フリースタイルダンジョン 2nd season Rec.2-3 Twitterで炎上した”HIDADDY”?

今回、一人目のチャレンジャーは

「藤沢のソウルフルラッパー」こと”TARO SOUL”(34)だ。



”TARO SOUL”は、父親が聴いていたブラックミュージックと

『The Notorious B.I.G』に感化された異色のラッパー。


KENさんとは早稲田大学ソウルミュージック研究会でラップスキルに

磨きをかけていた戦友同志。

10年間バトル参戦なしだが、戦いたいモンスターはと訊ねられると

”漢 a.k.a. GAMI”だと答える。

漢さんの後輩”メシアTHEフライ”にバトルでボコボコにされたので

そのリベンジという事らしい。(一番悔しい試合だったという。)

フリースタイルダンジョン出場を決めたのは、

自分の結婚パーティーでジブさんにスピーチを頼んだら

その時に「”TARO"もチャレンジャーどう?」と無茶ブリされたんだって。

「一番断れない場所で…」と困った様子の”TARO SOUL”。


そして、1st BATTLEの対戦相手はリクエスト通りの漢さんだ。


漢さん、”TARO SOUL”に向かって「何?もしかして”うらメシア”的姿勢?」

と言い、その後で「僕、表メシアな感じで行かせてもらいます」


(Round1)

”TARO SOUL”:

冷めた目でフルボッコと見せかけて ちょっと優しそうな表情

その奥にある熱いヤツ 引きずり出して

俺がバシバシぶつけ合うような このフリースタイルのダンジョン

HIP HOPをぶつけ合う そんな価値観 かじかんじゃないぜ

俺のMicrophone いつだって Hot

そういう事さ 漢さん 見してくれよ


”漢さん”:

とうとう来たな この時が

とっとと消えろよ このクソガキが

おい よく見てみろ お前じゃ甘ちゃん全然物足りねぇ

俺ならこう お前はあっち 出口 お前のお口にチャックしてやる

もしくはジャックナイフ 切り裂く

今日はフルボッコ お前はままごと


”TARO SOUL”:

ままごとに見えるなら その眼差し どういう事なんだろう? 

その見た目じゃなくて その視線も

ちょっと怪しいもんだな 俺がままごとに見えるかどうか

新宿の色んなとこ見てきて その真実を描いてる

それも霞んじまうか?

んな事ないぞ 俺のHIP HOPは絶対否定させねぇ


”漢さん”:

別に否定してねぇし 差別もしてねぇが区別はするぜ

リリックで飛び回る 俺はいつでも concrete jungle

お前にパンチをくれてやる シャッフルさせる脳みそ

ふざけんじゃねぇよ

テメェさっきは嘘ついて ブルッてる単なるバカ

俺はブルドックみたいに 噛み付くようなバカ


《判定は?》なんとクリティカルヒットで”漢さん”の勝利!


LiLyさんのコメント:

”TARO SOUL”さん先攻取ったけれど、その先攻がアルバムで言うと

インターリュードじゃないですけど、漢さんを立てる為の前座に思えた。


ERONEさん:

せっかく「歌える」って言ったのに歌もでなかったし、結局

言い出しの「フルボッコ」に対してGAMIは最後の最後で

「フルボッコ」「ブルドック」で戻して、話の筋も通した。

やっぱモンスター強いっす」


KENさんのコメント:

バトルとはいえ(”TARO”は)人をあんまりディスったりしない人なんですよ。

(人の良さが出てしまったみたいだね)

漢くんが”TARO”の前半の熱いバースを受けて

「とうとう来たなこの時が」で入って「このクソガキが」の時にメチャクチャ怖くて

バトルで勝ちまくってた時のがフラッシュバックしてきて。

でも、あの漢さんが見れたのは”TARO”(が相手)だからかなと思った。


---------------------------------------

(般若ルーム)

般若が横になって両足を広げているが、悪魔のしっぽが妙な具合になっている。

(わたしぃ、女のコだからこれ以上言えません。。 (///ω///)

端っこで景子ちゃんが見てるのに(*ノωノ)!!


山下:「ねぇねぇ ERONE  改名する気ない?」

ERONEさん「あるよ」と答える。

山下:「ドERONEにすれば?」  ←KENさんは手を叩いて喜ぶが

ERONEさんは「無理無理」と…  www


(その後Twitterで、もっと面白い返しをすればよかったと後悔してるERONEさんだw)

---------------------------------------

二人目のチャレンジャーは「浪速の核弾頭」こと”HIDADDY”(36)だ。

大阪の最強ラップ集団『韻踏合組合』のクルー。

8枚目のアルバム「REAL GOLD」をリリース!

