フリースタイルダンジョン Monster Tours(後編)


フリースタイルダンジョンが、2015年9月29日からスタートして早1年!

というコトで、はとバスの慰安旅行をしているモンスター達、この日は浅草のホッピー通りで乾杯♪


(前編では新宿「花園神社」で神頼みサイファー…からの渋谷「タワレコ」巡りだった。)


《花林糖酒場ひろにて》

(”DOTAMA”さん、なんだお酒飲んでるじゃん!!w)


◇質問◇ モンスターの皆さんは、初めどうやってフリースタイルを練習したんですか?


”漢さん”:

ラップをやろうって思ったら、皆フリースタイルやってるよ、最初。

テープデッキあって録音ボタン押して、二人か三人で「俺らが始めるフリースタイル」

(…と言って手をたたく。)

”サ上さん”:

「俺もかますぜ!かますぜ!かますぜ!」 早くかませよ!

”Rさん”:

大阪の仲間うちでやってたのが、普段の会話で気付かれないように韻を踏む。

”漢さん”: 韻トレだね

”Rさん”:

皆で喋ってて「ティラミス」ってメニュー見つけた人が「俺もピラティスとか行ってみたいな~」

皆その場は普通の会話やと思うけど、そいつだけスゲードヤ顔。

「お前ら今踏んだの気付かんかったな」「あ~」みたいになって。

そこから誰かがお題を出して、「このお酒紀州南高梅使ってんねや~」って言った瞬間に

シーンとなって、『紀州南高梅』で考え出す。

”CHICOちゃん”:

本当そういう時期ある!「23個上」とか、全踏みしてるわ!

”Rさん”:

それでシーンとなる事を俺らの間では「ラッパーズサイレンス」www

*『関ジャム』の「注目ラップの世界を徹底解剖」2016・11放送でも”紀州南高梅”のくだりを言っていた!

 (そして、↓の”TKda黒ぶち”×”ACE” のバトルも「バイブス」の説明で使用されていたので
 公開することにしました。)
  
---------------------------------------


ここで年間BEST BOUTOの発表!

”DOTAMA”が選んだのは1st season Rec.4 の”TKda黒ぶち”×”ACE”


〈Round1〉

”TKda黒ぶち”:

あれれ?山下 嘘ついてる?やましさ

あんじゃねぇの バレてるその顔なら

こいつがマジで視聴率下げる事になる

俺が勝てば視聴率は UP UP  (ここで”CHICOちゃん”がUP UPをかぶせる)

ナップサック背負って 外へ出かけるような感じさ

さぁ 山下もかなりラップヤバイから Checkしといてくれ

あっ 間違えたACE だけどチャレンジャーが制す


”ACE”:

何が制すかわからねぇが オメェのペースにはならねんだよ

足りねんだよ 中身が

わかるか?山下じゃねえんだよ

マイクロフォン こいつはNot 飾りじゃ

わかるか?君はUP UPならば もっとRAP RAP

まるでラ・フランス それかタップダンス?

さっきからピョンピョン飛び跳ねてる このクソ眼鏡

俺がいつだって この手が出る マイクロフォンでメガ蹴る


”TKda黒ぶち”:

言葉が出てくるぜ どんどん跳ねるピョンピョン

トントン拍子にはいかないぜ 今度のは上がってるぜ

これはコントじゃないぞ ガチなラップって事を聞かす

ただ単の早口じゃないよ

内容がないよって言ったけど 俺はちゃんと詰めてる

まるでウインナーみたいな感じさ 腸詰め

このチャレンジャー超強ぇって皆言ってるはずだぜ

春日部レペゼン マイク Yeah


”ACE”:

OK お前がウインナーでも絶対なれないWinner

わかるか?俺がこの場所で取るだけのWinだ

わかるか?Bring the beatしても痛み 怒りも何もないぜ

実際に見せてくだけだぜ 俺のラップのスキル

お前が超強ぇ 超うめぇ でも超ブレる 俺の方が超ヤベェ

見せるだけだぜ この坊やへ

わかるか?お前はどっかへ行けばいいんだ

絶対超えられない俺の防波堤 俺が勝者だ


(1st seasonのこの頃の私は、まだ「山下」=「ACE」だとすぐにわからなかった(^^;

 後攻を取った方が有利だというコトも知らなかったな。)

”DOTAMA”さんのコメント:

この試合は本当にお互いが物凄いバイブス高めで、早口で3~4文字の韻を踏んでくっていう

2人とも同タイプで、それが上手く噛み合った一番いい試合。


”CHICOちゃん”:

あれ、一つ実は裏話があってTKくん、その時期アルバムの発売前で、アルバムのプレスミスが

ダンジョン会場でわかった。(それで)「バトルやるしかねぇ!」って言ってバトルに臨んだ。

”漢さん”:

「アルバム出せないんだったら、自分はここで専念するしかねぇ」ってことね。


---------------------------------------


この後はホッピーを飲みながらのモンスター達のサイファーが始まる。


◇個人的に面白かったところをピックアップ◇

”T-PABLOW”:

