カテゴリ:フリースタイルダンジョン( 49 )

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-5 [REVENGERS WAR] え?ウソでしょ?まさか”ACE”が!


前回に引き続きリベンジャーは”GADORO”(24)だ!

魂のパンチラインが炸裂の”GADORO”は

借金を返済して底辺から平凡な生活に戻ることが出来るのか?

掴め、HIP HOP DREAM!!!


---------------------------------------


”GADORO”が3RD BATTLEで対戦するモンスターは”R-指定”だ!


”R-指定”にこの戦いへの意気込みを訊いてみると

「俺自身、ちょっと喉をやっちゃってるので…」と喉を痛めた事を告白。

(ずい分前に、DJ松永さんのTwitterで言ってたよね、大丈夫か?この試合?)

バトルの負担にならないように、筆談で書いてもらうと

「年明けからのハードスケジュールで声帯が変形したみたいです。

 本当は一週間しゃべってはいけないらしい…」とのこと。

こんな状態でバトルが出来るのか?という質問に対して

「ハンデ」と書く。   「くぅ~、言うよね~」by UZI


Round1が始まる前に「頑張って今日の喉の調子を戻しているっていう情報を…」と

ジブさんが言うと、それを制しながら”R-指定”が

「エイエイ」と発声練習をし、「大丈夫です!」と言う。(ハンデを負っていても力強いぜ!)


---------------------------------------


〈Round1〉 ビートは『Grindin' / Clipse』


”R-指定”:

皆 家帰って You Tubeで チプルソって調べて

コイツにそっくりやから

チプルソのスタイル コイツ丸パクリ

お前みたいな雑魚のMC ここはバリアフリー

だけどお前の顔面につける紙やすり

秋なすびは食わせられへん まるで802でかかれへん

お前はパクリだけ 最初の4小節即興

後の4小節 全部ネタや


”GADORO”:

結局それだけしか言えねぇ

チプスソっていうネタ お前が言うと思わんかった

それは2014年まで お前は負け クソなMCは脱線

ロン毛+ヒゲ面がトレードマークのコイツ倒し

奇跡起こす フォレスト・ガンプ

虚勢を張るだけの往年のChampも

俺を目の当たりすれば奴隷と化す


”Rさん”:

フォレスト・ガンプみたいに自分にダメなとこがあっても

ステージ上に上がってきた俺

な 聞いたらわかるやろ 残りのロン毛からのやつ

完成度高すぎて書いてきた歌詞みたいや

お前 即興じゃねぇなネタを丸暗記?

まるで安物のメッキ ドンキのアルマーニ

フリースタイラーとして あるまじき行為

俺 ラップジャンキー 俺の喋り桂春団治 


”GADORO”:

ジャンキーじゃないよ

お前は缶ビール飲み干したような生ビール (←この時”Rさん”が”GADORO”に詰め寄って来る)

つまり缶酎ハイ 眼中ない

ヒゲ面 お前ちょっとどいとけ

クソみたいなWack

お前 近距離過ぎて気持ち悪ぃんだ馬鹿野郎

俺は本気でやってる

本心でバトルやってやろうじゃねぇか

コイツはマジでそう手出すのは無しか

まるでこんにゃく打法金無し 近鉄の梨田


【判定は?】

モンスター3票獲得で、勝者モンスター”R-指定”!!


但し、ジブさんが「ちょっと一つだけ注意を。バトル中出来るだけ

相手に触れないようにしてください。宜しくお願いします」と”R-指定”に注意する。

(ジブさんのTwitterを読んでたら”GADORO”に注意してたんだってね!酷い話だ!)

ERONEさんのコメント:

R-指定がガラにもなくというか、スゲェ詰め寄ってモンスターの本気が怖かった。

GADOROがそれに対し引かなかったので、俺はGADOROに上げました。


(Rさんは声がいつもより出なかった分、何でもアリ(diversity)な格闘技?で勝負wかな。)


〈Round2〉 ビートは『ライミン術 / HILL THE IQ and DJ KOUSUKE』


”R-指定”:

一つ注意 手は出すな

その程度のスキルで出しゃ張るな

俺のスキルで届く天高くな

俺はしっかりスキル磨いて切磋琢磨

お前ちゃんと睨んでるか

近づいても所詮そのぐらいの根性しかない

しっかり仕込んできたネタ もうネタ切れか?

ならば俺なら スタミナは切れねぇ歌で歌うだけだ


”GADORO”:

俺もしねぇぜ スタミナ切れ

このバトル無駄にはしねぇからしっかりとかかってこいよ

指でなぞらえたようなライム まるで目次のなぞり書き

お前のラップにしおりはねぇな

そんな感じでしっかりと伝えてくれ

いけすかんような感じ お前のヒゲ面

何回も言うが もしお前彼女とチューした時でも

お前 彼女から嫌がられるような顔面だな


”Rさん”:

彼女に嫌がられても 彼女に金を借りるような

ダサい真似はしないのが俺のやり方

俺はラップ耳元で言うだけで彼女はしっかり落ちる

お前みたいに借りは返さずな

何だ?お前俺の見た目dis

今になってそんな事言っているお前の方がスタミナ切れ

歌いまくれ使いっぱしりのネタで

お前 GADORO 宮崎にコイツが塗った泥


”GADORO”:

スタミナ切れと歌いまくれって 全然韻踏んでねぇぞ

もっとしっかりと語尾を厚く拾って来い  (残念、ココでちょっと噛んだ!)

そんな状況だ

でも噛んだけどなんだかんだ範馬なんだ

アンダーグラウンド盛り上げる 俺がGADOROだ

しっかりと伝える まだまだ負けられねぇ

1対1 審査員しっかり空気を読んでください

次の3本目で今日 全て覆す

お前の下手さはすぐバレる


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者モンスター”R-指定”!!


(マンスリー審査員)DARTHREIDERさんのコメント:

”ネタ””ネタじゃない”論争っていうのがフリースタイルバトルではよくあるんですけど

フリースタイルっていうのは脳みその中に入っているものを何でも使って

武器にして戦うもんだと思うので、そういった意味ではGADOROは

R-指定のネタだろって煽りに付き合わず、いつも通りの戦い方をしていた方が戦えたと思う。

これはフリースタイルバトルのそれぞれのMCのスタイルなんで、

完全に持ちネタをピタっとはめて必殺技みたいに出して決まればそれはそれで盛り上がれば勝ちだし、

GADOROに関しては凄い量の技が頭の中に入っているラッパーっていうイメージがあるだけに

(R-指定は)それを出させないようにした。

R-指定の作戦勝ちをクリティカルが証明しちゃったかなと思う。


”GADORO”:「めっちゃ焦ったというか、熱くなりすぎて…。次はR-指定を殺したいですね」


(2ND BATTLEまで調子が良かった”GADORO”があっさりと敗退してしまった!

 バトルに負けても、彼女に少しでもお金を返してあげられるよう頑張って!)


---------------------------------------


次のリベンジャーは「ラストラップサムライ」こと”ACE”(26)だ。


”ACE”はブラジル生まれ新宿育ち。

バラエティ番組などにも多数出演し話題を呼んでいる。

自ら講師を務めるラップ教室も大盛況!

今年は12月に2ndアルバム「Light down」をリリース予定。


”ACE”はRec.4でチャレンジャーとして登場し”DOTAMA”と対戦したが

隠れモンスターとしての仕事が果たせなかった。


「今回はチャレンジャー側で”DOTAMA”さんに勝つ事がゲームの始まり」

「モンスター達はラップしてて楽しそうじゃないから、本気でバチバチのバトルにしたいと思います」

…と言う”ACE”。


一方、”T-PABLOW”は

「(”ACE”は)バトルが強くても、絶対俺の方が格好いいって自信を持ってます」


果たして、結末は?


---------------------------------------

〈Round1〉 ビートは『Resynthesis / grooveman Spot』


”T-PABLOW”:

こん中でラップやりてぇ奴いたら川崎来い

一緒にやろうぜ

知ってる 金かかんねー遊び方

お前 金とってんのアコギだな

知らねぇ HIP HOPとラッパーの事

勘違いしてる ただの小僧増やすだけ

帰りな ママの元

教えるHIP HOP 習うHIP HOPおままごと


”ACE”:

はい ラップやりたい奴いたら

毎週金曜日 渋谷のTSUTAYA前に来ようぜ

渋谷サイファー 金とってるアコギな商売

今日はラップ使って遊びましょうかい

ただの小僧 お前は単なるおままごと

わかるかな結局 T-PABLOW   (”T-PABLOW”の肩を叩く”ACE”)

俺で倒れて 血出すぞ


”T-PABLOW”:

血なんて出さねぇんだよクソ

ぐらいな感じ 俺の方がイケてるフロウ

てゆうか 金かかんないでラジカセ1個囲んで

ラップ出来んのがHIP HOPじゃねぇのかよ

上がってる リングの中 武器になったんだ貧富の差が

昔まで嫌な人生だったけど

コイツ真剣に使って研ぎ澄ます神経


”ACE”:

全然ラジカセもいらねぇんだよ

魂 そして声だけがあれば

それだけで成立するのがHIP HOPなんだよ

わかってねぇな わかるか?成立しない

俺が貧富の差いやキングと陳腐の差

見せてやるぜこのリングの上お前はリングの下

まぁ結局のところ何がHIP HOPなのか

ここの勝者が一番 HIP HOPなのさ


【判定は?】

モンスター4票獲得で、勝者”T-PABLOW”!!


(LiLyさんのコメントを聞きながら、テレ笑いをする”T-PABLOW”がカワイイ♪)


”ACE”は余裕を見せて「楽しいっすね」「やりがいがある」と言う。

ジブさんが「T-PABLOWは?」と質問すると、”T-PABLOW”が不思議な笑い方をする。


〈Round2〉 ビートは『LAILA / TETRAD THE GANG OF FOUR』


”T-PABLOW”:

また先攻やれて高ぇ モチベーション

今日から絶対俺のとこ来るぜ教え子

教えんぞラップってのは HIP HOPてのは生き方

つまりそれもわかってない奴じゃ無理

わかるレペゼンSuicide 俺 仲間と How High (ここでRさんが手をたたく)

また俺は 仲間と俺は遊びながらやってるだけだ

遊び方は絶対にHIP HOP これだ

ずっとこれでやってきた


”ACE”:

そのフロウなんて誰だって出来る

結局生き方っていうか生き様

わかるか?引き際なんてものはないのよ  (←ここから早口になる)

このHIP HOPのプロってやつを

俺が魅せつけて八つ裂きにしてやるだけだぜ バーカ

君はT-PABLOWでもいい

俺の方が韻吐く子 わかるかな残してくインパクト

またもやインサイドでインファイト

またもや上昇していこうありきたりな韻でも

まだまだ足りないラガーフローも出来るのかな

かまそう騒ごう


”T-PABLOW”:

HIP HOPならば絶対関係ねぇ

ってか いらねぇよ教科書

大事なのは放課後

かっけぇのが正義だろ 嘘じゃねぇ

前歯10本折られて学んだ HIP HOPと礼儀作法  (モンスター達が拍手喝采!)

それが俺の生き方てか

俺 右肩上がりの人生だからやってくだけ

ACEくん  

アコギな商売ばかりしてんじゃねぇよ


”ACE”:

前歯の10本折られた後に

心の牙をACEにポキッと折られて終わり

さらに学ばせてやろうぜ

アコギな商売じゃねぇ I don't give a 〔コンプラ〕だぜ

結局のところは教訓学ぶかもしれねぇ

ACEは今日 暴君

お前がどう来るか知らねぇが直通

いつだって言葉と韻で君の心にショック


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者モンスター”T-PABLOW”!!


KENさんのコメント:

多分このレベルになると、どっちが悪かったかの次元では全くない。

ACEくんがずっと早口でやっててそれも盛り上がるんだけど、T-PABLOWがやってたところって

早口だけじゃなくビートのとり方も最新のビートアプローチで、

「教科書大事なのは放課後だろ!」「いらねぇよ教科書」「前歯10本折られて覚えた礼儀作法」

とか、ほぼリリックがアートに近い歌詞間の世界観。 

(これを聞いて”T-PABLOW”がテレる。”ACE”も拍手を贈る。)

そこに対して、ACEがT-PABLOWの積み重ねてきた物をどの部分で上回っていくかというポイントで

上回り切れなかったと思う。


いとうせいこうさんも「僅差でこういう結果になった」と言うと

”ACE”が「これ 夢ですよね?」と皆に問いかけるが、

《これが現実》なのでバトル敗退となった。


(まるで憑き物が落ちたような”T-PABLOW”の覚醒ぶりだったね!)

--------------------------------------


「Dungeon Guest Live」は”YOUNG JUJU”の『The Way』


(YOUNG JUJU)

KANDY TOWN / BCDMGのラッパー

アパレル界隈を巻き込んだ幅広い活動でも注目を集めている。




*デビューアルバムがまもなくリリース!!


--------------------------------------

(モンスタールームのヒーローインタビュー)w

漢さんが”サイプレスカミノ”くんに

「今日何でこんな確変が?変なクスリでも?」と訊ねると

「それはコンプラです」とサ上さん。w

戻って来た”T-PABLOW”に向かってサ上さんが

「T-PABLOW マジで格好よかったっす」と言ってから

モンスターの人数を数え始め、「モンスターがひとり多い?」

指をしゃぶって座っている人に向かって「勝手に入って来て、誰すか?」と言う。

漢さんが「山上(DOTAMAさんのこと) ちょっと聞いてみろよ」というコトで

その相手とコソコソした後、

「”皆 俺と戦いたい 戦いたいって。 ヤりたい ヤりたいって…

  この変態どもが!”     …と仰ってます」と”DOTAMA”w(通訳が上手い)


そうです! 指をしゃぶっていたのは、なんと”般若”でした!www


--------------------------------------

次回は「モンスターツアーズ!と年間ベストバウト発表!」

あなたの好きなアノ”ラッパー”もきっと出てきますよ~ん♪ 

お楽しみにーーーーーー!!

--------------------------------------




[PR]

by ai-3sun | 2016-09-15 13:58 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-4 [REVENGERS WAR] ”GADORO”が「Monsters War」に出なかったのは?

リベンジャー登場!

今回のリベンジャーは「宮崎のHIP HOP DREAMER」こと”GADORO”だ!

”GADORO”は高2で般若の楽曲に影響を受けたというレペゼン宮崎の24歳。

数々の大会で好成績を収める次世代MC。


Rec5で初登場し、”Mr.Q”と第3ラウンドまでもつれ大接戦の末にクリティカルヒットで敗北した。


”GADORO”:

Qさんのプレッシャーもあるし、レジェンドなので、その人が目の前にいて

殺してやろうという気持ちで行ったけど、その焦り…

自分の思うような言葉が出てこなかった。

色んな箇所から借金があるので、借金を返済して底辺から平凡な生活に戻りたい。

毎日63円のノンフライ麺を食べています。

戦いたいモンスターは般若。完膚なきまでに倒して美味しい焼肉が食いたい!


