌舞伎役者である獅童さんは、フリースタイルラッパーと通じるものがあるのか、

「義太夫は魂の声や言いたい事を代弁する(いわゆる)ラップですよね。

 自分が生きてる歌舞伎の道を改めて考え直した。

 現代生ける我々の、歌舞く精神とか

 アナーキーな精神というのを持ってないといけない。

 だからフリースタイルダンジョンに凄い影響も受け、

 自分も熱い気持ちになれる。」と語っていた。



---------------------------------------

最後はUZIさんによる浅野さんと獅童さんに捧げる「締めの1バース」☆


「朝の部 昼の部 深夜なのに浅野忠信」→ 浅野さんへ


「RINOやCHICOやIOが出たダンジョンに いよいよ獅童と うぇいよ~!」→獅童さんへ


二人の半端ない演技力 日本は貰ってるぜ元気を

俺とZeebraもラップで元気を与えたくてやって早四半世紀

継続は力なり フリースタイルダンジョン

世代を超えて 次世代へ

フリースタイルダンジョンから伝える感動
 「うぇいよ~!」


---------------------------------------


次週からモンスターを強化しての second season に突入!

打倒元相方”R-指定”に燃えるREVENGER ” KOPERU”が

「事件を巻き起こす!!」らしい?



* フリースタイルダンジョンのYou tubeでの配信は

  翌週からになってしまったようですね (-_-;)

  なるほど、それで【Abema TV】を観て下さいってことかー!


《Creepy Nuts》がCMしてる【Abema TV】

【Abema TV】のバラエティチャンネルで「フリースタイルダンジョン」の配信がスタート!

4・26(Tue.)は「フリースタイルダンジョン」の

一挙配信スペシャル(9:00~14:30/18:00~22:00)もやるそうですよ~!


《Creepy Nuts》は5/15 ”RHYMESTER”presents 人間交差点2016のライブにも

出演決定!! なんたってライムスターは”神”だからね~~~w


---------------------------------------



エンディングテーマ曲がSKY-HIの「Welcome To The Dungeon」になってた~♡


新ドラマ『ドクターカー』の主題歌「Front Line」も”SKY-HI”だし、、、


NEW SINGLE「クロノグラフ」も 2016.5.11 on SALE (^^♪

…ってコトで、今回は”SKY-HI”の「クロノグラフ」をどうぞ~~~♡゚・。♥





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-04-13 18:01 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!Rec.6-5 関西の王 レペゼン大阪”R-指定”

フリースタイルダンジョンRec.6-5 ぶちかませ~~~!!


4TH BATTLEに向かう前の確認に

”CIMA”の「やるーっす。」という返答。

それを聞いた時の”R-指定”の目を細めて渋い顔をしてるのが印象的。。


さぁ、無敵のフリースタイラー”R-指定”は

”CIMA”を相手にどんなプレイで魅せてくれるのか?

(ちなみに今回のVIPゲストは格闘家の木村ミノルさんです。)


強気のわりに後攻を選んだ”CIMA”×”R-指定”のRound1スタート!

(私は”R-指定”推しなので、Rさんの部分をピックアップ↓)


”R-指定”:

レペゼンってのはな 地元に留まって東京の悪口を言う事じゃねぇ

 どこに出しても恥ずかしくねぇ

 どこに行っても大阪をレペゼン



そのうち末路はどうせ清原

 ここでは咲かせらんない一花

 分かるか?人肌の温もり 熱さのぶつかり合いだ

 名前の売り方どうでもいい

 俺レペゼン大阪でこんなノリ

 東京で俺が活躍した結果 大阪の底上げだ

 これ Set Up!



(「そのうち末路はどうせ清原」のパンチライン効いてる~!)


Round1の判定の結果は、

チャレンジャー2票、モンスター3票でモンスター”R-指定”の勝利!


(うんうん、クリティカルじゃなくって良かったー!もう1回観たいもん。)


モンスタールームでは、久々に弁当を食べている漢さんが映るw


LiLyさんのコメント:

「関西でどっちがイケてるのか男同士の地元のバトルなのに

 皮肉にも男女のケンカのように聞こえた。

『オラオラ!お前なんて関西にもいねぇし、東京で粋がりやがって』

 というのが男だとしたら、(”R-指定”)が正論で論破していく女みたいな感じ。

『俺は東京で名を売って関西に還元する』は正論なんですよね。

 それで最後に”CIMA”さんが『お前の間違った言葉の選択』で締めたから

 正論に対して負けちゃった。」



そして、Round2の開始…

(使用するトラックは、Forgot About Dre/ Dr. Dre ft. Eminem, Hittmanで難しそう。 )


”R-指定”:

「おいみっともねぇな ”CIMA”

 後輩相手に後攻選んで それでもかっこいいか?フリーター

 フリーダムなフリースタイル 今から見せんぜレペゼンは大阪

 大阪の若手 俺の椅子を飛ばす

 それがどうでぇ いつでもくれてやんぜ椅子なんてな

 この椅子が欲しけりゃくれてやるって俺の曲で言ったって

 やってやるって まるで上野みたいな目つきでな

 プロセスラー?それでもお前はプロですか?

