フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.4-5 [REVENGERS WAR] え?ウソでしょ?まさか”ACE”が!


前回に引き続きリベンジャーは”GADORO”(24)だ!

魂のパンチラインが炸裂の”GADORO”は

借金を返済して底辺から平凡な生活に戻ることが出来るのか?

掴め、HIP HOP DREAM!!!


---------------------------------------


”GADORO”が3RD BATTLEで対戦するモンスターは”R-指定”だ!


”R-指定”にこの戦いへの意気込みを訊いてみると

「俺自身、ちょっと喉をやっちゃってるので…」と喉を痛めた事を告白。

(ずい分前に、DJ松永さんのTwitterで言ってたよね、大丈夫か?この試合?)

バトルの負担にならないように、筆談で書いてもらうと

「年明けからのハードスケジュールで声帯が変形したみたいです。

 本当は一週間しゃべってはいけないらしい…」とのこと。

こんな状態でバトルが出来るのか?という質問に対して

「ハンデ」と書く。   「くぅ~、言うよね~」by UZI


Round1が始まる前に「頑張って今日の喉の調子を戻しているっていう情報を…」と

ジブさんが言うと、それを制しながら”R-指定”が

「エイエイ」と発声練習をし、「大丈夫です!」と言う。(ハンデを負っていても力強いぜ!)


---------------------------------------


〈Round1〉 ビートは『Grindin' / Clipse』


”R-指定”:

皆 家帰って You Tubeで チプルソって調べて

コイツにそっくりやから

チプルソのスタイル コイツ丸パクリ

お前みたいな雑魚のMC ここはバリアフリー

だけどお前の顔面につける紙やすり

秋なすびは食わせられへん まるで802でかかれへん

お前はパクリだけ 最初の4小節即興

後の4小節 全部ネタや


”GADORO”:

結局それだけしか言えねぇ

チプスソっていうネタ お前が言うと思わんかった

それは2014年まで お前は負け クソなMCは脱線

ロン毛+ヒゲ面がトレードマークのコイツ倒し

奇跡起こす フォレスト・ガンプ

虚勢を張るだけの往年のChampも

俺を目の当たりすれば奴隷と化す


”Rさん”:

フォレスト・ガンプみたいに自分にダメなとこがあっても

ステージ上に上がってきた俺

な 聞いたらわかるやろ 残りのロン毛からのやつ

完成度高すぎて書いてきた歌詞みたいや

お前 即興じゃねぇなネタを丸暗記?

まるで安物のメッキ ドンキのアルマーニ

フリースタイラーとして あるまじき行為

俺 ラップジャンキー 俺の喋り桂春団治 


”GADORO”:

ジャンキーじゃないよ

お前は缶ビール飲み干したような生ビール (←この時”Rさん”が”GADORO”に詰め寄って来る)

つまり缶酎ハイ 眼中ない

ヒゲ面 お前ちょっとどいとけ

クソみたいなWack

お前 近距離過ぎて気持ち悪ぃんだ馬鹿野郎

俺は本気でやってる

本心でバトルやってやろうじゃねぇか

コイツはマジでそう手出すのは無しか

まるでこんにゃく打法金無し 近鉄の梨田


【判定は?】

モンスター3票獲得で、勝者モンスター”R-指定”!!


但し、ジブさんが「ちょっと一つだけ注意を。バトル中出来るだけ

相手に触れないようにしてください。宜しくお願いします」と”R-指定”に注意する。

(ジブさんのTwitterを読んでたら”GADORO”に注意してたんだってね!酷い話だ!)

ERONEさんのコメント:

R-指定がガラにもなくというか、スゲェ詰め寄ってモンスターの本気が怖かった。

GADOROがそれに対し引かなかったので、俺はGADOROに上げました。


(Rさんは声がいつもより出なかった分、何でもアリ(diversity)な格闘技?で勝負wかな。)


〈Round2〉 ビートは『ライミン術 / HILL THE IQ and DJ KOUSUKE』


”R-指定”:

一つ注意 手は出すな

その程度のスキルで出しゃ張るな

俺のスキルで届く天高くな

俺はしっかりスキル磨いて切磋琢磨

お前ちゃんと睨んでるか

近づいても所詮そのぐらいの根性しかない

しっかり仕込んできたネタ もうネタ切れか?