「”GADORO”よ。今度こそ get the money だ!!!」


---------------------------------------


”GADORO”が1ST BATTLEで対戦するモンスターは連敗中の”CHICO CARLITO”だ!

モンスタールームでCHICOちゃんが漢さんに

「俺 もう クビすかね…。クビになっちゃうんすか?」と問うと

「CHICO、焦るだろ?」とつれない返事。

「焦るっす」と返すCHICOちゃん、スランプから抜け出す事が出来るのか?


〈Round1〉 ビートは『Check The Rhime / A Tribe Called Quest』


”CHICO CARLITO”:

借金まみれのGADORO そして返済できないカードローン

漢さんは新宿アウトロー 俺の出囃子がお前のOutro

借りなら返しに来た お前が掴んだ この髪

本数増やしてるから掴んでみ

逃げも隠れもしないぞ チコカリ


”GADORO”:

借金だらけ クソな金銭トラブル

だが100万円Getって人生のバブル

番組史上で俺が唯一のクズ

そんな奴がCHICOくんに終止符を打つ

わかるかな しっかりと伝えて お前のライムなんて結局はくだらねぇ

D.O 気取り 戦極の12章以来だね お前は出して来いよ勇気を


”CHICO CARLITO”:

俺はもちろん やる気ならバチバチありますけど

俺に打てるわけないぜ 終止符

お前のバブルも弾けて休日が続くだけ

変わりそう?可哀想だぜ早く帰りな宮崎

今すぐ羽田に行ったらギリギリ今日のうちに帰れそうじゃない


”GADORO”:

今日のうちには帰らねぇよ

5万じゃなくて5日 しっかりと仕事がある

スタジオに行き オリンピックBGMのラップかまします

CHICO CARLITO お前よりも 1歩2歩はリードしてる

RINO LATINAばりのフロウで目の前の白蟻を駆除

躊躇もなく殺し 宙を舞う

純度100のフットワークでぶっ飛ばして Good Luck


【判定は?】

モンスター3票獲得で、勝者モンスター”CHICO CARLITO”!!


ERONEさんのコメント:

CHICOの最初の「GADORO お前借金まみれで返せねぇ カードローン」が

いきなり面白いんですけど、GADOROも「唯一のクズ 終止符を打つ」と

しっかり返してる。

でも、それに対してのCHICOの「終止符」と「休日」が意味も通ってるし

ビートも完璧だったんでCHICOに上げました。


〈Round2〉 ビートは『Lost Key(of Bike) / DJ KENSEI』


”CHICO CARLITO”:

俺が白蟻 お前何見てる

俺は何でもありのモハメド・アリみたいにパンチライン打ちまくり

お前は タン タ タン タ タン タ タン タ タン タ タン タ

リズム 遊ぶだけで それじゃただのカス    (←ココで漢さんが笑う)

わかります 俺は沸かす まずバースの上 乗っかってます

結局お前も このダンジョンで首狩られるだけの話


”GADORO”:

タン タ タン タ タン タ タン タ アンタは何だかんだ半端なんだ

何かお前みたいな奴に負けるわけはないわ

俺はビート乗りこなした時に出る言葉 その上でしっかりと吐くさ

お前ラップ明らかに恥さらし

まるで病み上がりか 変えてやるよ 亡骸に

これ以上は二度と俺に楯突くんじゃねぇ

お前の減らず口に ここでピリオドを打つぜ


”CHICO CARLITO”:

ピリオドなんか打たせない 俺が打つのはホームラン Microphoneでな

そして俺が確かに今負け続けて恥さらし ここでまた負けたら立場なし

これは立ち話じゃないぜ 4連敗 だから打ち抜くぜ お前の挑戦者の脳天を

まるで HEAD BANGERZ 俺は見えてきたぜ お前の後ろ側にある俺の道


”GADORO”:

HEAD BANGERZ 全然だ ケンケンパ表現者 俺はいつだって No Penpal

強権者ばりにやってく表現者も乗りこなせれない 俺は未だ少年だ

田舎モンのMCが掻き回す 大都会

これ以外に感化されたものなんざ何もない

陽の目を浴びるにはまだ道は長ぇ

だが伝えてくぜライミングと生き様で


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、勝者リベンジャー”GADORO”!!

…と言う事で、第3ラウンドで決着をつけることとなった。


〈Round3〉 ビートは『シド&ナンシー / 餓鬼レンジャー』


”CHICO CARLITO”:

語るのは生き様らしいが それでただお前は道端

女に金借りて それも返せない 俺は借りならマイクで返すぜ

そして奪い取れ ちゃんと見てみ 生き様語るのはそれなりの奴

ちゃんとお前が歩いて来た道 見せてもらわなきゃマジ意味ない


”GADORO”:

2014年で 俺はFEIDA-WANに負けて

そっから這い上がってクソみたいな人生繰り返した

お前は何年だ?簡単な季節乗り越えて息が上がったクソ野郎が

負けるわけはねぇ 髪の伸び気味きまいか知らないけれども

気持ち悪りぃなら見込みなし お前は家に帰ってしとれ 一人泣き


”CHICO CARLITO”:

一人立ち 未だにこの両足

地元を離れ仲間を夢をリュックに背負ってここに立ってるだけ

超えに来てるのはお前だけじゃねぇんだよ わかれ

つまり俺らが歩く道は俺らだけの道のり 1+1は道なき道


”GADORO”:

1+1 = 2じゃねぇ 2×2 マイナス×マイナスでプラス

上がらねぇ お前クソみたいなうだつ抜かす事もわからねぇだろ

魂を乗せてきたこのマイク一本

常にハイブリッド これが LIFE is HIP HOP

今じゃコイツだけが俺の生きがいなんだ 田舎モンに夢を見せてくれや


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者リベンジャー”GADORO”!!


KENさんのコメント:

ずっと熱い勝負だった。CHICOはどっちかって言うとヒーロー気質で太陽な感じで

GADOROは”俺 クズレペゼン!闇から来た”みたいな光と影、陰と陽の対決になってった。

その中で、最後のGADOROの「マイナス×マイナスでプラス」「田舎モンに夢を見せてくれや」

みたいなところの、(GADOROが)影のヒール役でずっと行ってたところからの

最後の決めのポイントがすごく説得力が強くて凄く良い試合だった。


(CHICOちゃんはこれで、悪夢の5連敗!!)

負けてしまって、手で顔を覆ったCHICOちゃんが痛々しい。


---------------------------------------

2ND BATTLEは、前回”GADORO”に負けたモンスター”漢 a.k.a GAMI”との対戦だ。


漢さん:(”GADORO”に一言)

「ぶっ飛ばすのはこの頭だけじゃねぇ この言葉だ!」

「No Doubt!」「こんな感じです」


逆リベンジに燃えるモンスター”漢 a.k.a GAMI”は”GADORO”の進撃を阻止する事が出来るのか?


「強そうなんでこの拳でパンチラインで一発でのします!」と公言した漢さんだったが…


〈Round1〉 ビートは『Sound Of Da Polico / KRS-One』


Round1の判定の結果は、チャレンジャー4票獲得で、勝者リベンジャー”GADORO”!!


(マンスリー審査員)DARTHREIDERさんのコメント:

とにかく判断が難しい試合で、漢の先攻の攻めっぷりは凄い。超いい攻撃をいっぱい当ててた。

実は、ちょっと前の試合の”GADORO”を見てて、いわゆる全方位型バトルライムっていうか

相手が誰であっても効くようなライムばかりな印象があった。

それが、漢の時にはちゃんと漢に向けて言葉を打ってきたから、戦い方の巧さと、

韻の数は多いんだけれども、決定打を最後の8小節目に持ってきてるっていうのが

バトルMCとして凄いスキルが高いと思った。


〈Round2〉 ビートは DJ DEFLO


”漢さん”:

スイッチが入ればリアルな歌を歌うラッパーだ

お前は単なるワッパにかかったような昔の万引きみたいな犯罪しか知らねぇ

俺は反対にその裏をもっと知ってるぜ

知っとくなら どんなぶんだ こんな音

コンプラは気にすんなって俺には自分で言う

だがここにはない自由を お前は拘束してるぜ

高卒の俺がお前を今日は抹殺


”GADORO”:

ここに自由はあるぜ なんでも発言の自由だ

ならば自由感じゃないよ まるで自由帳 地球上が自由帳

ZONEの言葉のサンプリングしながらもカップリングじゃないよ

この場所で俺はどっぷり浸かってるビート上

流れ出したIntro 興してやるシンドローム

お前は真骨頂見せれないよ 一等賞なれないだろ

金 銀 銅 俺が掴めてやるよ 絶対に


”漢さん”:

何がなれないんだよ

オメェのマイクさばきなんてネタくさくて何なんだよ 馴れ合いなんだよ

名前がねぇだけのMCを見てみろ

お前とはもっと違うハングリーなヤバさを見せつけるだけじゃねぇぜ このスキル

お前は気付いた時にあっと見れば 速攻で命尽きる

だけど今日はジキルとハイド並持つこの態度 ワイドな視野でお前をこの場で殺すだけ


”GADORO”:

馴れ合いはどっちだ

俺はMonsters War 3 on 3 馴れ合いだから出なかった

スケジュール帳 結局はスケジュール予定苦境って言ったけどな

アイツは全部嘘だ クソったれたLIFE

俺は1対1のタイマンでしかバトルやりたくはねぇんだ  (会場に歓声が沸く!)

それが俺のやり口 見せてやる

田舎モンのMC あんま舐めんじゃねぇよ 漢さん


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者リベンジャー”GADORO”!!


いとうせいこうさんのコメント:

最初に漢の方から”お前は使い古しじゃないか”とか、2ラウンド目は

”馴れ合いの言葉が出てるんだろ”とか、相手の服を脱がして

「本当に今思いついた事を言って来いよ!」って言った途端に

「じゃあ 言ってやろうか」って出て来たのがあの言葉だった。

それが勝っちゃった。だから漢は、モンスターとして戦っていて、凄い事をやった。

勝負には負けているけど、それはモンスターの役目だなと思って見ました。


漢さん、逆リベンジならず!!


[REVENGERS WAR]初の2人抜きを果たした”GADORO”!

この勢いで100万円をgetする事が出来るのか?    

--------------------------------------

「Dungeon Guest Live」は”MIKRIS”の

『MATRIX』(Boogie Brew Remix)Prod by.BUSHMIND


(MIKRIS)

REP千葉県の代表Rapper通称”MAD MIKRIS”

Team 44Bloxのメンバー


--------------------------------------

悪夢の5連敗となってしまったCHICOちゃんがカラオケで

「島人ぬ宝」を歌う。


”CHICO CARLITO”:

「モンスターになってから一番いい試合出来たかなと思ったんですけど」

「マジか…」と落ち込む。

「逆にこんなに負けた事ないんで、負け続けっていう……キツイっす」


◇CHICOちゃんはこの後沖縄へと帰っていた。

沖縄でリフレッシュして次なる戦いに向け再出発だ!!


--------------------------------------

***** リフレッシュしたおかげで出来たのかな、このMV


CHICO CARLITO / 『一陽来復 ft.CHOUJI,唾奇 Beats by Sweet William 』のMVが

めちゃめちゃカッコイイです♪



トラックも好きぃ~~~~~~~~~~~~~ ♪♪♪

沖縄の青い海の感じや街の風景に溶け込むライミング…

(だけど、”Creepy Nuts”が出て来たトコでは笑ったー!)


そして、、、

***** 2016年9月21日発売、SECRET COLORS「秘色」から

SECRET COLORS Feat. Bang Da Rhythm(CHICO CARLITO, TENGG, ARISTO )

『We Go』


(メガネをかけてるCHICOちゃんもイケてる!)

思うに、音源が良いのでモンスターじゃなくなっても

CHICO CARLITOのCDは売れるし、ライブも引っ張りだこだからバトルに負けても気にするな~!

--------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-09-08 13:32 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-3 [REVENGERS WAR] 感動した!”TKda黒ぶち”×”T-PABLOW”

今回のリベンジャーは「瞬間最高ラップオブザヘッド」こと”TKda黒ぶち”(28)だ。


昼は会社員、夜はラッパーという異色のMC。

2015年自主レーベル「Timeless Edition Rec,」を立ち上げ代表就任。


”TKda黒ぶち”:

隠れモンスター”ACE”に敗北した原因は「出た!」ってなっちゃったところですね。

隠れモンスターの初の餌食。サ上さん、漢さん、強敵2人通り越して”ACE”かい!みたいな…

そう瞬間的に思っちゃったのが敗因。


戦いたいモンスターは?と訊かれると”般若”だという。

前回は隠れモンスターに負けたが、今いるモンスターの方々に負けたわけではないので

ぶっ倒しに行きます!と笑顔で答える。


”TKda黒ぶち”は勝負に徹したバトルで”般若”越えを実現できるのか?


ステージに現れた”TKda黒ぶち”に向かって、ジブさんが

「フリースタイルダンジョンでは結構人気キャラ」と言うと

「ありがとうございます」と頭を下げる。

ジブさんが「そんな事ない?」と会場の観客に訊くとイェ~~ィという歓声が上がる。

「皆が超楽しみにしていると思うので、ヤバイバトルを見せて下さい」とジブさん。

”TKda黒ぶち”も「お任せ下さい。よろしくお願いします」と答える。


1ST BATTLE で対戦するモンスターは…

なんと、『Monsters War』で同じチームだった”T-PABLOW”だ!


”T-PABLOW”:

『Monsters War』の時のトラウマがハンパじゃない。

負けた分だけ強くなっていたり、これだけ上の世代の人達に揉まれたりすると

スゲェ成長している自分の姿がわかる。

今日はもう1つ上のレベルを見せられる気がします。


ステージに登場した”T-PABLOW”にジブさんが言う。

「今日は本当に裏がピリピリしていて、お前もいつもと違う行動を取っていた感じがするんだけど」

”T-PABLOW”は「自分が会いに来たので大丈夫です、やりたくて」


”T-PABLOW”のトラウマも克服する事が出来るのか?


「もちろん先攻でお願いします」という”TKda黒ぶち”の言葉で始まるRound1です!