 俺ならこのままフロウで掴むよ

 このフロア ガンガン揺らすパワー」


”CIMA”:

「プロですか?フロウですか?それ何フロウですか?

 流行りのフロウなんて興味ない 年下舐めたら行かれんぞ

 余裕綽々 過去の栄光しがりついても意味がないだろ

 しっかり板につくビート上ライム

 音はめ込むEminemじゃないけど

 8Mileの気分で東京乗り込んでくぜ俺は兵庫の調合

 分かるか?俺のエリアは兵庫

 お前と違うぜバンピー××××UP 強豪

 分かるか?ロン毛野郎 本音だよ」


”R-指定”:

「流行りのフロウって言ってるくせに

 お前も流行りのフロウに乗っかる

 それが恥ずかしいと思わないならばローカルを背負う覚悟ない

 分かるならば言葉で見せるぜ 兵庫と大阪

 どちらが関西の王様か決めようかな

 分かるかな?××××みたいなスキルのくせに

 ハッパポッセ88 俺なら91 このまま1番上がってくだけ

 911 911 みたいなスキルで 愛燦燦降らせるけど

 俺このままお前をぶっ殺し ここで階段を上る」


”CIMA”:

「ぶっ殺しても俺は生き返るぜゾンビ MR.bom Diggieっておおきに

 俺は88 今から大虐殺始まり

 ハチマキ巻いて来いよ Japanese People

 俺はLike a 黄色猿でもピンポイント
 
 まるで煙を焚く Like a Cheech & Chong

 意味が分かるか? 流行りのフロウなら Squad!! とか興味ないぜ

 俺なら兵庫

 いつでも俺は待った無し 即興続行

 俺はストレートチョコレート その程度甘さ 俺激辛ライムで応戦」


* 【bom Diggie】88POSSEで売ってるブランド?  

* 【Cheech & Chong】1970年代から80年代にかけてマリファナとヒッピーを題材にした
映画や音楽で人気を博した。


(わたし的には、”R-指定”の「愛燦燦(ai-3sun?)降らせるけど」にしびれた~♪ www)




…4TH BATTLE Round2の判定の結果は?


おぉ~~~!! クリティカルヒットでモンスター”R-指定”の勝利だ!


負けてしまった”CIMA”にジブさんが

「”CIMA”どんな感じ?」と声をかけると

「いやぁ、鬼悔しいっす!」とめっちゃ悔しそう。


KENさんのコメント:

「すごいスローなビートが来ていて、ビートが遅い分だけ1本の時間が長くなっている。

 そうなってくると”CIMA”はずっと同じテンポでしっかり乗せてきてるんですけど

 ”R-指定”はそこにバリエーションもあって

 前半と後半で乗り方も変えてきたので、時間の長さをより感じさせない。

 普通より長いんだけど”R-指定”の方が

 短くあっという間に終わっていくような感覚で優勢だった。」


(そうそう、声色も変えてて面白かった!)


ERONEさん:

「”CIMA”は戦い続けて フロウと声もバテたし

 フロウが1パターンで、”R-指定”のフロウの方が上を行っていた。」


(これで、モンスタールームも一安心だね♪)


---------------------------------------
 
《般若ルーム》


般若は、床に体を丸め(子供のように)小刻みに体を揺らし指を噛んでいる。


山下(通訳):

「どうして皆 そんなに大きな声を出すの?

 どうして皆 友達同士で争うの?

 ねぇ どうして? どうして? あ~~~」


  の後、山下と般若が何事もなかったかのように同時に手を上げ”R-指定”に向かって



「お疲れ!」    www
    


---------------------------------------

今回のバトルはこれだけ。。

なので、この後はRec.6のバトルを振り返ろうのコーナーです!うぇいよ~!


やはり一番気になったのは、”CIMA”×”R-指定”ですよね。


ジブさん:「(Round2に対して)普段の試合に比べると言葉も多いから見応えがあった。」


漢さん: 「そんな中で同じ言葉使ったりパンチラインの決定打っていう決定打は

      特にはそんな大きいわけではないけれど、(”R-指定が”)言葉も詰まらず

      よくマイクリレーとしてあそこまでやりきった。」




今回も”R-指定”に助けられたという感じのモンスター達でしたが

次回からさらなる新しい展開があるらしいですよ~!

