恋する器にカプレーゼをのせて


こんな時にのんきだと言われそうだけど、こんな時だからこそ
以前から欲しいと思っていた器を購入しました。


中園さんの作品ではありませんが、やはり人気のある作家さんで
すぐに売り切れてしまうそうです。


何となく夜空のお月様を彷彿とさせるような色合いで、とても好き!
(そう思うのは、わたしだけかな?)

迷った末、最初に載せる料理はコレにしました。



       彩り鮮やかな「トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ」


d0016069_13555405.jpg



器好きの方は、「器を我が家にお迎えする」って言うんですよ~♪

愛情のこもった言いまわしでしょ?


d0016069_13561689.jpg


器をお迎えするにあたっては、注意事項がいくつかあります。

作家さんの作品はデリケートなので、使い始めにやらなければならない事があり
その上、食洗機や電子レンジは不可だという事です。

それに
もしも割ってしまったらと思うと、お皿を洗う時も緊張しちゃう!


でも、大丈夫!!

割れてしまった時は、「金継ぎ」という方法があるんですって。

もちろん金額は高いけどね。

足利義政が大切にしていたという”鎹(かすがい)で止めた茶の湯の青磁茶碗”のように
私もこれから先、この器をずっと長く愛でたいなぁ…


生きていくには、
愛するという「モチベーション」が必要なんじゃないかと思います。

---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2017-09-15 22:47 | ココロ ココニ