〈Round1〉 ビートは『Have a party(feat.50 cent & Nate Dogg)/Mobb Deep』


”TKda黒ぶち”:

そうだよ 俺が求めてたのはこれだ

お前と目合わして バトルしたかったぜ

チーム戦 それはありだが

まずはラッパーのあり方 聞いてみたいな

会いに来た 理由をしゃべってくれ

先攻 後攻 関係なく バチバチやろうぜ  (歓声が上がる)

お前の目つきは本物 俺の目つきも本物だ コラ


”T-PABLOW”:

やってやるよ バチバチ 俺ならば間違い

お前を正すよ ラップの呪い

チーム戦だったら Monsters War

悪いけど 俺 とんがるフロウ

こないだはすみません

もう一回 ラップしに来ましたよ Do It Again ぐらいな感じ

チーム戦 足引っ張った Monsters War

知らねぇ 譲れねぇ音楽業


”TKda黒ぶち”:

うるせぇ そんな事いうなよ お前はリーダー

全然足引っ張っちゃないぜ ヤバいラップしてたぜ

それをちゃんと自負しなきゃ始まらないぜ

そんなdisは 全然尖っちゃない

俺はスルー パ!避けながら またお前をスパッと斬るような

ヤバめな真剣と名刀持ってる ご名答 ここら辺で出してるだけ

迷走してるわけじゃなく ぶつけていくよ


”T-PABLOW”:

ハイハイハイ 早口 飽きた

もっとゆっくりにHIP HOPと杯 交わした

一つも誇り 残さねぇMonster 違ぇんだよ 荷物の重み

言葉の重み 二十歳になったから見せるよ 大人の誇り

TKda黒ぶち 俺は会いたくて来た

俺のやり方 これが俺のあり方


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、リベンジャー”TKda黒ぶち”の勝利!!


(マンスリー審査員)DARTHREIDERさんのコメント:

TKは基本的には全部自分のスタイルっていうか自分のビートの取り方、

自分の譜割で言葉をはめていくスタイルなんですけど

T-PABLOWはそれに対してちゃんと音の後ろに言葉を乗せつつ

TKの熱いスタイルに敢えて乗っからずに捌き、T-PABLOWは試合巧者だと思った。


〈Round2〉 ビートは『The Strong Survive feat.ラッパ我リヤ/DJ MISTA SHAR』


”TKda黒ぶち”:

ところで 俺と何が話したかったの?

そのアンサーがないから 俺はもう一回やるの

別に賛成 あげる歓声

Sunset 浴びるためには こんなのが必要さ

溜めに溜めたフラストレーション

0から123456 すごろくみたいな日々も中身があって

お前とは違うスキルで ここで光る それだけ

目合わせて ラップも出来ないなら去れ


”T-PABLOW”:

目合わせてラップなんて いつだって出来る

わかるか それが俺のやり方だ 昔の俺の街のやり方

じゃあ あんた 攫って拉致してヤキ入れて

鼻から割箸で簡単な話

けど今夜は暴力なんてなんだから 上がってきてるステージ上

死のコーナーも俺はつけねぇブレーキ痕

そうだろバチバチな試合がやりてぇのは間違いない

恥じらいないRhymeで俺が絶対お前に勝つ


”TKda黒ぶち”:

だから 何のために会いに来たのか 全然伝わってない

いろんなやり方があるかもしれない 悪その他諸々

だけど やっぱこれは言葉だ

表現方法使いながらFly highしてくのが やっぱやり方だろ

俺はそっちのコースじゃなかったよ

ただ単にラップが好きな坊主で

だけど ここでそう人生と人生が交わって

バチバチと火花つけて かつ 甲乙を凹凸なくつけてやるぜ

こちらが勝者だ


”T-PABLOW”:

俺だって変わらねぇ ラップが表現方法

PABLOW マイク持ったら 絶対 当然独走

俺が会いに来た理由?あんた選んだじゃねぇか

格好いいからテメェに会いに来たんだ クソ野郎 この野郎 (会場が沸く)

そうだろう?だって 俺があんたを選んだ理由はそれしかねぇぜ

常に俺ならブレないだろうが軸

俺は時空を超えた またも何だ Fly high

悪いけどお前 前言ったようにあんたみてぇな奴は不甲斐ない


【判定は?】

モンスター4票獲得で、勝者”T-PABLOW”!!


KENさんのコメント:

T-PABLOWはTKの勝負に乗りに行ったというか、

一本目のところではしっかり踏みに行く自分のスタイルでいってたんですけど

二本目は相手のペースに乗りに行った。

その土俵に乗ってどうなるかなと思ったところで、T-PABLOWは乗ったのに

しっかり内容もあり、「鼻から割箸」の怖い部分から踏む所は踏んで

ちゃんと自分のいい所も残しつつやれていた。


(『Monsters War』で”T-PABLOW”が自分のミスで負けたんだとトラウマになっている事に対して

 ”TKda黒ぶち”とココで会話したことで、何かが吹っ切れたような感じがするね)

(2人のバトルに感動してちょっと泣きそうになった!!)


〈Round3〉 
ビートは『PASS DA POPCORN feat.NIPPS, K-B(THE HIMALAYA), Mr.Nice(GORE-TEX)/DELI 』


”TKda黒ぶち”:

俺の事 格好いいって言ってくれた奴の前で

ヒヨって後攻とるなんて マジクソだせぇだろう

ここで関係ないまま 終わらせてやるぜ

だけど 俺は次に進むための価値があるから

お前とは違うRhymeがあるって事

首を揺らす プラス この化学反応起こす ヤバめな現象

ちゃんとチェックしてんだろ 俺らと俺らのバチバチ

次はどんな話しようか T-PABLOW


”T-PABLOW”:

俺もマジで振るなら フラスコでしょ

けど この間負けて溜まっちゃってるよ フラストレーション

お前 言った次の次 わかる?俺 ずっとモンスター

〔コンプラ〕白い目でさされてきた後ろ指

むしろ無理 普通になるのはな 1対4

俺ならビートに潜り込む深海魚

スイミングプールみたいな感じ

それはケンドリック・ラマー

わかる?俺はハットトリック入れる点取り屋だ


”TKda黒ぶち”:

その点 俺はゴールキーパー

TKはGKみたいな感じでお前のゴールを止めるぜ

とめどなく 言葉が流れる お前が何?深海魚

そんなのは知んないよ 心配もいらないぜ In fight バーン!!!

打てるぜ このパンチはハード 俺がそうヘビー級なら お前はライト

Do the light Thing シンクロナイズするMIC

お前とは違う インテルよりもやばい即興が入ってるMC


”T-PABLOW”:

何?何?俺がライトだぜって

わるいけど あんた 全くもって 内容がねぇ

確かにいいよ イケてる男 俺が選んだ男だぜ

けど スタイルスタイル古いから MCバトル衣替え

どこの誰?ぐらいな感じで

まだまだスキルが子どもだねぐらいな感じ 俺の前じゃな

わかるかな しょっとけよランドセル

わかる?一発 T-PABLOW ヤベーバースちゃんと蹴る


【判定は?】

クリティカルヒットで、勝者リベンジャー”TKda黒ぶち”!!!


いとうせいこうさんのコメント:

TKda黒ぶちは自分の道をずっとやってるから

なかなか息が切れない状態で、最後の4小節が凄かった。

色んな韻が固まりあっていて、あそこで殆ど勝負が決まった。

T-PABLOWも素晴らしいんだけど、最後の所で少し息が切れたかなっていう感じがあって

TKda黒ぶちに上げました。


(VIPゲスト)HUNGERさんのコメント:

凄くフリースタイルが上手い人はある種の爽やかさがバトルにある。

それがTKda黒ぶち君の持ち味だと思う。

最初は気合が入りすぎていると思ったけど、最後には爽やかさも伝わってきて

本来の姿になったのかな、なんて思いました。


”T-PABLOW”は「やー、ちょっとここで勝ちたかったですね。ホントに」という言葉を残し退場。


---------------------------------------

2ND BATTLEで迎え撃つモンスターは前回も対戦した”漢 a.k.a GAMI”だ!

ジブさんが「リベンジャーだらけという事で、フリースタイルダンジョン上に

怨念みたいなものが渦巻いている感じがするんだけど」と言うと、

漢さんが「今日 怨念系ですか?」と”TKda黒ぶち”に訊く。

「バリ怨念系です!」と答える”TKda黒ぶち” www


〈Round1〉 ビートは『Down 4 My N's / C-Murder.Magic & Snoop Dogg』


”漢さん”:

何だよテメェ Lick-Gみてぇに高校生でもねぇのによ

ハイスクールでもねえのに後攻とりやがって

あーだこーだうるせぇ その戦法

俺は先公みたいにオメェにガミガミ言うつもりはねぇ 単なるおまけ

お前は出しゃばるつもりもねぇんだったら

俺が今日はテンパるまで付き合ってやるぜ

テメェみてぇに餅つきみてぇに何度も俺がストッピングするだけ

ストップはしない 俺のラップだぜ


”TKda黒ぶち”:

こっからスタートさしてやるぜ

それはそう 後攻とりたくなるぜ

やっぱそう それはモンスターならば 先攻こなすのがお仕事じゃないんすか

ナイスなRhymeがここら辺で炸裂するぜ

怨念系は嘘 空想 頭の中で描きながら行くぜ 

そこらへんに並べたクソなShitとはちょっと違うぜ

漢さん リベンジャーと思いきや 1勝1敗

つまり0からフラットスタート そんな話したい


”漢さん”:

つまりは俺の方がリベンジャー

テメェの事をペンチでマジで歯抜いてくる

ガタガタ言わせるぐれぇやってやるぜ

テメェは先攻とった 怨念系どころか

オネエ系の〔コンプラ〕だろうがバカ

ふざけんじゃねぇよ お前みたいなバカは

俺がこの世の中 わからせてやる

お前は握ったラップじゃねぇ マイクじゃねぇ

テメェが使った小細工は俺には通用しねぇ


”TKda黒ぶち”:

通用させるぜ ここが通用口

オネエ系?ではないぜ I'm a TKda黒ぶち On the microphone

つまりあなたが歯を抜くなら歯医者 勝者 敗者

I know I can それを体感してるぜ

何のガイダンスかわからないが階段登る

速度出してくぜ もう一回あの負けを伝えるよ

つまりそう1勝1敗 リベンジャーだとしても

リベンジャーの皮被ったモンスターが Don't stopさ


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、勝者リベンジャー”TKda黒ぶち”!!!

(”嘘 空想”とか”歯医者 勝者 敗者”のところとか上手い!)


〈Round2〉 ビートは『BBB 横浜 北部 mix / BEAT 奉行』


”TKda黒ぶち”:

やっぱり漢さんの目つき見て 俺は心が変わった

テンパってるのは間違いはねぇさ

でも一秒前の自分を変えるために選んだ先攻

変えてく現状 ぶっ壊す天井

その上でEnjoyしてるぜ そんな感じさ

ここは戦場 炎上 大炎上 Bomb Bomb Fire

こないだと同じセリフ 首を切り裂くRhyme

こんな感じでどうすか 漢さん


”漢さん”:

どうすか漢さんって言われても Fireつけたら

俺は吸うのは〔コンプラ〕だけど 俺はたいしたことねぇ

〔コンプラ〕吸うだけだ

俺だけど 俺はこんなコンプラかかるようなこんな現状じゃつまらねぇ

謙虚に緊張してるかもしんねぇけど まるで夏になったお前は蚊のように

俺がキンチョールで退治するように簡単にのすだけなんだ

お前は俺にはもう手出しは無用だ


”TKda黒ぶち”:

キンチョール まるでさんピンのスプレー

俺の大技 漢さんにジャーマン・スープレックス ボーン

ここでノックアウトさしてる K.O.

KOK 今週末よろしくお願いします

俺はヤバイ空気 吸ってるぜ

CO2の中から飛び出したヤバめなMC

テクニックをちゃんと活かす 満たす事が出来るかな自尊心

その前に日本人が日本語使ってラップさ


”漢さん”:

そんな空気だったら 俺は吸うのは煙だけど

俺はクッキーとか美味しいもん食ってるぜ

その中身は何?って ガミガミうるせぇな

俺はパンツの中身まるで勝新が隠してたみたいに怪しいもんだぞ

お前に文句はねぇ モンスターのはずだ

お前が2ndアルバム出す前に

俺は怪しいセカンドバッグの中に溜めこんだ

そんなRhymeでブチ込ますだけなんだ


  * ジャーマン・スープレックス :プロレスの投げ技


【判定は?】

なんとクリティカルヒットで、勝者はモンスター”漢 a.k.a GAMI”!!

(↑この判定おかしくない?クリティカルではないでしょ。)

(ネット上でも度々言われてるけど、やはり審査員がコントロールしてるのかな...)


ERONEさんのコメント:

TKda黒ぶちは先攻後攻を選ぶのがすげぇ上手い。

GAMIがもし黒ぶちより早口をすると負けるとか

そういうのも計算なのかノリなのかわからないんですけど。

(でも、漢さんの)ストリートリリックを出されると格好いいっすね。

「言うん!や」みたいな。そこで黒ぶちが圧倒してるかと思ったが

GAMIさんの一発で決まった。


”TKda黒ぶち”は

「勝新さんの件の時に、ガチで勝新さんに見えちゃって気の負け方ですかね」と言い

コンプラを外した漢さんの前に2ND BATTLEで敗退となった。


----------------------------------


「Dungeon Guest Live」は”THE BASSON”の『FUNKY WEPON』


(THE BASSON)

DARTHREIDER a.k.a Rei Wordup 率いる

ドラム、ベース、ボーカルの3ピースファンクロックバンド


◇ アルバム『WE ARE THE SASSONS』発売中!


----------------------------------

バトルでは負けてしまったけれど、”崇勲”さんの辛口採点では、

「TKda黒ぶち……。内容、ライム、フロウ、眼鏡…………100点!!!!おめでとう!!」だってw





ちょっとスーツの感じが…   w


☆ 次回は”GADORO”登場!リベンジを果たせるか?

----------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-09-01 14:33 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-2 [REVENGERS WAR] 二人目のリベンジャーは”掌幻”

バトルを始める前に『DOTAMA THE ANSWER 100』を先にやっちゃいましょう!!

(Rec.2-2で”DOTAMA”さんに質問した、あの続きです)


Q6. どんな少年だった?

D: 「幼少期は喘息気味だったので、両親が気を遣ってくれて

   スイミングスクールに通わせたので、喘息は解消されました」

Q7. 得意な泳ぎは?

D: 「平泳ぎです」

Q8. 家族構成は?

D: 「三兄弟の長男。両親が学校の教員、祖父も学校の教員で校長先生。

   ひい爺さんも学校の校長先生で地元の小学校を作ったという完全に教員一家。」(←スゴイ!)

Q9. ラッパーになって家族の反応は?

D: 「両親は失望しましたね」 (でも、最近の活躍をご両親は喜んでいるとのこと♪)


......ということで Rec.4-2 Are you ready?