現在は楽曲制作や自分が経営している『一二三屋』の仕事が中心。


「ERONEさんが”うん”っていう勝ち方が出来ればクリティカルが出せるんじゃないですかね」

と自信満々の”HIDADDY”だ。

登場の仕方もくるりと回ってみせたりと相当派手で、観客は大盛り上がり。

(人気者なんだね^^)

「今日はモンスターが相当強くて」とジブさんが言うと

”HIDADDY”は「この流れ、僕も無理でしょう」と謙遜?するものの

客席にシャツ?を投げたりとバッチリ観客のハートを掴んでいるようだ。

”HIDADDY”のTシャツには【ブラック企業】とプリントされている。

パンチのあるヘアスタイルに長いヒゲ、グラサン、、、インパクト大だ!!


対戦相手はモンスター”CHICO CARLITO”!

(Round1)

”CHICO CARLITO”:

チャレンジャー全員 一回戦負け

フリースタイルダンジョンの裏クリティカル

決めます 俺がマイクで奏でる 音奏でるフロウ見せる あれれ?

ブラック企業 もしかして俺が優勝したところ? No No No No

そうはさせない 俺の言葉 マイク使ってアンタと対話


”HIDADDY”:

ネットで炎上 ブラック企業 でもEnjoy ラップの修行

関係ねぇ 周りのネットサーフィンより 心斎橋南でリアルなサーファー

お前がCHICO CARLITO?

×××のカリとか よく言われてるけど

俺は踏まないそんな韻 せいぜい ちっこい狩人(会場で歓声が上がる)


”CHICO CARLITO”:

ちっこい狩人かもしれないけど 撃ち抜くぜ マイクで

ネットサーフィンじゃなく ネット難民

俺 ラップでヘッドバンギング

しかもお前ら エントランスフリー

見てみスキルの差 天と地 まるで Kendrick

マイク持って 一発で決めるぜ


”HIDADDY”:

そんな Kendrick より 俺ならテリトリー 手に取りで鉛筆で点取りよりも

お前には無理無理 CHICO CARLITO ここで終わるからさ

え?何? エスパニョーラ コモエスタ (←スペイン語でコモエスタは”元気?”って意味)

お前は××××ですか?ってな

錆び付いた この伝家の宝刀

スベってるお前は TENGAのローション


《判定は?》チャレンジャー4票で”HIDADDY”の勝利!

”HIDADDY”思わず「ERONE!」と叫ぶ。

(ERONEさんだけモンスターに入れてたからねw)


ERONEさん曰く「だって、厳正な判定の結果ですよ」


KENさんのコメント:

CHICOの”ネット難民”で溜めてからの”ヘッドバンギング”の落としが

相当格好良くって、これはCHICO来たな、と思ってたんですけど

HIDAくんの最後の滑り込みの「伝家の宝刀」から「TENGAのローション」の

”滑ってる”のくだりがさらに重いパンチに重なってきたので

凄ぇなと思った。


(Round2)

”CHICO CARLITO”:

ラップじゃなくて もしかしたらダンスの方が上手そう

あれれ? そんな事言う気はないけど

TENGAのローションで 韻 仕込んでる おい おい

本当の事言えよ 踊ってる 見てみ?これ俺の掌の上で踊るだけ

まるでマリオネットみたいだぜ Hey


”HIDADDY”:

お前の掌 小さすぎて踊れな~い 無理無理

もちろんダンスの方が上手いか

どっちも上手いんだ ダンスとラップ

もちろんダンスにラップ グラフィティDJ スクラッチもするぜ

自分でMixしてDC つまり俺は GRAND MASTER


”CHICO CARLITO”:

いやいや GRAND MASTERはジブさん 嘘つき

俺はこの小ちゃい手で 年末100万掴んだ男 アンタはどう?

1回戦ボーイ 挽回するには今しかないっすよ

掴んでみ 俺はこの場所動きも隠れもしないぜ


”HIDADDY”:

隠れときな CHICO CARLITO

GRAND MASTER ブランコ巻くわ

いい眠りよりも 湯けむりのように消えちまいな

やっつけに来たぜ新木場に 明かそう in HIDADDY

もちろん嫌いになる前に帰りな オーパエリア


《判定は?》チャレンジャー3票で”HIDADDY”の勝利となった!


SIMON JAPさんのコメント:

ラップよりダンス上手そうって、”HIDADDY”くん万能なんですよ。

そのまんまちゃんと言い返してたし、圧勝だなって感じですね。


(確かにダンスはジブさんと同じくらい上手かった!)