新ルールでは、二人のモンスターを追加するってことですが

勝ち抜き数は今までと同じ4人のモンスター(6人の中の4人)と

ラスボス般若を倒せば100万円ゲット!

…んなわけで、

新しいモンスターが誰なのかって、ネットもざわついてますよねー!


UZIさんのシメの1バースがあり、

フリースタイルダンジョンもいよいよ第3クールへ突入です。㊗うぇいよ~!


---------------------------------------

(再び、般若ルーム)

椅子に座って手をバタバタさせる般若の頭に

スーパードクターKがいきなり強烈なパンチを与える。

般若はおしゃぶりを口から取り出し、山下へ伝える。


山下(通訳):

「山下!ここは日本か!?」

「するとチャレンジャーは?モンスターは? 私は何をしていたんだ!」


---------------------------------------

ダンジョンゲストライブは『BAD HOP』の「NEW ROOT」

『BAD HOP』は先週”T-PABLOW”との飲み会で紹介されてましたよね。

”T-PABLOW”と”YZERR”を中心とした幼馴染みのメンバーで構成した川崎発のHIP HOP CREW☆

・゚♡゚・。♥。 とにかく楽しそうw ・゚♡゚・。♥。


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-04-07 09:43 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン!Rec.6-4 いとうせいこうのダンジョンライブ!

かませ~!熱韻スタイル! 

…ってことで”CIMA”(27)の2nd BATTLE からスタートです!


対戦するのは、自由奔放なスタイルの”漢 a.k.a. GAMI”

「昔よりヤバくね!?」っていうとこまで見せたいと言っていた

3連勝中の漢さんでしたが、

まず、ジブさんの「段がめんどくさいよね。」と

(骨折中だから会場の階段が大変そうで)漢さんに声をかけると

「段々と慣れてるんで大丈夫です。」と漢さんwww



しかし、Round1が始まったが

熱々な”CIMA”を漢さんはクールダウンさせることはできなかった。


LiLyさんのコメント:

「私漢さんに上げたんですけど、”CIMA”さんの沸点の高いオラオラなスタイルが

 漢さんの落ち着いた良さを引き立てていたと思った。」


Round1の判定は3対2で”CIMA”の勝ち。


Round2も”CIMA”がどこまでも食らいついていく強さを見せていたものの

漢さんも負けず劣らず”ここぞ”という踏ん張りを見せた。


Round2では見事”漢 a.k.a. GAMI”が勝利!


晋平太さんは、

「漢くんがポリスとガン××××だけじゃなくて包帯も巻いたっていう

 パンチラインにはびっくりしたんですけど

 ”CIMA”の噛みついていくスタイルの持ち味が凄い出ていた。」と”CIMA”も褒めた。


そして、Round3では漢さんに対してのアンサーに

韻をふみながらどんどん熱がこもっていく”CIMA”


「関西のローカルの先輩 名前 俺が言って全国区にしてやるぐらいな感じ

 Homieと夢の熱さは背負って来てんだ」(ってとこ好きだゎ。)


結果は、クリティカルヒットで勝者チャレンジャー”CIMA”!!

漢さん思わず「力尽きたぜ!おい。」と膝をつく。


ERONE:

「漢が先行で言う事なくなっちゃって、それに対して(”CIMA”は)

  ”髪型の「GATSBY塗っとけ」とかが面白かったんで”CIMA”に上げた。」


モンスタールームのサ上さんからは「漢さん ドンマイっす!」

…に、すかさず漢さん「うるせいや!」と返答w


---------------------------------------

一方、般若ルームでは

おしゃぶりを咥えたまま座り込んでいる般若が山下に何かを訴えているようた。


山下(通訳):「パパ! パパ! 小室さんって僕のパパなの?」

山下のムチャブリにゲストの小室哲哉も苦笑する。

---------------------------------------


次の対戦相手はモンスター”T-PABLOW”だ。

けれど、3rd BATTLE の前に”T-PABLOW”がリーダーをつとめる『BAD HOP』の

飲み会の様子が映し出される。(お店は川崎のオシャレなDining & Bar 「BILLFISH」)


ここで”T-PABLOW”の意外な一面が明かされる。

一見クールに見えるけれど、実はおしゃべりなハイテンション野郎だというのだ。

今年貰ったバレンタインチョコは1個だけ(誰から?w)

どうも中学時代の印象で怖いと思われているらしい。

モテそうだけど出会いがないという”T-PABLOW”