  

----------------------------------


Rec.3で登場した「下町のイリュージョンハンター」こと”掌幻”(27)が今回のリベンジャーだ。


ラップ講師とアルバイトをしながら生計を立てているという。

様々な大会で輝かしい戦績を残している実力派MCだ。

Rec.3では4TH BATTLE で”R-指定”と対決し、ハイレベルなバトルを繰り広げたが敗れてしまった。


結婚資金を稼ぎたいという”掌幻”に対して迎え撃つモンスターは”DOTAMA”だ。


”DOTAMA”が登場するなりジブさんが「ちょっとカミソリ負け?」と左頬のアザを指摘する。

「キスマークかと思った」とさらにジブさんが言うと

ちょっと間を置いてから「カミソリ負けです」と”DOTAMA” www


〈Round1〉 ビートは『McLaren / AKLO』


”掌幻”:

アンタとやれて なによりだぜ

だけどしてるぜ カミソリ負け

昨日はしたぜ 祝賀会 でもこの絆もすぐ崩壊

マジだぜ そんな速攻させちゃうぜ涙目

次は違うぜ 悔し涙

お前なくなる モンスターの立場


”DOTAMA”:

確かにしてる カミソリ負け

でも勝つのはマジ俺だぜ

込めた絵描く このスケールのでかさ

してんじゃねぇよ 話 ダイエット

今日は殺しちまうぜ このマイメンを

お客さんも言う 見事と

掌幻くんの死後硬直


”掌幻”:

殺されるのマイメンも

でもDOTAMAさん見えないぜ 解決法

今日も乗っかる Turn Table

出てもアンタはダイジェスト

されるぜ カット その首も一緒

モンスターとしてのアンタ 器じゃない

客が薄ら笑いするぐらいのショボさだ

どうしたDOTAMA


”DOTAMA”:

昨日の友は今日の敵

でもこればっかりはどうも出来ん

掌幻くんにとって俺は超強敵

お客さんも声上げる この俺に

オメェは奥さんいるが 友加里さん

俺が奪います オメェはしてろ〔コンプラ〕 (←だから不倫ネタはダメですって(^^;)

カスじゃねえの


不倫ネタにもかかわらず、判定はチャレンジャー2票、モンスター3票獲得で勝者”DOTAMA”!!


ジブさん:「友加里さん奪っちゃうって出ましたね。

      ああ見えてDOTAMAさん、実は夜は結構ドSな感じなのかなぁって思っちゃいました」

UZIさん: 「マイク握るとドSですからね」

ジブさん:「マイク握られてもドS」

UZIさん: 「そういう事ですね」   (ん?どーゆーこと?)


〈Round2〉 ビートは『Shimmy Shimmy Ya / Ol'Dirty Bastard』


”DOTAMA”:

マイクを持ったらドSだな

まるで凶器 これスパナに見えてくるぜ

もしくは金属バット 韻を踏まんとラップは成立しないと

君に教わったんだ マジで認めてるが

やっぱり仕留めに来てる 俺

オレオみたいに食べる 俺


”掌幻”:

本当にドSかな これ掌幻が超えるバターン

つまりなくなる何度も立場が

ガッツリ ハマってるぜ勝ちパターン

ここは下手な事を言う舞台じゃねぇ

俺の女は友加里だけ (← 友加里さん♡愛されてる♡)

嫁に言っとくぜ いつも Smile again


”DOTAMA”:

友加里だけ 無駄に堅ぇ韻は俺の方だぜ

楔をガスッと刺す

俺はそんな怒り ぶちまける事が可能

負けるぜ自業自得 お前はお家で〔コンプラ〕

俺は冷静沈着 掌幻でっけえ〔コンプラ〕


”掌幻”:

一人で××るわけなくない?嫁いんのに

お前 俺の嫁が欲しいって お前さぁ

ファンキー加藤みてぇな事言ってんじゃねぇよ (←まさしく)

欲しいのBaby なら見せてあげて抱かせてあげたい その手に

それぐらいは仲良しだ

でもここで殺しちゃう もうない後書きが


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者リベンジャー”掌幻”!!

(この判定に、”掌幻”が「そういうこと言うからですよ」と”DOTAMA”に釘を刺す。)


いとうせいこうさんのコメント:

変化の技を出すモンスターと、パンチを常に同じリズムで打ち続ける完全正統派の戦いが

第1ラウンドは様子見だったが、第2ラウンドで「仲良しだ」から「後書きが」のあそこで

スパっと決まった時に、キレイなパンチ打ち続けた人が撃ち抜いたってところに点をあげました。


ジブさんが「嫁攻めたところが敗因風になってるけど」と言うと、

”DOTAMA”が「手出すわけないじゃないですか」 (ジブさんそれを聴いてへへへ…と笑う)

「親友なのでないでしょ」と”DOTAMA”  …とゆーことで”DOTAMA”は敗退。


次の2ND BATTLEで”掌幻”と対戦するのは”サイプレス上野”だ。

覆面3人組で登場のサ上さん(?)

その中の一人が覆面を取ると、なんと”押忍マン”だった。

”押忍マン”:「今日のRevengers warに自分が呼ばれてないのが悔しいぜ。うぇいよ~!」


もう一人の怪しい覆面の男が「ウエノ カツ!」と言うとTV画面のテロップに

「崇勲?」の文字が…www


サ上さんんは、”サ上さんのファン”という友加里さんの心を握っているというが

果たして”掌幻”を打ち破ることが出来るのか?


〈Round1〉 ビートは 『カルマ / PONY』


”掌幻”:

最後まで帰る気はねぇ

どうでもいいけどアンタは何か 前フリ長ぇ

落とす?経費で?     (サ上さんが太っ腹ゆえ、覆面を観客に投げていたので)

俺 このステージから落とす 平気です余裕

アンタ マスクかけてプロレスラー?

怪我すんぞ 付けとけプロテクター

怪我する前に帰るか医者行け

コイツにはないぜ意外性


”サ上さん”:

意外性ないの マスク脱いだら

出てきましたよ この顔がそうサ上でーす

わかってる奴なんか当然いるかもしんないけど

ステージエンターテイメント 前フリが大事でーす

そういう事もわかんないでラップだけしてる奴には

結婚資金 貯めるの結構キチーよ

あと一発逆転で何かやろうなんて

人生計画 全然出来てねぇ


”掌幻”:

人生計画 でもMicrophone握って10年

まだまだ俺は死んでねぇ奴 この墓場じゃねぇ

アンタは長すぎるからやめてくれって言ってんだ 前フリ

この場所 俺が耐え抜き バトルならばないぜ 相打ち

わかる アンタ大好き

だけどRhyme Rhyme ボインでパイズリ

これが会場の上げ方 エンターテイナー

アンタまだ変な事ばっかやってら


”サ上さん”:

ああ 前フリ 長かった後に速球来たから

マジで打っちゃうぜ 俺はタイムリー

こいうもので お前を逆転していくこのやり方

わかんないと一生なれないぜ エンターテイナー

あと友加里 俺のファン 俺は愉快 お前は不安

わかってる?俺の写真ばっか撮ってるじゃん

奥さんにちゃんとあげた?30万

自分で使ったら人生 それは全てがパー


【判定は?】

クリティカルヒットで、モンスター”サイプレス上野”の勝利!!

(画面に映るモンスタールームでのモンスター達の喜び方が尋常じゃない!!w)


ERONEさんのコメント:

上野くんの意味も通ってて、Rhymeも「結婚資金」「結構キチー」とか

掌幻が積み重ねてたパンチを一発でひっくり返す上野のキレイなカウンターが

今日は全部決まってる。

それに対して「相打ち」「タイムリー」「Rhyme ボインでパイズリ」と掌幻も凄かった。

掌幻が打てば打つ程、上野のカウンターがキレイに決まるって言うんですかね。

上野の方が内容性やキレイにアンサーが決まってるなぁって感じです。


DARTHREIDERさんのコメント:

フリースタイルダンジョンの前に観た上野の試合で、僕は上野の勝ちだと思ってる試合が

結構あって、その上野の強さのポイントが、今日は皆にもわかり易く炸裂してる。

特に前フリから出て行ったエンターテイメント論をずっと語ってるんですけど、

そこって完全にココに落ちて下さいって落とし穴を提示しているわけで。

掌幻がそこに飛び込んだ上にエンターテイナー論で1本目に返してんのに、

2本目でまた前フリが長いって話をしてしまったっていうところが、上野の罠にハマっている。

さらに「友加里」「愉快」と「ファン」「不安」ていうシンプルで分かり易いライムなんだけど

テクニカルな事をしないでもスポーンって耳に入れてくるっていうのが

実はテクニカルなんだぞというのを上野が教えてくれた素晴らしい試合だった。


最後にジブさんが”掌幻”に「俺とかも(結婚式に)呼んでくれたら、お祝いを持って行くし」

と言うが、”掌幻”は少し釈然としない表情だ。

「よろしければ、友加里さんに向かって『Perfect Queen』を歌わせていただきます」と

ジブさんが言うと、会場がどよめく。  (贅沢過ぎるぅ~~~~☆彡)

これには”掌幻”も「あざ~~~す」と返事をする。


(でも、結婚資金は自らの手で掴みたかったんだよね、、、( ノД`)…)


----------------------------------

「Dungeon Live」は”KEN THE 390”の『ROCK THE HOUSE』


(KEN THE 390)

自らのラップはもちろんイベント/レーベル「DREAM BOY」の運営まで精力的に行っている。


”ハットの貴公子”と呼ばれているけど、この日はハットを脱いでグラサン姿でライブ!

洗練されたラップとスタイリッシュなファッションで女子のハートを釘づけ!


◇「ロック・ザ・ハウス」EP  Now on Sale!!

  デジタル配信&タワレコ一部店舗で好評発売中!!


----------------------------------
 
(般若ルーム)

山下:「ちょっと待てよ!あれは違ぇーんだって!」

   
   「嘘!”シンリー♡”って入ってた!誰?」


   「あれは男だって」


   「絶対 嘘! さよなら」

 
(安心して下さい!景子ちゃんも健在です!)

----------------------------------

「SUMMER BOMB 2016」 Abema TVで放送してましたね~!

忙しくてちょっとしか観れなくて残念だったけど。。


般若さん素敵でした!  (ダンジョンライブは今度そこご本人の声で!!)


----------------------------------

「ヒルナンデス」にACEとDOTAMAが出演。(その為だけに録画したよ!)

加藤シゲアキとハリセンボンを褒めちぎるというラップ対決!

ノリに乗ってる二人なのでエンドレスになりがちだったけど…(笑)


ACEさんの「じゃねーよ」効いてたね~!

”B BOY PARK 2016 MC BATTLE”で優勝して、さらに勢いがついたみたい。


[REVENGERS WAR]での”ACE”の活躍に期待が高まりますなぁ...(^^♪


----------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-08-25 17:41 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-1 [REVENGERS WAR] 一人目のリベンジャーはLick-G

Rec4は、season1で注目を集めた5人のリベンジャーによる[REVENGERS WAR] です!!


=リベンジャーの紹介=

◆ 掌幻 (Rec3に登場。固い韻を決めまくり、全てクリティカルでモンスター達を倒し

      4TH BATTLEまで進出した実力者。)

◆ Lick-G (Rec3で登場した現役高校生。初戦で”T-PABLOW”を指名したが

       クリティカルで負けた。汚名返上なるか?)

◆ GADORO (Rec5で登場。1stも2nd BATTLEもクリティカルで制し、

       ”Mr.Q”とも名バトルを繰り広げた。)

◆ TKda黒ぶち (Rec4で登場し、得意の高速フロウで3RD BATTLEまで進出したが

         ”ACE”にまさかの敗北。)

◆ ACE (Rec4で”TKda黒ぶち”を隠れモンスターとして倒した”ACE”だったが、

     再び隠れモンスターとして戦った”DOTAMA”戦で完全に会場の空気を持って行かれ敗れた。)



ジブさんが”掌幻”に、「Monsters War」では”掌幻”がヤバかったんじゃないかっていう

Twitterを相当見たと言うと、”掌幻”が「僕も見ました。三等分しちゃったんで」

「今日は山分けでないのを頂いちゃおうかと思って」と答える。


”TKda黒ぶち”はジブさんに「よろしくお願いします。」と挨拶してから

「今日バッチリっすね。驚くぐらいバッチリ!みんなバッチリだったんで、

 500万円持ってっちゃうんじゃないかって」


”GADORO”は「100万獲って、元カノに借金返そうかな…」(← ԅ( ˘ω˘ ԅ)100万獲らなくても返そう!)


”Lick-G”は、「みんな1回戦負けじゃない、俺以外。

 実際、一番リベンジしたいのは俺って事をわからせたい!」


ジブさんが「”ACE”はそもそもは隠れモンスターとして出てるんだよね?」と訊くと

”ACE”は「僕をモンスターとして選ばなかった”テレ朝”にリベンジかましに来ました」という返事w



[REVENGERS WAR]で、リベンジャー達は賞金を手にすることが出来るのか?

         
---------------------------------------

最初のリベンジャーは「逗子のHIP HOP侍」こと”Lick-G”(17)

イギリス人の母を持つ現役高校生ラッパー。

対して、迎え撃つモンスターは”CHICO CARLITO”だ。


〈Round1〉ビートは『Hoo! Ei!Ho'98 / YOU THE ROCK★』


”CHICO”

中学生の頃から知ってるぜ Lick-G

背がデカくなったけど 態度もデカくなって一丁前

童貞はもう捨てたんすかね?

俺は Make money money Make money money

でもまだ恵まれないから マイクでまた掴むだけ

Catch the groove おい

どこ見てる こっち見て返せ


”Lick-G”

態度デカくなってないよ

ビートで見せてくだけの俺なりの態度

ジキルとハイド ここでわからす技術の違いを

ごめん中二の時に CHICOさんと会った

その時には童貞捨ててた ごめんなさい Mother(コンプラ)


”CHICO”

いい感じじゃん (←なんか動揺して苦笑い?)

OK ジキルとハイド 最初で最後

My flow 才能解放してるけど 音の上に乗っからないと

お前 500万どころか1銭もねぇぞ

○△@×? 中身薄っぺらでまるで一反木綿

童貞捨てたのはOKだけど これが本音


”Lick-G”

これが本音 何がOK マイクならば常に No pain No again

結局 童貞のアンサーが返せてないから

解さない 大差ない 倍ヤバイスキルで未選択

お前の言葉 マジでくだらねぇ 足らねぇ 足らねぇ

時の流れだけど俺は500万 番組は赤字


【判定は?】クリティカルヒットで勝者リベンジャー”Lick-G”!!