(モンスタールーム)

漢さん「おいコラ”HIDADDY” やってくれたな 我々のCHICO CARLITO

まぁ この4人がゆっくりと君を ち●▼*… (まわりも笑う)

まっ、噛んじゃったけど まぁ ゆっくりとやっちゃおうよ!」


---------------------------------------

【2nd BATTLE】の対戦相手は、モンスター”サイプレス上野”だ。

(Round1)


”サ上さん”:

HIDADDYの奥さん観てるか?

横浜のプリンスと不倫しよう (←今、こーゆー発言はファンキー過ぎるのでダメです!)

そういう感じでおっぱじめてやる

目の前にいるのは もちろんブラック企業

まあ”CIMA”も来てたけど

もう一度聞くよ 一二三屋暇なの?

社長が来たとこで

10万円ぐらい持って帰ればいいんじゃねぇの


”HIDADDY”:

暇じゃなぇぜ 齷齪堂々 お前を倒すアクセルロード

アクセスしようと 俺は踏み込むぜ 韻とアクセルを

俺に託せるの?それかキセルじゃないけどさ

今日はホテル代・交通費全て自腹 分からすコイツに


”サ上さん”:

全てが自腹 それってブラック企業で まだ金あるの?

分かんないけど マジ炎上して Twitterで駄目な返答してましたね
             (ココ↑で”DOTAMA”が堪えきれず笑う)
貴方にない感性 やってやるぜ今 HIDADDYとバトルで

まあ HIDADDY わしゃ行くで

まあ こんな感じで Have a Nice Day


”HIDADDY”:

Have a Nice Day 羽ばたいて でも葉っぱは吸わない 今日はシラフで

サイプレス上野 細工をせず上を目指すぜ

お前はブサイクですよ

もちろんサイプレス お前のCDが売れても再プレスはせず

常に非売品くらわす 俺がHIDADDY



《判定は?》

クリティカルヒットで勝者”HIDADDY”!!


ERONEさんのコメント:

一二三屋が暇じゃなかったという事で理解してもらえるでしょうか?

実際、自腹で番組来てるんですよ、勝つ為に。

そういうのが嘘もついてないし、「非売品」「HIDADDY」は見せ方込みで

鬱陶しいけど気持ちいい。


いとうせいこうさんのコメント:

ただの脚韻じゃなく散らばしてく韻ですね。

あらゆる所に埋め込んで、遊びのように見えてる。

あの黒目の中はもの凄くマジなんじゃないかと思います。

その凄みがドンドン出て来て。

サ上 あんなに”はなび”戦良かったのにな~!

ちょっといきなり天国から地獄じゃないですかね。


(と言うわけで、3rd BATTLE は次週へ!)

---------------------------------------

(般若ルーム)

山下:「SIMON JAPさん!  顔が怖いです!」


(いえいえ、山下さんもなかなかのモンですよ!w)

---------------------------------------

ダンジョンゲストライブは『十影ANTHEM』feat.たなけん

”十影”は東京ストリートを代表するラッパーの一人。 

--------------------------------------

エンディングの般若ルームでは、般若が自分の太腿を槍で突く。


そして、山下さんが「リンパ 解放!」と叫んだ!!


(景子ちゃんの出番、少なっ!ヽ(`Д´)ノ)

---------------------------------------

【Abema TV】で『フリースタイルダンジョン特別番組』の放送決定!!

モンスター達と過去のチャレンジャーでチームを組んでのチームバトル!

7月3日(日)に「SPECIAL PLUSチャンネル」にて放送。

---------------------------------------

そういえば、KREVAさんのTwitterで

「フリースタイルダンジョン」についてコメントありましたよね。

”自分がフリースタイルダンジョンに出ることは一生ない!”

”今度レコーディングする曲は、アンサーでもなんでもない”ということ。

般若の一方的な宣戦布告に相当気を悪くしているご様子ですが

クレバーな方ですから、今後も挑発に乗ることはないでしょう。

(ラッパーとしての生き方は、みんなちがって、みんないい!…んじゃない?)



さてさて、6月10日(金)22:00からオンエアされる

ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」のパーソナリティを

”KREVA”が担当するそうです♪


そして、現在エレメンツに所属するアーティスト

KICK THE CAN CREWのLITTLE・KREVA・MCU…などが楽曲制作した

studio tribute album『monday night studio session』を6月8日にリリース。

そのアルバムで女優の小西真奈美さんがKREVAの「トランキライザー」を歌っているそうですが、

やっぱり「トランキナイザー」はKREVAじゃなくっちゃね!


…とゆーわけで、KREVAの「トランキナイザー」はこっち  ↓





MVでは、モノクロームな部屋の中で、

(ピンクがかったような)くすんだ赤色を効果的に使っているところが素敵☆彡

もちろん、以前ブログに書いたように、リリックも好きだけど♪


---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-06-09 17:18 | フリースタイルダンジョン