女の子と遊んでるイメージがあるけれど実際は付き合ってもないし

ずっと彼女いない時期もあったと言う。

「”うそだろ”って思われるんだけど、俺 真面目だもんね 女の子にはね!」


…で、この飲み会ではいつも

『BAD HOP』メンバーのサイファーでスキルアップを図っているという。

(これ見て女子の好感度もアップだよね♪)


---------------------------------------

いよいよ3rd BATTLE開始。

「あまりモテないが硬派な」”T-PABLOW”の出番だ。


ジブさんに「(前回”CIMA”に)特に興味ないと言われてましたがどうでしょうか?」と

フラれると「興味持ってもらえるように…」と答えた”T-PABLOW”だった。



”CIMA”:

「比べんな お前のラップもスキルも顔もむっちゃ変やん

 murder dem blah

 言ってやるぜ 1バース目で興味すらないわ

 言ってやるぜ お前はダサいな

 俺はリタイヤなしで磨いたダイヤの原石 サイファー

 階段降りて 俺がNo.1」とか


「どんなもんっすか?しけた面 お前はネガ

 俺はポジティブをポジしてる」とか

(ホント、”T-PABLOW”凹むよ~~!)


Round1の判定はチャレンジャーが4票獲得して、”CIMA”の勝利!


KENさんのコメントは

「”CIMA”くんがウィンナーのくだりからポークビッツとか

 気の利いた攻撃があって、”T-PABLOW”も細かい韻でグルーヴを繋いていってたけど

 ユーモアとか面白さがあった分”CIMA”が優勢に見えた。」


Round2になっても、”T-PABLOW”をどんどん押しまくる”CIMA”


「お前のフロウで感情もねぇよ

 ていうか ラップに感動もねぇよ

 レジェンドの先輩のお名前出したら勝てると思うなよ クソガキが」


「冷静沈着でも目が泳ぐ

 俺はビート上 水を得た魚」とかグサグサ刺してくる。

(”T-PABLOW”も力強いフロウを返してるけど、”CIMA”のディスは粘着質でヤラシイ!)


判定の結果はチャレンジャー3票で”CIMA”の勝利となった!



いとうせいこうさんのコメント:

「全体で一曲になっているようなそういうリズムの戦いの中で

 かろうじて”CIMA”のメッセージが伝わった。

 ”T-PABLOW”がRound1で外してたリズムを、ここでは絶対入れてやるっていう感じで

 もの凄い良い所にリズムを入れてきたのに聴き惚れてました。」


ライブゲスト”AK-69”さんは、

「だいぶ熱かったっすね。”T-PABLOW”のフロウライミングも凄い格好良かったし、

 言ってる感じも要所要所で『盛り返すかな?』ってパンチラインも出てたけど

 ”CIMA”がバトルを重ねて乗ってきてるライミングが炸裂していた。

 いやぁ、熱い戦い見せてもらいました。」


”T-PABLOW”:「強かったっす!マジで」

残念ながら”T-PABLOW”は敗退…

「”T-PABLOW” ドンマイ♡だよ」←お~!もしかして私ファンになってる?w)


---------------------------------------

そして、今回のダンジョンライブは なんと 「いとうせいこう」さんです!!


[いとうせいこう]

作家、クリエーターとして多方面で活躍

近年の音楽活動では口ロロへの加入やレキシ(足軽先生だぁ~♪)での活動などがある。




      いくぞ フリースタイルダンジョン!

          30年前からやってるぜ!

     と『ヒップホップの経年変化』を全力で披露!


(リズムの変化に乗れないで困惑気味の観客と、ノリノリで踊ってるジブさんの対比がイイ!)


---------------------------------------

(またまた、般若ルーム)

般若、座ったまま膝をなでなでしながら、

山下:「小室さん ごめんね。

「気づいちゃたんだ!!

 僕のパパは木根さんだ!!」

VIPゲストの小室さんは笑いながらピースサインだ。(安心した?w)


---------------------------------------

エンディングでは般若が手足をバタバタさせて駄々をこねる。

山下:

「やだ! やだ! やだ!

 自称 巨乳の女は やだ! やだ! やだ!

 ただのぽっちゃりだから やだ! やだ! やだ!」

---------------------------------------

次週 4th BATTLE では、”R-指定”が対戦相手だね~!

今からドキドキしちゃうよー♪


そうそう『Creepy Nuts』のサイトを見たら

”Creepy Nuts”が日本初のApple Music { Beats 1 News}に登場だって!


凄いよ~!インタビュアーのめちゃ速い英語にもちろん英語で答える”R-指定”!

いろんな意味で面白いから是非聴いてみて♪


それと、

DJ RYOW 「ビートモクソモネェカラキキナ2016 REMIX feat.般若、漢 & R-指定」を

i Tunesにて04.01.2016配信決定だよ! 


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-03-31 18:01 | フリースタイルダンジョン