KENさんのコメント:

そうですね。もう本当僅差のクリティカルだと思って。

パンチの数が”Lick-G”の方が多かったからこういうジャッジになっちゃったかな。


(マンスリー審査員)”DARTHREIDER”さんのコメント:

一回し目、CHICOがいろいろ仕掛けたんですけど”Lick-G”が返しで

前半の4小節と後半の4小節、一回ずつ間を作って

わざとポケット作ったぐらいの余裕を見せた後に、結構完璧に決めた。



2ND BATTLEで対戦するモンスターは”サイプレス上野”だ。




”サ上さん”

どこ行くんですか?待たせたね 美少年

生意気な態度がかなりキモいぜ

偉そうなのが売り?なら送り返すよ 逗子の海

チャプチャプ溺れちゃう?マジで逗子の中から深海

逝っちまったらお前が心配

中二で童貞捨てたのは嘘でしょ


”Lick-G”

逗子の海 相手にならねぇ 出せよ次の首

この即興嘘じゃない ラッパーは常にリアルだから

さっきのお前のRhymeくらだないから 俺の言葉でまたやっていくだけだから

俺の方がフロウ ヤバい フロウ ヤバい

まるで固形みてぇにBlow Ya Mind


”サ上さん”

だからBlow Ya Mind どこ見てんだ坊や

ヤバいと思ってるかもしんないけど お前死んで頂戴しようが

将来がない 思ってる マジで(コンプラ)みたいな顔してるけど

お前(コンプラ)? 白昼夢入れるぜ 間違いなく お前クズらしいね

俺とお前では神奈川県の器が違ぇ

やってやるから俺が先輩として

こんな向いてる奴は絶対に相手にはしねぇ (”向いてる奴”というのは”Lick-G”が反対側向いてるから)


”Lick-G”

相手にはしねぇ言ってる割には 全くビートにもハメれてねぇ

器が違ぇ?器じゃない

マジ革命はテレビには映らない

それをひっくり返す為にまたマイク握ってやってくだけ

マジくだらねぇ さっきも童貞が嘘とか 本当って言ってるのにマジで頭悪ぃ


【判定は?】モンスターが4票獲得で、サ上さんの勝利!!


〈Round2〉ビートは『KWSK / K.W.S.K』


”サ上さん”

今日の楽屋はピリピリしてる Like a 山椒

それぐらいピリッときてる

フリースタイルダンジョンのステージに参上

今日もやってやるよ この勝負

革命 テレビに映らない?

今やってるテレビ知ってる?

テレビにしっかり映ってる


”Lick-G”

テレビに映ってるって事は 俺が革命起こしてるって事だろ

マジでダセェ 山椒とかマジくだらねぇ さっきジブさん

反応遅ぇとかじゃなくて 反応なし 山椒なし マイクは環頭太刀

格好悪い Wackの残党狩り

俺が魅せてくだけ俺のフロウで皆 頭揺らせ


”サ上さん”

参照 悪い マジで山頂だし やってやるぜ 俺には山頂なし

つまりテッペンなんかいらない 上がるだけ

お前より 成長期が長いぜ

お前よりも マジ どんどん上がっていくから

お前はまた今度遊びに来てくれねぇ だってHIP HOPが俺のアモーレ


”Lick-G”

また今度 そんな事ない

また今度なのはこっちの方

だってスキル無ぇ 甘ったるいアラモードみたい

いらないそんな奴 カスなラップじゃ勝てないから

さっきのアンサーも結局無ぇじゃん

革命を映すノワール 撃つぜ弱点


【判定は?】 クリティカルヒットで勝者”サイプレス上野”!!!



いとうせいこうさんのコメント:


サ上の試合の上手さがずっと光ってた。全部拾っていくという

サイプレス上野の凄さが一番よくわかった。

特にギル・スコット・ヘロンの「革命はテレビに映らない」って事を

”Lick-G”が17歳で言って、おぉって思うと

「だったら映ってるお前の革命じゃねぇじゃん」っていう返しは

あれは見事な返しで本当に基礎的に徹底したサ上のやり方が

この試合の巧さに繋がったと思った。



”Lick-G”はリベンジならず!!!

しかし、今回の戦いでついに4連敗になってしまった”CHICO CARLITO”が

カラオケで『ひまわりの約束』を歌いながら

「”Lick-G”との試合の負け方は本当に自分の中での一番悪い感じの負け方だった」と反省。


CHICOちゃん、次こそ自分を取り戻せ!!!

(でないと、モンスターの座を狙ってる”ACE”にチェンジさせられちゃうかも!?)


----------------------------------

Dungeon Liveは、今や実力人気共にNo.1の”DOTAMA”☆彡

(”DOTAMA”)

 栃木県出身。練られた歌詞で独自のラップミュージックを表現。

 バンド「FINAL FRASH」としても活動中。


『HEAD』 / DOTAMA





◇100年経っても新しい『ニューアルバム』好評発売中!!

----------------------------------


(エンディングの般若ルーム)

般若がいつものバスローブ姿で景子ちゃんを抱きかかえている。


山下:「般若くん 私もう別れたい」 ←外国人風のたどたどしい日本語で

   「なんでだよ!」

   「私 携帯 見た」

   「あれは違ぇって!!」


◇ 次回 8/23放送では、”掌幻”がぶちかます!らしい ◇


----------------------------------

[PR]

by ai-3sun | 2016-08-11 18:27 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン(SPECIAL PROGRAM) ”Monsters War”-後編-

地上波”Monsters War”の後編は、抜群のコンビネーションのTEAM”DOTAMA”と

変幻自在のフリースタイルでヘッズを魅了するTEAM ”R-指定”との決勝戦です!!



 ビートは『DON'T TEST DA MASTER』/ BUDDHA BRAND


”DOTAMA”:

平然とSMACK IN YA FACE 非凡な才能 見せるぜ このMicrophone

”Dragon One”:

表現はAs ONE 賞金は100万 上げろお客さん 落としてやる爆弾

”掌幻”:

ボーン!爆弾落とされた マジでザコい HIDADDY 足手まとい

”DOTAMA”:

ヘボイ関西 せこい漫才 手取り何万? 100万はやらん



”HIDADDY”:

Don Don Don't Test da Masterどう?どどう?DOTAMA 童貞捨てました

”KOPERU”:

そういうところで見せつけよう 俺らには強い童貞がいるし

”R-指定”:

ミスっても関係ない こいつらが爆弾なら爆弾処理班や

”KOPERU”:

処理班 処理班 まだまだ行けるな Try Again



”掌幻”:

あっ キャラキャラキャラだけども 何だかバラバラだな

”Dragon One”:

あれ?しかも関西勢 あれ?思ったよりつまんないぜ

”DOTAMA”:

クソな関西衆 こちらのスキルは犯罪級

”掌幻”:

まだ序章スタンバイチューン 俺らに声上げりゃ案外通



”HIDADDY”:

スニーカー スニーカー 革靴 好きだ好きだでも堅物

”KOPERU”:

堅物だからお陀仏 次に見せつけよう これTake 2

”R-指定”:

お陀仏 つまりは南無阿弥 誰に何を言われても 関西だ

”HIDADDY”:

下手ばっかが出しゃばんな HEAD BANGERZとコッペパンだ



”掌幻”:

コッペパンだ BEAT乗ってたんだ あっ コッペパン 水つけたら溶けちゃった

”Dragon One”:

何言ってるの?解んないな 関西はここらで完敗だ

”DOTAMA”:

踏んでたね「革靴」 でもコンビネーションがばらつくから踏む

”掌幻”:

はい 掌幻 出てくるぜ またすぐ 俺が豪球投げれば空振る



”HIDADDY”:

空振ったって ホームランか だけど ここで俺ら葬れないぜ

”KOPERU”:

葬れないからホームレスみたいな人いるけど 大丈夫 次でかます

”R-指定”:

三人揃った 四番打者 お前ベンチに引っ込め ど真ん中から打ち込む

俺らヤバい昇り龍 誰に言われても 道頓堀流 
(←「道頓堀流」を3人で左手をあげ声を揃える)


【判定は?】3票獲得したTEAM ”R-指定”の勝利!!  





”HIDADDY”:

100万獲ったろ この場所で わかる?もちろんチームR-指定

”KOPERU”:

R-指定だから AREA AREA 超えて 関東に戦いに来たんだ

”R-指定”:

AREA AREA そして撃破 撃破 やっぱ宇宙で俺は俺だけだしな

”HIDADDY”:

錆びた方位磁石など使えねぇ 錆びたお前らの頭痛くねぇ?



”DOTAMA”:

ヒゲ ヒゲ とっちゃん坊や お前らのスキルはそんなもんか

”Dragon One”:

始まったぜ 関西 関西 上がれフリースタイルダンジョン万歳

”掌幻”:

ダンジョン万歳 ライムが犯罪 このまま まだまだ マジ止まんない

”DOTAMA”:

ピョンピョン跳ねるなよ DJ OZMA  
(”KOPERU”が跳ねてる?)

死んでる僕ちゃ~ん



”HIDADDY”:

DJ OZMA? いや押忍マンの方が好き

”R-指定”:

Bounce with me Bounce with me Bounce with me Bounce with me こいつら用済み

”KOPERU”:

用済み 大澄 大澄みより 俺らのAREA AREA どこまでも

”R-指定”:

OSUMIだったらBIG-O お前もっとマシな韻踏もうぜ



”掌幻”:

OSUMIでも掌幻とDOTAMAとDragon Oneが超好き

”Dragon One”:

そう掌幻のあとNo Pain Gain 挑戦状受け取って フォーメーションで証明しようぜ

”DOTAMA”:

O?O? OSUMIってO OZROSAURUSのOだろ これは

”掌幻”:

これがOZROだぜ Microphoneを握れば もちろんヤベェ



”HIDADDY”:

もしろんヤベェ でもくだらねぇ 比べてるラベルが もちろん剥がせ

”KOPERU”:

東京より西っていうところ 見せる為に お前ら撃破

”R-指定”:

東京より西 つまり関西 俺がやってくぜ 浪速の伝統芸

べしゃりのスペシャリスト 桂米朝 こいつら三人の〔コンプラ〕
(←3人で声を合わせて〔コンプラ〕)



”DOTAMA”:

〔コンプラ〕でも僕がお客さん上げるイマジネーション

”Dragon One”:

わかるだろ意外にPlay もうダセぇから俺は自家製の言葉で

”掌幻”:

今見てるもんがイマジネーション 関西から来て何暇してんの?

”DOTAMA”:

暇してんの?しかも司会業はジブさんだよ アンタじゃねぇんだ


【判定は?】  クリティカルヒットでTEAM”DOTAMA”の勝利!!


LiLyさんのコメント:

結構ベストぐらい、私ヤバイもの見せてもらったなと思っていて、

「司会と言えば桂」「でもお前らがやってるのは〔コンプラ〕」の時、

DOTAMAさんの返しが「いや、こっちはイマジネーション」

「お前たち暇なの?」からの一番最後に会場が今日ちょっとだけ思ってた

”HIDADDYさん、本当は司会がやりたいのかな”って、でも

誰も言っちゃいけない事を言うって所が、キャッチコピーの”ディスの極みメガネ”過ぎて

ヤバイなと思いました。


カンニング竹山さんのコメント:

凄いムーブメントになりそうなものを俺は今見てるというのがあるんで、

2016年の前半はベッキーで持ち切りでしたけど

来年再来年はフリースタイルダンジョンが凄い事になるんじゃないかなというのを

ひしひしと感じました。


《TEAM"DOTAMA”は優勝賞金100万円獲得!!》

---------------------------------------


(舞台裏で)

”KOPERU”「リベンジしたいな」

スタッフが「次また機会があったら見せて下さい」と言うと

”R-指定”「リベンジしたいです」 ”KOPERU”「お願いします」


一方TEAM"DOTAMA”では、

”Dragon One”「100万Get!有言実行」

スタッフが「おめでとうございます」と言い、”DOTAMA”が

「本当にありがとうございます。皆さんのお力添えのおかげで獲る事ができました」と返事をする。

(こういう時は、本当に謙虚だ!w)


---------------------------------------

この日の「Dungeon Guest Live」は『JAPPCATS』/ HUNGER


”HUNGER”

ヒップホップユニットGAGLEのMC。東北から雪ノ革命を起こした無二のラップアスリート


「俺が凄く影響を受けたアーティストの名前を1分半で70以上のアーティスト名を全部言い切ります」

…という事でラッパーさんの名前がどんどん出てくるのだけど

何だか「ポケモン言えるかな?」を思い出してしまったwww 

(「ポケモンGO」が流行ってるもんで、不謹慎でごめんね)


ちなみに、ロシアでは「ポケモンGO」は悪魔のゲームだといわれ、

代用アプリのモスクワにゆかりの深い人物と会えるゲームが配信されるらしい。

全然楽しそうじゃないなぁ。。(;^ω^)


Augmented Realityで好きなラッパーさんに会える「ラッパーさんGO」なんて

出来たらいいのにね♪



『JAPPCATS』/ HUNGER






---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-08-03 23:26 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン(SPECIAL PROGRAM) ”Monsters War”の舞台裏も!

今回は、Abema TVで以前放送された『Monsters War』の

バトルの一部と舞台裏のモンスター達をピックアップ!


…ということで、記念すべき第1試合は

〔Aブロック〕

TEAM ”T-PABLOW”(TKda黒ぶち、USU a.k.a. SQUES) と

TEAM ”漢 a.k.a GAMI”(CIMA、SALVADOR)とのバトルです!


〈Round1〉のビートは『GRAND GAINERS / GAGLE』

最初というコトで、かなり緊張していたみたいですが…(特に”T-PABLOW”)


Round1の結果は? 

TEAM ”漢 a.k.a GAMI”が4票獲得で勝利し、続くRound2でも勝利となった。



”漢さん”:

「コンプライアンスもガンガンシカトで言っちゃう感じで、今日はCIMAとSALVADORと漢 a.k.a GAMI、

 ガッチリかましに来たんで、取りに行くぜ100万!」



〔Aブロック〕第2試合

TEAM ”T-PABLOW” × TEAM ”DOTAMA”(掌幻、Dragon One)

〈Round2〉のビートは『Hate Me Now / Nas』


判定はTEAM ”DOTAMA”のクリティカルヒットで勝利!