ならば俺なら スタミナは切れねぇ歌で歌うだけだ


”GADORO”:

俺もしねぇぜ スタミナ切れ

このバトル無駄にはしねぇからしっかりとかかってこいよ

指でなぞらえたようなライム まるで目次のなぞり書き

お前のラップにしおりはねぇな

そんな感じでしっかりと伝えてくれ

いけすかんような感じ お前のヒゲ面

何回も言うが もしお前彼女とチューした時でも

お前 彼女から嫌がられるような顔面だな


”Rさん”:

彼女に嫌がられても 彼女に金を借りるような

ダサい真似はしないのが俺のやり方

俺はラップ耳元で言うだけで彼女はしっかり落ちる

お前みたいに借りは返さずな

何だ?お前俺の見た目dis

今になってそんな事言っているお前の方がスタミナ切れ

歌いまくれ使いっぱしりのネタで

お前 GADORO 宮崎にコイツが塗った泥


”GADORO”:

スタミナ切れと歌いまくれって 全然韻踏んでねぇぞ

もっとしっかりと語尾を厚く拾って来い  (残念、ココでちょっと噛んだ!)

そんな状況だ

でも噛んだけどなんだかんだ範馬なんだ

アンダーグラウンド盛り上げる 俺がGADOROだ

しっかりと伝える まだまだ負けられねぇ

1対1 審査員しっかり空気を読んでください

次の3本目で今日 全て覆す

お前の下手さはすぐバレる


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者モンスター”R-指定”!!


(マンスリー審査員)DARTHREIDERさんのコメント:

”ネタ””ネタじゃない”論争っていうのがフリースタイルバトルではよくあるんですけど

フリースタイルっていうのは脳みその中に入っているものを何でも使って

武器にして戦うもんだと思うので、そういった意味ではGADOROは

R-指定のネタだろって煽りに付き合わず、いつも通りの戦い方をしていた方が戦えたと思う。

これはフリースタイルバトルのそれぞれのMCのスタイルなんで、

完全に持ちネタをピタっとはめて必殺技みたいに出して決まればそれはそれで盛り上がれば勝ちだし、

GADOROに関しては凄い量の技が頭の中に入っているラッパーっていうイメージがあるだけに

(R-指定は)それを出させないようにした。

R-指定の作戦勝ちをクリティカルが証明しちゃったかなと思う。


”GADORO”:「めっちゃ焦ったというか、熱くなりすぎて…。次はR-指定を殺したいですね」


(2ND BATTLEまで調子が良かった”GADORO”があっさりと敗退してしまった!

 バトルに負けても、彼女に少しでもお金を返してあげられるよう頑張って!)


---------------------------------------


次のリベンジャーは「ラストラップサムライ」こと”ACE”(26)だ。


”ACE”はブラジル生まれ新宿育ち。

バラエティ番組などにも多数出演し話題を呼んでいる。

自ら講師を務めるラップ教室も大盛況!

今年は12月に2ndアルバム「Light down」をリリース予定。


”ACE”はRec.4でチャレンジャーとして登場し”DOTAMA”と対戦したが

隠れモンスターとしての仕事が果たせなかった。


「今回はチャレンジャー側で”DOTAMA”さんに勝つ事がゲームの始まり」

「モンスター達はラップしてて楽しそうじゃないから、本気でバチバチのバトルにしたいと思います」

…と言う”ACE”。


一方、”T-PABLOW”は

「(”ACE”は)バトルが強くても、絶対俺の方が格好いいって自信を持ってます」


果たして、結末は?


---------------------------------------

〈Round1〉 ビートは『Resynthesis / grooveman Spot』


”T-PABLOW”:

こん中でラップやりてぇ奴いたら川崎来い

一緒にやろうぜ

知ってる 金かかんねー遊び方

お前 金とってんのアコギだな

知らねぇ HIP HOPとラッパーの事

勘違いしてる ただの小僧増やすだけ

帰りな ママの元

教えるHIP HOP 習うHIP HOPおままごと


”ACE”:

はい ラップやりたい奴いたら

毎週金曜日 渋谷のTSUTAYA前に来ようぜ

渋谷サイファー 金とってるアコギな商売

今日はラップ使って遊びましょうかい

ただの小僧 お前は単なるおままごと

わかるかな結局 T-PABLOW   (”T-PABLOW”の肩を叩く”ACE”)

俺で倒れて 血出すぞ


”T-PABLOW”:

血なんて出さねぇんだよクソ

ぐらいな感じ 俺の方がイケてるフロウ

てゆうか 金かかんないでラジカセ1個囲んで

ラップ出来んのがHIP HOPじゃねぇのかよ

上がってる リングの中 武器になったんだ貧富の差が

昔まで嫌な人生だったけど

コイツ真剣に使って研ぎ澄ます神経


”ACE”:

全然ラジカセもいらねぇんだよ

魂 そして声だけがあれば

それだけで成立するのがHIP HOPなんだよ

わかってねぇな わかるか?成立しない

俺が貧富の差いやキングと陳腐の差

見せてやるぜこのリングの上お前はリングの下

まぁ結局のところ何がHIP HOPなのか

ここの勝者が一番 HIP HOPなのさ


【判定は?】

モンスター4票獲得で、勝者”T-PABLOW”!!


