カテゴリ:scenery( 4 )

神の島にて

宮島は古くから「神の島」とされていて

フェリーで宮島に着くとすぐに鹿がお出迎えしてくれるんです♪


(鹿は”神の使い”と言われていますよね)



d0016069_18194086.jpg





でも、奈良の鹿が怖かった経験から

私は遠くから写真をパシャ!


大人しい鹿さんばかりだったけれど
小さい子どもとのツーショットを撮っている方も多く
ちょっと心配してしまいました。


珍しくてカワイイから写真を撮りたい気持ちはわかるけれど
鹿をなでたり、顔を寄せて写真を撮るのは危ないんじゃないかなぁ。。

(心配し過ぎ?)



     ↓   1996年に世界文化遺産に登録された「厳島神社」


d0016069_18200682.jpg




大鳥居の沖側は”厳嶋神社”、社殿側は”伊都岐島神社”となっているそうですよ。


     ↓  外側から見る廻廊も美しくて厳かな気持ちになりますよね。



d0016069_18203765.jpg


ここでは

「世界平和」を

たくさんの人が願っていたこととでしょう



---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-10-21 00:08 | scenery

下町風情



d0016069_15304147.jpg



d0016069_15310814.jpg



d0016069_15313465.jpg



d0016069_15314711.jpg



---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-03-13 23:09 | scenery

『COLORS』へのオマージュ

d0016069_15185955.jpg






二人だけの世界は静かすぎて

私はすぐに白旗を揚げた






+++ ホルベインのジンクホワイトを重ねてみたい…



---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-31 00:07 | scenery

ターナーっぽいでしょ?


ターナーっぽく、

風景写真にYellowを足してみました♪


『ターナー展』でも、


瓶に入ったキレイなChrome Yellowの絵具が陳列されていましたね^^



d0016069_16362418.jpg




”40年早く生まれた印象派”と言われるターナーさん(*^-^*)


『ぶらぶら美術・博物館』でも”ターナー展”をとり上げていましたが。




当時のイギリスでは

風景画は人物画よりも絵画のランクが低くみられていたので

ターナーは常に斬新な表現に挑戦して

風景画の地位を向上させようとしていたよう。。


(人物を描くのが苦手だったせいもあったのかもしれないけれど…(-_-;)




ターナー展『では、』晩年に描かれた印象派的な色彩のものや


強い光を表現した『レグルス』…


そして、Chrome Yellowをふんだんに使った

『サン・ベネット教会、フジーナ港の方角を望む』など

とても心惹かれる作品がたくさんありました♪



皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?
[PR]

by ai-3sun | 2013-12-02 18:10 | scenery