健闘もむなしく、TEAM ”T-PABLOW”はここでAブロックを敗退となった。


”T-PABLOW”:

「全然ダメだったなマジで…

 ミスった ミスった ミスった… 」と壁に両手を押し付ける。それから向き直り、

「いやぁ ミスった マジですみません」

”黒ぶち”:

「全然ミスってないっしょ」  (← 優しいね)

”USU”:

「俺も全然出来なかったし…  出そう出そうとしてしまったかなぁ」

”黒ぶち”:

「テンパった 俺は。テンパっちゃいましたね、緊張で」

”USU”:

「でも 楽しかった」

”黒ぶち”:

「楽しかった事だけは間違いない」

まずUSUとT-PABLOWで握手をし、TKda黒ぶちもその後両手でT-PABLOWの手を握る。

”T-PABLOW”:

「すみません」と左目を押さえた後、顔を両手で覆う。

「すみません 全然集中できなかったな」


(慣れてないと緊張するよね。。みんなドンマイだよ)


---------------------------------------

〔Aブロック〕第3試合は

TEAM ”漢 a.k.a GAMI”× TEAM ”DOTAMA”

〈Round1〉のビートは『R.G.力学 / ラッパ我リヤ 』


TEAM ”DOTAMA”はリズミカルな最後のパンチラインも効いて

クリティカルヒットでTEAM ”漢 a.k.a GAMI”に勝利した。


その結果、Aブロックの決勝進出はTEAM ”DOTAMA”となった。


---------------------------------------

Bブロックのモンスター達にスタッフが「DOTAMA 上がりましたけど?」と言うと

”HIDA”:

「ウザい ウザい ウザい」

”R-指定”:

「ウザい 俺らもっと濃密にやっていこうかなと思いますね」

”サ上”:

「ウザいっすね 本当。単純にウザい」


勝利した”DOTAMA”は

「いざやると情報量が凄くて自分で何を言うのか考えるのと合わせて

 他の2人が何を言ってるのかも聞いてないといけないし

 相手チームの事も聞いてなきゃいけないから、合計5人の話を聞いてるっていう

 聖徳太子みたいな事になる」


(↑こういう風にきちんと分析してるところが凄い!頭の回転が超速くないと対応できないよね。)


---------------------------------------


〔Bブロック〕第1試合は

TEAM ”CHICO CARLITO”(D.D.S、焚巻)× TEAM ”サイプレス上野”(崇勲、押忍マン)

〈Round1〉のビートは『BUG feat.ABC AIR BOURYOKU CLUB / Hi'Spec』


結果は、ギャグラップ?の力で盛り上がりを見せ

クリティカルヒットでTEAM ”サイプレス上野”の勝利となった。


”CHICO”:

「クッソ悔しい!」

”焚巻”:

「クリティカルヒットは多分僕のせいなんすよね。僕がドン詰まっちゃったんで」

”D.D.S”:

「いや でも 俺が最初に行けばよかったんだよ。作戦ミスじゃないけど乗っちゃったから。

 乗っちゃうとギャグの…」

”CHICO”:「方向性ね」

”焚巻”:「向こうのフィールドで」

”D.D.S”:「向こうのフィールドで戦わなきゃいけなくなっちゃう」

”D.D.S”:「ラップで戦えば良かったんだよ」

”焚巻”:「そうっすね」

”CHICO”:「でもHIPの繋ぎとか最高だった」


---------------------------------------

〔Bブロック〕第2試合は

TEAM ”CHICO CARLITO” × TEAM ”R-指定”(HIDADDY、KOPERU)


〈Round1〉のビートは『やべ~勢いですげー盛り上がる / 田我流 feat. stillichimiya』


CHICOちゃん達の頑張りも凄かったのだが、判定の結果は4票獲得したTEAM ”R-指定”の勝利!


この戦いを見たサ上さんチームは、

”サ上”:「すげー戦いやってんな」

”崇勲”:「ヤバイな」

”押忍マン”:「ハイレベルです」

”サ上”:「レベル高すぎる」 ”押忍マン”:「レベル高すぎる」

”崇勲”:「俺ら何やってるの」

”押忍マン”:「ハードル低く低く行きましょう」



一方、負けてしまったTEAM ”CHICO CARLITO”は


”CHICO”:

「くそ負けてる最近。フリースタイルダンジョン、俺4連敗ぐらい」

と肩を落とすCHICOに焚巻が、

「CHICOの負けじゃないんだから大丈夫だよ」と慰める。(← 優しいなぁ)

”D.D.S”:「髪 ほどこうか?」

”CHICO”:「いやダメ!」と苦笑いし「悔しい!」と一言。


---------------------------------------

〔Bブロック〕第3試合

TEAM ”サイプレス上野” × TEAM ”R-指定”


〈Round2〉のビートは『CHAIN REACTION / MURO』

両チームとも面白かったが、ギャグラップを制した(?)のは

判定で4票獲得したTEAM ”R-指定”だった。

これにより、Bブロックの決勝進出が決定!!


”DOTAMA”:

「サ上さんチームが来るんだったら変化球な戦いになるかなと思ったんですけど

 Rくんチームだとバチバチの殴り合いになるんで、普通に。

 何かまぁ、普通通りにやろうかなと。よりスキルで上回らないと。

 これチーム戦なんで、さっきもそうだったんですけど

 一人でガガガガガって行けるんですけど行くと勝てないんで、

 三人が一緒に足並みを揃えないといけないから、一人の攻撃が突出してちゃダメなんですよ。

 三人固まった攻撃力で行けるようにします」



”KOPERU”:

「残ったー まさかの

 ビックリした、残れるとは。次がDOTAMAチーム」

”R-指定”はずっと煙草をふかしていたが、「次ですね、頑張ります」と言い、

スタッフが「何か作戦あります?」と訊ねると

「何もないです」と答える。

”KOPERU”:

「やってて思ったのは作戦が訳わからんくなる」

”R”:「ない方がいいかも」


次週の放送は、TEAM ”DOTAMA”とTEAM ”R-指定”の決勝戦、

そして服を着た般若(笑)も観られる「Dungeon Cypher」です♪


Abema TVでは、8月2日(火)11時~ またまた、再放送ですよ~!!


(藤田社長、地上波の放送も本当にありがとうございましたーーーーー(^^♪)


---------------------------------------

それから、お待ちかね「ダンジョンゲストライブ」は

”DJ IZOH”さんです♡

『ANARCY AWA MIX by DJ IZOH』  ← アノ”AWA”のめっちゃカッコイイCM曲です!

(レペゼン レペゼン♪)




その後で、『Enter The Dungeon』も披露!

(”DJ IZOH”さんのDJのテクニックが凄すぎる~~!!パフォーマンスがカッコ良すぎる~~♥)

(「いざ覚悟!の時に映るジブさんも素敵ぃ!!)


…という訳で、すっかりファンになっちゃいました☆彡



◇ 8月27日(土) 「DMC JAPAN DJ CHAMPION SHIPS 2016 at TOKYO WOMB LIVE」

  16:00 start 21:00 close


(DMC関東予選では『Creepy Nuts』のDJ松永さんが優勝したんだよね♪松永さんガンバ!)


---------------------------------------

◇ 8月11日(山の日) 「PLAYCOOL SUMMER CAMP 2016」(クラブミュージックセミナー開校)

 講師: 小室哲哉、☆Taku Takahashi 他

 出演: Zeebra 般若 Creepy Nuts 他

---------------------------------------

今日のMVは前回のバトルに登場した”GASHIMA from WHITE JAM”と”DOTAMA”の

『Die in TOKYO feat.DOTAMA / WHITE JAM 』

(オシャレだぁ♪)





* 今更だけど、「Rec.2-2”DOTAMA”への100の質問」の続きはないのかなー?

---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-07-28 14:27 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.3-5 最高のヒール!”GASHIMA from WHITE JAM”

Rec.3-5 かませ~~~!!!


前回から絶好調の”GASHIMA from WHITE JAM”


2nd BATTLE で迎え撃つモンスターは”CHICO CARLITO”だ!

 
メジャースキル炸裂で不敵な笑みを浮かべる”GASHIMA”を

”CHICO CARLITO”は撃破することが出来るのか?


〈Round1〉 ビートは「Pyrex feat.NIPPS / BES」


”CHICO CARLITO”:

アンタはメジャー 俺はアングラのラッパー

もしかしてアーティストさん?

俺はどんだけ売れたとしても アーティストって名乗らねぇ

ラッパー以上でも以下でもねぇ

わかる?この言葉達 アングラから来た奴らを

バカにすんのは ちょっと早いんじゃないっすか?

GASHIMA この場所 たんまり

ちゃんと気をつけとけな 足場 ハラバック


”GASHIMA”:

お前が言ってる事がわかりません

俺も元々アングラ 現場の叩き上げ

唾だって飲んできた 苦い水だって飲んできた

この場で現場に立ってんだよ

俺とやるか?お前はそう CHICO CARLITO

結局フロウ 声もリノ・ラティーノみたいなもんだろ 結局

モノマネラッパー 手も足も出ない〔コンプラ〕ラッパー


”CHICO”:

はい アングラじゃないの確定 リノ・ラティーノだから

リノ・ラティーナ・ザ・セカンド

間違えてる お前嘘つき

本当は苦い水飲んでねぇんじゃねぇの?おい 

見せてくフロウはRINOさん じゃなくてCHICOさん (ここでCHICOちゃんがやったって顔をする)

俺は今か今かと待ちわびた この瞬間 超えてくGASHIMA


”GASHIMA”:

OK うるさい説教 説教 説教 お前はしてるだけ勉強 勉強 勉強

じゃあ 見てこい RINO LATINA Ⅱ の Wikipedia

俺はそれ以上のモンを生きてきた

だからこの現場に立ってる ネットSNSなんてそんなモンは世の中とは別々です

もちろんリノ・ラティーナって事はお前が模造品って言う意味で言ってんねん

名前はもちろんわかってるよ リスペクトしてるからな


【判定は?】 

チャレンジャー3票、モンスター2票獲得で、勝者チャレンジャー”GASHIMA from WHITE JAM”!!


(ちなみにERONEさんとKENさんはCHICOちゃんに入れたんだけどね)


AKLOさんのコメント:

ストリートって事に対して”GASHIMA”はメジャーだろっていうところから来てるんだけど

その”GASHIMA”がそれに対してアンサーがちゃんと出来てる。しかも、ラップが

出来過ぎるってぐらい出来ていくんだけど、言われた事に対して

自分がどういうスタンスでここに来たのかを盛り込んでたので”GASHIMA”くんに上げました。



ERONEさんのコメント:

「CHICOはアーティストって名乗らない」

「俺はアングラから今、光を浴び始めてる」っていうラップに対して

”GASHIMA”が最初に「俺だって元々叩き上げ」

「いきなりメジャーデビュー出来る訳ない」が効いていたのと、

聞き取り易さも含めるとCHICOの勢いもスゲェ格好良かったんすけど、

あ…   だから俺はCHICOに上げたんっすよ。あはは、、、  (みんなも笑うw)



〈Round2〉 ビートは『3A.M. / Young JEEZY』


”CHICO CARLITO”:

結局のところは 何にもわからないよGASHIMAさん

本当は かしまさい

これ沖縄の方言だから 音の上でちゃんと話しなさい

つまり 方言じゃなくて 証言9 俺 CHICOから送ろう

これ言葉 つまり オリジナル わかる?  (耳を掻き、小バカにした様な顔をするGASHIMA)

鬼になるんだったら 鬼ヶ島

旅立ちなGASHIMA この場所で振り出しさ


”GASHIMA”:

ここがお前の鬼ヶ島

じゃあ こんな雑魚ラッパーは追い出しな

モンスタールームで待ってる負け犬 猿 キジ バカ?知ったこっちゃねぇよ

お前がこの場でラッパー レペゼンしてるのかな?

芸人のピスタチオの人にそっくり

ハッシュタグ付けとけ #チコタチオ#

さぁ お前の番だ〔コンプラ〕

勝利の女神に〔コンプラ〕


”CHICO”:

コンプラ

ふざけんじゃねぇよ

つまり俺がピスタチオに似てる

好きな食べ物 GASHIMAの亡骸さ

まずかます つまり これ失神する前 音の上で話す

あれ?さっきからくだらない事ばかりを言ってる

だったら速攻〔コンプラ〕からマイクを使ってくよ


”GASHIMA”:

めちゃめちゃ上手いね 早口 でも その8割は俺に空振り

沖縄から この大都会

夢は見れたかな?カスなバイト代  (CHICOが片目を細めて睨む)

俺なら その倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍も  (←嫌なヤツだよね)

稼いで東京で Ride or Die

このままやってくぜ このまま楽勝

まだ見せるぜ GASHIMAのラップショー


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、勝者チャレンジャー”GASHIMA”!!!


KENさんのコメント:

僕自身はCHICOに上げたんですけど、GASHIMAが終始どっちかっていうとモンスター姿勢で

さらにこの試合になると口も悪くなってきて、モンスタールームを「犬・猿・キジ」っていう所とか

かなり強いディスだと思う。そういう観客を掴んできた段階でさらに強いディスを入れて、

自分の流れを構築しているのがしっかり感じられる。


VIPゲスト ”DJ IZOH”さんのコメント:

僕はDJで戦ってきた人間なので、バトル出来るMCって羨ましいんですよ、返しが出来るんで。

そういう言葉のやり合いを楽しみに来たんで、これからも見せて欲しいし。

やばいパンチラインがあったら、俺こすってみたいです!




手ごわい”GASHIMA”の3RD BATTLE の対戦相手はモンスター”DOTAMA”だ。


〈Round1〉

”DOTAMA”:

第三の忍者ならぬ 第三のモンスター

トンズラは俺はしないぜ

泣き寝入りなどはしないぜ 俺がEnemy

さっきからキャバクラの送迎役みたいな見た目で何熱い事言ってんの?この人

メジャーがこれなら 俺はインディーでいいよ


”GASHIMA”:

OK こっから毒舌斬り 今夜はお前の告別式

フリースタイルかますのも時期尚早 ご自慢のスーツも死に装束

かますぜ ルパン三世 俺のやり方は完璧な One Way

お前は何もアンサーは出来ない 間違いなくしてきますよ 敵対


”DOTAMA”:

違うなルパン三世じゃねぇ

「振り返れば奴がいる」の時の織田裕二を決め込んでたんだけど

今の若い子はわからねぇ

こいつのディスはさっきから変わらねぇ

中身がないって事自体に中身がないし

俺は思ってるぜ 君が今日は「咲かない」日


”GASHIMA”:

メッセージが笑いのネタで霞んだ

ちょっとウケたからってヘラヘラすんな

結局のところ そんな仕事は芸人の仕事

つまりお前の笑いは Made in ド素人

つまりラップ芸人?ラップ名人?

知ったこっちゃない100万?〔コンプラ〕you Pay me

こんなやり方で Make money するだけ


【判定は?】

モンスターが3票獲得で、”DOTAMA”の勝利!!!


続いて〈Round2〉

ビートは『The Breaks / Kurtis Blow』


”DOTAMA”:

あのよ アンタもアングラ出身だろ

俺もギャグラップかもしんねぇけど 泥臭くやってきた

アンタと意識は変わんねぇ けどラップ芸人でいらねぇ?

テメェはなんなんだよ メジャーに行きゃあ 偉いのかな?