(LiLyさんのコメントを聞きながら、テレ笑いをする”T-PABLOW”がカワイイ♪)


”ACE”は余裕を見せて「楽しいっすね」「やりがいがある」と言う。

ジブさんが「T-PABLOWは?」と質問すると、”T-PABLOW”が不思議な笑い方をする。


〈Round2〉 ビートは『LAILA / TETRAD THE GANG OF FOUR』


”T-PABLOW”:

また先攻やれて高ぇ モチベーション

今日から絶対俺のとこ来るぜ教え子

教えんぞラップってのは HIP HOPてのは生き方

つまりそれもわかってない奴じゃ無理

わかるレペゼンSuicide 俺 仲間と How High (ここでRさんが手をたたく)

また俺は 仲間と俺は遊びながらやってるだけだ

遊び方は絶対にHIP HOP これだ

ずっとこれでやってきた


”ACE”:

そのフロウなんて誰だって出来る

結局生き方っていうか生き様

わかるか?引き際なんてものはないのよ  (←ここから早口になる)

このHIP HOPのプロってやつを

俺が魅せつけて八つ裂きにしてやるだけだぜ バーカ

君はT-PABLOWでもいい

俺の方が韻吐く子 わかるかな残してくインパクト

またもやインサイドでインファイト

またもや上昇していこうありきたりな韻でも

まだまだ足りないラガーフローも出来るのかな

かまそう騒ごう


”T-PABLOW”:

HIP HOPならば絶対関係ねぇ

ってか いらねぇよ教科書

大事なのは放課後

かっけぇのが正義だろ 嘘じゃねぇ

前歯10本折られて学んだ HIP HOPと礼儀作法  (モンスター達が拍手喝采!)

それが俺の生き方てか

俺 右肩上がりの人生だからやってくだけ

ACEくん  

アコギな商売ばかりしてんじゃねぇよ


”ACE”:

前歯の10本折られた後に

心の牙をACEにポキッと折られて終わり

さらに学ばせてやろうぜ

アコギな商売じゃねぇ I don't give a 〔コンプラ〕だぜ

結局のところは教訓学ぶかもしれねぇ

ACEは今日 暴君

お前がどう来るか知らねぇが直通

いつだって言葉と韻で君の心にショック


【判定は?】

クリティカルヒットで勝者モンスター”T-PABLOW”!!


KENさんのコメント:

多分このレベルになると、どっちが悪かったかの次元では全くない。

ACEくんがずっと早口でやっててそれも盛り上がるんだけど、T-PABLOWがやってたところって

早口だけじゃなくビートのとり方も最新のビートアプローチで、

「教科書大事なのは放課後だろ!」「いらねぇよ教科書」「前歯10本折られて覚えた礼儀作法」

とか、ほぼリリックがアートに近い歌詞間の世界観。 

(これを聞いて”T-PABLOW”がテレる。”ACE”も拍手を贈る。)

そこに対して、ACEがT-PABLOWの積み重ねてきた物をどの部分で上回っていくかというポイントで

上回り切れなかったと思う。


いとうせいこうさんも「僅差でこういう結果になった」と言うと

”ACE”が「これ 夢ですよね?」と皆に問いかけるが、

《これが現実》なのでバトル敗退となった。


(まるで憑き物が落ちたような”T-PABLOW”の覚醒ぶりだったね!)

--------------------------------------


「Dungeon Guest Live」は”YOUNG JUJU”の『The Way』


(YOUNG JUJU)

KANDY TOWN / BCDMGのラッパー

アパレル界隈を巻き込んだ幅広い活動でも注目を集めている。




*デビューアルバムがまもなくリリース!!


--------------------------------------

(モンスタールームのヒーローインタビュー)w

漢さんが”サイプレスカミノ”くんに

「今日何でこんな確変が?変なクスリでも?」と訊ねると

「それはコンプラです」とサ上さん。w

戻って来た”T-PABLOW”に向かってサ上さんが

「T-PABLOW マジで格好よかったっす」と言ってから

モンスターの人数を数え始め、「モンスターがひとり多い?」

指をしゃぶって座っている人に向かって「勝手に入って来て、誰すか?」と言う。

漢さんが「山上(DOTAMAさんのこと) ちょっと聞いてみろよ」というコトで

その相手とコソコソした後、

「”皆 俺と戦いたい 戦いたいって。 ヤりたい ヤりたいって…

  この変態どもが!”     …と仰ってます」と”DOTAMA”w(通訳が上手い)


そうです! 指をしゃぶっていたのは、なんと”般若”でした!www


--------------------------------------

次回は「モンスターツアーズ!と年間ベストバウト発表!」

あなたの好きなアノ”ラッパー”もきっと出てきますよ~ん♪ 

お楽しみにーーーーーー!!

--------------------------------------




[PR]

by ai-3sun | 2016-09-15 13:58 | フリースタイルダンジョン