飲むぜ いつでも そう割る量なら濃くね

今からHIP HOPの時代も来たと思ってる

嘘じゃねぇ 南の島じゃなくて まるで北海道へさせるぐらい

寒いようなライム

まるで そう生涯童貞の奴とは違ぇ

勝利の女神なら抱き過ぎって漢さんに言われたぐらいな感じ (コレ評判になってたよねw)

見兼ねたような奴らじゃねぇ ここに集まったライマー

いつでも燃やせる松明

---------------------------------------

その後、Rさんがリクエストの『カラオケ館』へ移動。

そして、Rさんが選んだ年間BEST BOUTが”GADORO”×”Mr.Q”〔1st season Rec.5〕


〈Round2〉

”GADORO”:

Mr.Q お前はヤバスギルスキルも出せてないな

今日は調子はどうした?

昔 3on3のDVDで観た時のバトルならば もっとヤバかった

なのに何でかな?もっと音に乗りな

そんな事も出来ぬのならば 俺の方がヤバいラッパー

こんなザコに負けるならば バトルやめてやるさ

俺の方がヤバいライマー お前のここで排除


”Mr.Q”:

ヤバスギルスキルがどうのこうのとか言うなボケ

マジで俺の方がヤベェって事を見せるぜ

Yo! ラッパ我リヤレペゼン

温まりな待った無しだ 発射台はお前に向かってるぜ! (この辺からRさんが超嬉しそうな顔をする)

Yeah 俺がQ レペゼン走馬党 これがフリースタイルの教科書

どうなの?お前気合入ってねぇし が~ん

膝もガクガクでぶるってんじゃねぇの?

才能ないんじゃねぇの?


”GADORO”:

才能がねぇって自分で言っちゃったならば聞かせるよGADOROライム最後まで

響かせるライミングを会場まで

わかりますか?お前には そう韻踏み外しても関係はない

俺にはカンペはない だって断然ヤバい

お前は反省の会でもしときなさい

お前には気持ちがない バトル見込みがない

お前は独り立ちで bye


”Mr.Q”:

何文字で何文字で踏んでりゃ えれぇ訳じゃねぇんだよ 
(この辺りでモンスター達が口々に感想を述べ始める。)

こっちの方がDanger わかってんだろ?舐めんな小僧

Ha?そこら辺 分かってんのか?

音に合わせてフロウ 俺のフロウ突き刺さるぜ

俺がQです 集計とってみりゃわかるぜ

どっちがヤバいか 俺がお前の100万倍だ


(Rさんの感想)

ダンジョンに出てくる事ってベテランの人ほどキツいと思うので

そこに出てくる勇気の段階で格好いい。出て来て、

GADOROみたいに今のスタイルをガッツリやってくる新しく洗練されたフリースタイルに対して

Qさんは「温まりなラッパ我リヤ」とか、自分の持っているお家芸みたいなので

まずバッと沸かしてやってきた奴の強みみたいなので言わしたのがよかった。


次に”漢 a.k.a GAMI”が選んだBEST BOUT!

2nd season Rec.3  ”スナフキン”×”T-PABLOW”のRound1!

(これは自分のブログにメモってたと思っていたのに、やってもうた!不覚!迂闊!)


”漢さん”のコメント:

控室で俺、DOTAMA先生の横にいたんだけど

「Vroom Vroom S500」って(T-PABLOWが)言った時に

DOTAMAが「うぉ~!」ってなりだして、「EMINEMみたいに」って言った瞬間に

「ケツを出す」を(DOTAMAが)かぶせたからね!

先生とT-PABLOWのセンスの違いは服装から全部だけど、そこの領域だけは共有するっていう

そういう色んなシンクロを見た試合だった。


--------------------------------------

この後、モンスター達の”カラオケ大会”!!


◇サ上さん → 曲「ほっとけないよ」


◇CHICO & R-指定 → 「サンキュー」


◇DOTAMA  → 「ultra soul」


◇漢さん  → 「離したくはない」

(漢さんに肩を抱かれて、困ってドギマギしてる”DOTAMA”さんがカワ(・∀・)イイ!!

 あんなにいつもコンプラ野郎なのにね!そういうギャップか。。w)


--------------------------------------

次週から3rd season 突入!

そして、大幅なルール改定あり!!

”挑戦者は3人チームとなって、バトルステージは全部で5つ”となるらしい。


ざっくりし過ぎてて、よくわからないな…


(掌幻さんのTwitterに、「もうフリースタイルダンジョンには出ない」とあった。

 結婚式のインスタにサ上さんは映っていたけど、、、)

-------------------------------------

Dungeon Guest Liveは EGO / 『Turn Up』

(EGO)

GRAND MASTERが誇る最新型日本語ラッパー





--------------------------------------


[PR]

by ai-3sun | 2016-09-30 23:06 | フリースタイルダンジョン