鬼ヶ島 ここが君の墓場 足し算なしだ


”GASHIMA”:

もちろん俺はメジャーなプレイヤー

俺の事を妬んでいれば?

結局そうお前の安月給ならお前のベストチューン

iTunesで何ダウンロード?つまりは3くらい?そんなもんだろ? (←ムカつくよねー!)

乗り込んじゃうの?オリコンチャート?

おぉ 5000位 落ち込んじゃうよ


”DOTAMA”:

確かアンタのPV You Tube 900万回再生だ もう

でも俺のヤバさに お客さん ツイートする暇もないぜ

バッチリ かませるぜ

さっきから思ってるが

パトロンっぽいけど それで現役感なし


”GASHIMA”:

ツイッターのSNSとかやってる暇ありゃケツ蹴るぜ

お前が何 毒舌?俺なら言ったるよ 直接

俺に今言った事をステージ降りて同じ事が言えますか?

ビート上 ストリート上 ツイート上でも同じ事 俺に言えるか? (おぉ…痛いトコつかれた!)


【判定は?】

チャレンジャー3票獲得で、勝者”GASHIMA from WHITE JAM”!!


勝敗の行方はRound3へ!


〈Round3〉 ビートは『Flex Your MC MACKO feat.Cz tiger / MC MACKO』


”DOTAMA”:

GASHIMAに勝機は無しだ

何故なら こないだ死んだモハメド・アリが俺に乗り移ってるぜ

ヘビー級にこうやって動いてブチかますぜ ハードパンチャー

ライムは簡単な事でも踏めるがそうじゃないぜ 俺のライム 人工

お前は行って来い無人島

その先にある俺は主人公

自分のゲームを作り出す事に慣れてるぜ クリティカルヒット


”GASHIMA”:

お前がこのステージで主人公?

〔コンプラ〕 お前ブリっとん?

何 お前がモハメド・アリ?

ただのアリ 踏み潰す 毎度あり

結局お前のヘラヘラ言ってるだけでは お前はPlayer Hater

芸人なら就職 吉本 でも芸人じゃもらえないお仕事


”DOTAMA”:

吉本でも決められなかった ライムの落としどころ

おいヘラヘラしたり 楽しいっすってジブさんに言ったり

ピョンピョン飛び跳ねたり お前が何かニコニコしてる方じゃねぇか
( ↑ これを受けてワザと大げさに飛び跳ねてみせる”GASHIMA”)

俺は常にバチバチだ たちまち返す

このライム きっと誰もが盛り上がると思ってるけど

東京タワーにくくりつけて スカイツリーに突っ込ませて

こいつを爆死させてぇ そのぐらい俺は残虐性


”GASHIMA”:

落ち着いて 落ち着いて

もっとバトルはこんな風に楽しまねぇと

結局 HIP HOPは遊びじゃねぇの?

ギスギスしてたってつまらねぇぞ

テレビで観ている視聴者がHIP HOPってどんなん?

って思った時にお前がベラベラベラ言ってるだけのPlayer Hater

そんなんが映る地上波 シーンにとっては微妙だ

つまりお前は悪影響 もういいから楽屋へ Go



【判定は?】

モンスター4票獲得で、勝者モンスター”DOTAMA”!!!


いとうせいこうさんのコメント:

GASHIMAがフリースタイルダンジョンの中で一番のヒール役をやってくれて、最高のヒール!

(GASHIMAの)今までの戦いは一番最初に言った事より先に落としどころがあった。

例えば、ピスタチオって言ってるけど〔コンプラ〕で落とそうとしてるとか。

でもさすがに、これだけ試合が続いていくと先よりもすぐそこの事に答えなきゃいけなくなってくる。

そこのところでDOTAMAが刻み始めて、「一番の残虐性」(をもってきた)ですよね。

「何かに何かをくくりつけて何かに突っ込む」とか言ってましたけど

(DOTAMAの)超巨大なヒール性がグッと出て来て、二大ヒールの良い戦いが見られた。

けどこれ、引き分けみたいなもんじゃないですか?すごい面白かったです。



VIPゲストの太華さんのコメント:


GASHIMAくん。僕も無数のMCを見て来た人間ではあるが、あのクラスの人はなかなか出てこない。

何年間に1回しか(出てこない)。DOTAMAが結果的に勝ちましたが、個人的な感想では

余裕でGASHIMAがヤバかった。踏み方とかも凄かったです。



(モンスタールーム)の漢さん:

メジャー インディー関係なく、今の試合の印象だと”DOTAMA”も負けるのかって位の

言い回ししてた。そこはそこでモンスターは皆精進して悔しがってるんで

いいバネになったと思いますね、僕にとっては。

只まぁ、ふざけんじゃねぇ!アンダーグラウンドをなめんなよ!って気持ちもあるんで

モンスターらしくガッチリ行かせてもらいます!  (客席で歓声が上がる)



”GASHIMA”は

「負けは負けなんで、もっとスキルを磨いて戻って来れたらこのステージにまた戻って来たい」


(ムカつくほど悪役に徹していた”GASHIMA”さん、またの挑戦をお待ちしています!!)



---------------------------------------

今回のダンジョンゲストライブはお待ちかねの”SKY-HI”です♪

◇卓越したスキルと豊かな音楽性で注目を集め、メジャーシーンと

 ストリートシーンを股にかけて活動しているHIP HOP界の超イケメン♡


(Twitterで古坂大魔王に”スキーヒー”とイジられてもおおらかな返しをする日高くんが素敵(^^♪)


『Welcome To The Dungeon』/ SKY-HI

この音源のリリックには、フリースタイルダンジョンのモンスター達の名前が潜んでます!





7/27 「ナナイロホリデー」Release! c/w 「Welcome To The Dungeon」



---------------------------------------

そして、CHICOちゃんが三連敗中ということで元気がない。。

(いやいや、サ上さんの5連敗記録もあることだし…)


CHICOちゃん、カラオケで『サムライソウル』を歌ったら、”目指せ!連敗脱出”だよ!


『サムライソウル』/ ウルフルズ




---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-07-21 16:03 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.3-4 スナフキン×R-指定、そしてメジャーのアノ人も登場!

Rec.3-4 用意はいいか~い?


「やりたい奴は般若さんだけ」という”スナフキン”の3rd BATTLE。

今回、スナフキンは新たな伝説を打ち立てられるだろうか?

そして、迎え撃つモンスターは”CHICO CARLITO”だ。


〈Round1〉

”CHICO”:

この中の音でキメる俺 パブロ・エスコバルじゃなく チコカリ

音の上で話してるけど 中身がないなら さいなら

まるで サイババ その口塞いだらわかんだろ 決めるぜアホンダラ

まだ8小節 終わってない いいね合いの手

そして帰っとけ


”スナフキン”:

何がさいなら いいからクソみてぇなエセ埼玉

沖縄 沖縄 うるせぇわりに沖縄あげてから来いよ ザコ

お前の悪いところ そういうとこ

俺1年に1回沖縄行くけど お前の名前は聞かない 聞かない

未払い 未だにいがらい Vivarise


”CHICO”:

未だに未払い しがないMCかもしんない

でもここで死んだら意味がない

だけど沖縄あげたぜ Champになって

まるでゴーヤチャンプル 話ごちゃ混ぜにしてるのお前

俺の噂 聞かない 聞かない

スナフキンの噂も俺 聞かない 聞かない


”スナフキン”:

嘘つけ スナフキンさん知ってるって

お前ニコニコ現れたCHICOだろ おい

そういう うわネタ 嘘ばかり並べてるなら天秤かバファリン

優しさの向こう側に行こうぜ そうじゃなきゃ 意味が無い当然

俺のビート 速度サーチ 般若狙うのは俺だ ゴルゴ13



【判定は?】

クリティカルヒットで勝者チャレンジャー”スナフキン”!!


KENさんのコメント:

CHICOさん めちゃチャレンジャーみたいな気質でガンガン攻めてて

ゴーヤチャンプル 話 ごちゃ混ぜにしてるの誰だで、

スゲェ上手いCHICOさんっぽいラップが出来ていてカッコいいと思いずっと押していると思ったが、

スナフキンはそこへのアンサーというか今までの中で一番会話をしてて、

最後の「ゴルゴ13」のハメ方の破壊力が強かった。」


(VIPゲスト)スガシカオのコメント:

いやぁ なんか凄い戦いを見ちゃったっていう感じですね。

でもいつもフリースタイルダンジョンを観てて思うんだけど

土壇場の時、どれだけ性格が悪いかがバトルに出ていると疑ってしまう。

そこ言う?wみたいな、そういう事が凄くスリリングで楽しい。


*負けてしまったものの、モンスタールームからはいつもの喋り方で”DOTAMA”が

「CHICOちゃん 最高!!」と励ます。


4th BATTLE は ×R-指定!!!

〈Round1〉  ビートは『星を願う / OZROSAURUS』  (とてもノリのいい曲♪)

”Rさん”:

こめかみにGun 突きつけるのは 俺のやり方

聞いてたけど お前は全部ネタ仕込んだ

予習復習よく出来てるな

ここは即興 本番 この場で生み出す即興のアート

ピョンピョンうるせーライムはやめろ

目もまともに見れねぇ クソなハゲよ


”スナフキン”:

ハゲかどうかは知らねーし お前そうやってイキがるな

リリカルかどうか知らねーけどOZROじゃねぇけどマイク掴んだらVIBES満タン

お前のラップはライム掴んだみたいで退屈なんだよ本当 ありえねぇ

ハリケーン 飛ばし 即低能ハリケーン ボルケーノ


”Rさん”:

ボルケーノ その程度じゃこの先絶対通せんぞ

ピョンピョンうるせぇ 蚊トンボ 全部ジャブ

俺はお前のガードの上からも打ち砕く

ノーガード戦法 はき違えんな本番と稽古

ノックアウト ノーガード このオンパレード


”スナフキン”:

R-指定っていうわりにはコンプラ一個もひっかかんねぇようなラップしやがって

大人はお前のラップにゃ手を上げねぇぞ

大した事ねぇ言葉で無いけど 逝けてる 黙秘権  (逝けてる?)

と言いたい事なら特にねぇ〔コンプラ〕だよ〔コンプラ〕



【判定は?】

クリティカルヒットで勝者モンスター”R-指定”!!

(凄くRさんのラップとビートがマッチしてて良かった!)


ERONEさんのコメント:

バトルで勝つためにやっていくスタイルっていうのがあるんですけど

それの最新型がスナフキンだと思うんですよね。

韻も踏みつつアプローチの仕方も変えるけど、確実にきれいなパンチを打ってくる。

ずっとストリートの姿勢でスナフキンは対戦していたし、集中していた。

絶対(スナフキンが)勝つやろって気持ちやったんですけど、Rの気迫がもう1つスナフキンを上回って

気持ちも技術も全部R-指定が勝った。でも、スナフキンもスゲェカッコよかった。


SKY-HIのコメント:

凄い試合をありがとうございますっていう感じなんですけど、

スナフキンくんがめちゃくちゃカッコよくて、どんなビートが来ても完璧にアプローチするし、

スタンスもラッパーとしてカッコいいとずっと思っていて。

今回ももちろんその感じだったんですけど、R-指定の爆発力が凄まじ過ぎて

これは良いもん観たなと思ったと同時に、もっと観たかったっすね、ハハハ…


---------------------------------------

2人目のチャレンジャーは「博多産STRONG QUALITY」こと”REIDAM”(25)だ。

2013年にDJ GQと『THE HOODLUM』を結成。

地元を中心に圧倒的な支持を集める人気MC。

ラップをする上でのこだわりは、揚げ足を取っているラップは好きじゃないので

「しっかりと核心を突いていく!」ことだそうだ。


1ST BATTLE の対戦相手は”T-PABLOW”だ。

〈Round1〉  ビートは『Revenge Of The Fat Man / TAKUMA The Great feat.NONKEY』


このバトルで、”T-PABLOW”が久々にクリティカルヒットで勝利!!!

(やったね!!若干20歳でも濃い人生を送って来てるんだね)


いとうせいこうさんのコメント:

乗せ方の変化みたいなものをT-PABLOWがフロウもリズムも変えてくると同時に

意味もちゃんと埋まっていたと思うんだよね。残念ながら、”REIDAM”くんは一般論を述べていた。

一般論を述べちゃうとそれは中身がないという事になる。

(だから)中身が濃かったのはT-PABLOWに自動的になっちゃった感じ。


---------------------------------------

次のチャレンジャーは「ニューヨーク出身ラッパーソングライター」こと

”GASHIMA from WHITE JAM”だ。

『WHITE JAM』として2014年メジャーデビューし、人気沸騰中。

バトルスタイルは何を発信したいか、

誰がその言葉を発するか、という”パンチライン”一発に賭けている。


賞金の使い道を訊かれると「賞金自体、全然興味がなくて

(自分が)フリースタイルダンジョンの待ち時間に1曲書けば、100万円は稼げるので

僕よりもっとその100万円を必要としている良い方法で使ってくれる人にあげたいっすね」と

太っ腹の返事。(…凄い自信家だ!)


1st BATTLE で対戦するのは、”漢 a.k.a.GAMI”だ。


〈Round1〉

”漢さん”:

メジャーとか知らねぇし 俺ならインディーズ テメェは上等

オメェの情報はどこにもねぇぜ ここ東京

俺の仲間にカツアゲされねぇように刈り上げとけ その頭

だけど俺ならテメェを即無様に叩きのめすのは マジ簡単

だけどテメェを影で叩き上げる番だ


”GASHIMA ”:

OK OK 出た出た二言目にはメジャー メジャー?

漢さんはレペゼンストリート化けの皮剥がしたらクソ〔コンプラ〕

やってやるぜメジャーに負けてマイナスプロモーション

そんなもんだろう?クソ東京

ここでやってやる 俺がGASHIMAだ


”漢さん”:

オメェが GASHIMA 知らねぇよ その立場

オメェはありがたみも 何もねぇぜ アリバイを作れよ アリバイは何か?

オメェは偽物の証拠を俺が叩き出す番だ

アンダーグラウンド ここはまるで裁判所

だけど オメェはさっさと懺悔しろ

じゃねぇと俺が速攻でフルボッコ


”GASHIMA ”:

おやおや 漢さんが暴走モード

気にしなくなりましたか?放送コード

取っ払っちまったコンプライアンス

でも相も変わらずどんくさいラップ

1ターン目でも噛み噛みの噛み噛みの噛み噛みで

困った先はお決まりの”漢 a.k.a.GAMI”みたいなもんだろ? (あ~、それ言っちゃいます?)

そんなやり方 見せてやるよ 俺の方が神業


(漢さんがバトルで自分の名前”漢 a.k.a.GAMI”を入れてくるって有名だもんねw)


そして【判定】は?

クリティカルヒットで、勝者チャレンジャー”GASHIMA from WHITE JAM”!!!


LiLyさんのコメント:

ヒップホップのアンダーグラウンドの方が格好良い、メジャーはちょっとセルアウト、

みたいな、そういう戦いの代表格だったと思うんですよね。それで、凄く怖い漢さんと

優等生的な帰国子女”GASHIMA”くん…  どうなるかなと思ったけど

「一発のパンチラインで倒す」と言っていただけあって、

「ストリート裏を返せばクソ〔コンプラ〕」って結構なディスで、漢さんへのディスというよりも

全国の俺達ストリートって言いながら不良ぶってる人達への痛恨のディスが

クリティカルを生んだんじゃないかと思う。


”GASHIMA from WHITE JAM”の痛恨のパンチラインによって

漢さんがクリティカルで敗退!

次週はこの”GASHIMA from WHITE JAM”がメジャーのスキルをもっと見せつけるという。

モンスター達の運命は一体どうなるのか?


---------------------------------------

《Dungeon Live》はラスボス般若のプレミアムライブ♪

…というコトで般若さんの声が聴けるのかと楽しみにしていたら…


『あの頃じゃねぇ』 (般若)


般若はガウン姿でカワイイ景子ちゃんを抱っこしている。(景子ちゃん、意外とおっきい!!重そうw)

味方に引き入れた(ライフルを構えたままの)”Mr.麿”もいる。

ACE”が歌い始める。途中で般若もラップするのかと思ってたらそのまま終わる。

(どうやら音源さえも通訳の仕事だったのかー!)

その後、歌い終わった”ACE”に般若が耳打ちする。


(通訳)山下:  「俺に惚れるなよ  アモーレ」





≪般若≫  9th Album 『グランドスラム』絶賛発売中☆彡


---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-07-14 16:03 | フリースタイルダンジョン

フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.3-3 HIP HOPバガボンド”スナフキン”登場!!

Rec.3-3の一人目の挑戦者は、リベンジャーの”PONY”だ!

(Abema TVのMonsters Warのみんなが出て来てサイファーしてる時にステージに居たよね?)

”PONY”は山梨県出身の31才。楽曲制作など精力的に活動中だという。


Rec.5では、”T-PABLOW”に初戦でクリティカルを決められた苦い経験があり復讐に燃えている。


それぞれのモンスターについて一言を書く事前のアンケートでは

全部のモンスターの欄に「T-PABLOWを出せ!」と書いた程。


(カメラが”T-PABLOW”の顔をとらえると、「またかよ」みたいな表情をしてるw)


しかし、1st BATTLE の対戦相手は”サイプレス上野”だった。

「全部後攻でお願いします」と”PONY”が言って始まったRound1だったが、、、


〈Round1〉

”サ上さん”:

全後 全部 後攻とか言ってるけど

まだお前俺に1回も勝ってねぇからやめてくれますか

そういう勝手な事 お前普段はいい奴だけど

絶対出さねぇよ T-PABLOW

お前リベンジャーのくせして 自分の注文通ると思ってるんですか?

悪いけど フリースタイルダンジョン モンスター

ファミレスなんかじゃねぇんだよ (歓声が上がる)


”PONY”:

心が貧しい人だ そこまで尖ってどうすんだ

っていうか お前にだって決められないはずだ 誰が出るかその裏方モンスター

だけども本当はいい人 あげたら最高 面白い いい人

上野 上ちょ あげてたいつも 最高ですよ 最高ですよ


”サ上さん”:

最高ですよ 最高ですか? 貴方は〔コンプラ〕ですか?

〔コンプラ〕宗教 この間ハマッちまったの?

第4試合 いるよ T-PABLOW

でも ここでお前 おしまい さよなら

山梨なら好みは お前がやめた stillichimiya


”PONY”:

OK OK 教えてやるぜ

さっきから言ってるけど 結局 嘘並べてる

ちょっとだけ聞きやすいからって 騙されちゃダメ

Wack MC 決定 上野 どこ? ここよ

ここで殺す 痛ぇ 当たる でもブレねぇ 平常心 (「痛ぇ 当たる」の時、サ上さんとぶつかってる)

ビートの上なら誰? 俺でしょう 絶対に


判定はクリティカルヒットでモンスター”サイプレス上野”の勝利!


LiLyさんのコメント:

”PONY”さんをもっと見たかったけど、「T-PABLOW 注文したらすぐ出てくるんじゃない

ここファミレスじゃないよ」とか、サ上さんの個性的な即興が光ってたのに対して、

「サ上さんいい人最高だよ」「Wack MC」しか言ってなくて”PONY”さんの内容がなかった。


モンスタールームの”T-PABLOW”はちょっとほっとした様な表情で、

「待ってたんですけどすいません」「俺もMCバトルのイベント出るんでその時にお願いします」

と頭を下げる。 


---------------------------------------


(般若ルーム) 久々に般若の膝に景子ちゃんがお座りになっています♪

はっ (;'∀') 景子ちゃんに見とれてしまって内容が入ってこない…  割愛してゴメンナサイ


---------------------------------------

2人目のチャレンジャーは、「HIP HOPバガボンド」こと”スナフキン”(29)だ。

”スナフキン”は、絶対的なラップスキルの高さから

バトル・楽曲の両方で支持を集めている。


過去にモンスター達とも対戦していて、

「”T-PABLOW”は思ったよりたいした事なかった」

「”R-指定”に1回勝っているが(Rさんが)”あの時調子が悪かった”と言っていたから

 調子良い状態でもう1回やって白黒をつけた方がいい!」

「”今日終わらせます フリースタイルダンジョン”って気持ちです」と、何とも強気な”スナフキン”だ。


1st BATTLE の対戦相手は”DOTAMA”だ!

ステージにやって来た”DOTAMA”が握手をしようとすると”スナフキン”が出した手をすっと引いた。

唖然とする”DOTAMA”。

その後でもう一度”スナフキン”の方から手を差し伸べて握手を交わした。(何なんだ、この人?)


〈Round1〉 ビートは「HIS GAME / YOUNG JUJU, RYOHU, IO」


”DOTAMA”:

ダンジョン 終わらせる日は来ねぇ

俺が続けさせる為に入った新モンスター

俺を止められるか?スナフキン

マジでマイメン でも 俺 内面えぐるぜ

友達でもお前を今日は切り刻みに来た

お前スナフキンって言うよりムーミンみてぇな体型じゃねぇかよ  (www)


”スナフキン”:

よく聞け ムーミンってのは言われ飽きた

お前だけじゃねぇ クソダセェ 1回戦の奴も言ってた

だからこそ マイク持ってまた賭け出た

誰がイケてる who better New Era ブーメランみたく投げるぜ

上には上がいるだけの話なのに喰ってた

お前のライムはイケてねぇ

1回戦ボーイがとっくにムーミンって踏んでた


”DOTAMA”:

ブーメラン ブーメラン 龍道くんもそうだが同音異義語で踏むのが

何か格好良いって流行ってるんですか?って思わず言っちゃうぜ

ピアス似あってねぇ

スナフキンってよりはドラゴンクエストのブラウニーみてぇだぜ かわいい

俺が手下にしちゃいたいぐらい この子かわいい


”スナフキン”:

かわいくねぇだろ お前のクソみたいなラップにはイケてがねぇだろ

足してる 言葉 ライムでおどけて マイクはとどめ 大した事ねぇ

お前のメガネ面 ニヤけ面 二度目はねぇ 黙らす色眼鏡

対して 発する言葉で当然 俺のラップは質実剛健


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、スナフキンの勝利!(LiLyさんだけDOTAMAさんに上げてた!)


KENさんのコメント:

”スナフキン”がビートに裏でハメてくのが格好良い。元々のスタイルに特にハマるビートだった。

さらに「当然」と「質実剛健」とか「マイクはとどめ」「大した事ねぇ」とかの

決めどころで確実に決めてきつつ、でもラップは常にフロウがあって気持ちいいみたいな

凄い王道的な戦い方で、スナフキンは強いと思った。


そのコメントの後で”スナフキン”が

「”DOTAMA”らしくないっていうか、”ムーミン”って結構言われるし

 ”ムーミン”って人もいるし、そんな浅はかなディスしてくるとは思わなかった。

 本当にモンスターなの?」とさらにディスり、”DOTAMA”はタジタジになる。



〈Round2〉 ビートは「Kick Push / Lupe Fiasco」


”DOTAMA”:

ねぇ スナフキン こっち向いて 恥ずかしがらないで~って

ムーミンのテーマ歌うのは 俺らしいだろ このクソ野郎

俺はいつも通り 普段通りだな

歌い方  Lupe Fiascoのビートの上の でも俺 ちょうどいい

調子上げ方はわかってるぜ スナフキンちゃん


”スナフキン”:

シンプルに韻踏む このビートはもちろん Kick Push

乗せながらも また韻踏むようなスキルでラップするインフェルノのファイア

止まらずタイマー たった今はらたいらみたく飛び出した

トリガー降りな 織り成す ウォリアー Smoking Town

お次の扉 開きな


”DOTAMA”:

扉開いたら ステージから降りる事はないぜ

フリースタイルダンジョン抜けて いや舞い戻って あえて来た俺が参上

DOTAMA クラクション 鳴らすな

肩パンパンやる前 脳 撃ち抜く 俺の言葉の弾丸

バンバン決め台詞はなしさ 無駄口叩けよ スナフキン


”スナフキン”:

客に媚びを売る前に 逆に語尾を踏まなきゃ意味がねぇって悪党か?

見せつける 俺も躍動感

ヤバすぎて 呼んで来い110番  (わぁ~~~っと歓声が上がる)

する事じゃねぇけども 不満とかじゃなく 歌が超ダセェ

あり得ないルパン三世 不満が何個ある? はきだめのクソ


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者チャレンジャー”スナフキン”!!!


ERONEさんのコメント:

”DOTAMA”もすごい巻き舌とかで「こっち向いて」のムーミンの替え歌から始まって

”俺らしいだろう この野郎”みたいな…

客も「そうだ!うぉ~!」みたいになるんですけど、それに対して

”スナフキン”は淡々と「シンプル韻踏む」「このビートはKick Push」とか

HIP HOPのアイデンティティーも分かってて面白いラップをする。

バトルMCとして、”DOTAMA”より1歩上を向いていた。凄ぇ良い試合だった。



そして、次の対戦するモンスターは”T-PABLOW”だ。

〈Round1〉のビートは「HUNGRY / 般若×ZORN×SHINGO★西成


”T-PABLOW”に後攻を譲った余裕の”スナフキン”は

3票を獲得してRound1で勝利した。


AKLOさんのコメント:

”スナフキン”のリズム感にプラス力強さがめちゃくちゃあって

主導権を握っていく感じがスゲー圧倒的だった。


続いて〈Round2〉

”T-PABLOW”:

裂いて 巻いて 焚いて 吸って 吐いて塵 それか そのままパケごとゴミ箱行きするだけ (←高速ラップ)

俺なら Kitchen わかるだろ お前全く気にしてねぇ Killing してくだけ

俺は気にしてねぇ だけど ここは俺は料理長

わかる ここではお前放り込むライム

わかるかな 乗せ方はどっちが上手いかな

エスコバル さっき触れたけど アンタは全然触れてない

わかるだろ 俺達ブレてないようなスタンスぐらいな感じ

速攻で お前やっちゃう 俺送るスランプ


”スナフキン”:

まずは落ち着けビートの乗ってるラップがねぇ

俺が上? お前が上? そんな知らねぇ 半端じゃねぇ

いい所まで行けりゃ それもありの話なのに 何故かそこで諦めてちゃ意味がねぇ

撃ちな 上がらない引き金

仲間ならハートcore ハードコア? こめかみにガン カート・コバーン

ぶち抜きに来ただけ 見定め暇はねぇ 今だけ We are the Best


”T-PABLOW”:

俺だって引くだけだな 引き金

わかるだろ? 来てみな 来た ここの位置まで

俺の方が持ってるだろうが確かな耳 絶対に通さないこの先なら道

先なら通さない わかる?俺はこれしかないぜ

マイク一本変えてきたピンチからチャンスへ

これがねぇ俺なんて チンピラか半グレ


”スナフキン”:

チンピラか半グレ 俺もそうかもしれねぇ 半端ねぇよ

アンダープレッシャー乗り越えてやって来たぜ

パブロ ピカソ カニエ 一番ダサいパブロ

DOTAMAのサンプリング 掴みながらも被る冠

はくAirとダンクとランク外 踏みつけるダンク ハイ


【判定は?】

チャレンジャー4票獲得で、勝者”スナフキン”!!


LiLyさんのコメント:

とにかくめちゃくちゃ熱いバトルで、”T-PABLOW”は凄く上手いし

発音も早口のフロウもいつも通りのクオリティで本当に格好良い。

それなのに、スナフキンさんのまさかのDOTAMAのサンプリング、

色んな「光」を言ったDOTAMAさんのヤツを今度は「パブロ」並びで、その中で一番ショボい。

何か本当に格好良いですね、二人ともヤバイ中でスナフキンさんに上げました。



次週は、モンスター”CHICO CARLITO”との対戦。

”スナフキン”の快進撃は続くのか?


---------------------------------------

ダンジョンゲストライブは”餓鬼レンジャー”の『TACO DANCE feat.KENTY GROSS』


(餓鬼レンジャー)

昨年結成20週年を迎えた3人+タコ神様からなる

熊本発のアラフォーヒップホップアイドル(?)


ステージの真ん中で踊る”タコ神様”のくねくねした動きがイイネ!





---------------------------------------
(般若ルームへ一言)

★般若さんとSKY-HIが一緒に写ってるインスタの写真が凄い!

(でも、なんで般若さんのアイコンまで日高くん?w)

★ACEの出てた『マツコ会議』のラップ教室がめっちゃ面白かった~!

そのうちスターが出るかも?w

---------------------------------------


Abema TVで配信した『Monsters War』を観たのですが

パソコンで観ていたら、画面が何回もフリーズしてしまって

いいところを見逃してしまったのでがっかり (´;ω;`)ウゥゥ


やはり個人戦と違ってチーム戦は難しいんですね~!
 
(私の浅い知識ではとてもコメント出来ません… (^^;)


それでも、”DOTAMA”さんの涙と

最後でみんなが(ジブさんや審査員も含め)サイファーをしながらのエンディングは

めっちゃ感動しました☆


[Lamp Eye - 証言]

 
 

サイバーエージェントの藤田社長!

今度は是非、地上波もお願いします!!!


*【Abema TV】は「モバイルプロジェクト・アワード2016」の

モバイルコンテンツ部門で最優秀賞を受賞!!!


---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-07-06 18:10 | フリースタイルダンジョン