フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.2-1 チャレンジャーは”RYOTA”と”はなび”

「2nd season Rec.2-1 始めるぞ~!」とジブさん。


2nd season Rec.2の舞台は《新木場AGEHA》♪

OPENING ACTは『フリースタイルダンジョン2016』(”掌幻”/ ”CHICO CALITO” / ”焚巻”)

シャレオツな会場で

今回からルールの説明やモンスターの紹介もおシャレになった!


そのあとモンスタールームが映し出されるが、ある異変が…

”T-PABLOW”がいない? ジブさんに尋ねられると、

「(”T-PABLOW”は)ちょっと体調が悪いらしくて今日は休みです」とサ上さん。(あら~)


Rさんは「会場も変わったんで心機一転で全員を倒そうと思います。」と意気揚々だ。


一方、般若ルームでは、般若が悪魔のコスプレをして背中を向けている。

山下:

「後ろ向きで失礼する」

「この時期になるとボスは特有の病気にかかってしまった」

「五月病だ」wwwԅ( ˘ω˘ ԅ)


---------------------------------------


さて、一人目のチャレンジャーは

「怖いもの知らずのワンダーボーイ」”RYOTA”(21)だ。

江戸川区出身(おっ、KREVAと同じ!)

音源やバトル戦績などはほぼ皆無で自らを「無名の新人」と名乗っている。

Twitterでジブさんに「FSJ出たいです!」という趣旨の事を連絡したら

関係者から返信があり、これに出られることになったというラッキーボーイだ。


ジブさんが”RYOTA”に「緊張してんな?」と尋ねると「してないです」という答え。

若手注目株と言われているらしいのだが…

そして、1st BATTLE の相手に”T-PABLOW”を指名していたが

本日欠席につき登場したのが”漢 a.k.a GAMI”

(会場が広くなったので、バトルフィールドの盛り上がり方がハンパない。)


〈Round1〉

漢さん:

ハッキリ言って 言う事はねぇ

お前の情報 何も知らねぇし見た事ねぇよ

みなぎるパワーどころか

お前みたいな アホな面を見たくはねぇ(いとうせいこうさん笑)

ここではモンスター 文句があるなら

アンダーグラウンド ちゃんと見ないと訳分からねぇぞ

これはトーナメントじゃねぇ

お前をセメントに埋めるような殺人事件のリリックだぜ


”RYOTA”:

色んな奴が言うぜ 他から上から また ほら

色んな奴に 「モンスタールーム馴れ合ってるだけじゃねぇ?」

俺はどこで無名と言われても関係ねぇ

文無しの無名 飛んでくだけ飛ぶ鳥を落とす勢いMC漢

Everything's gonna be all right?

大丈夫 売れない友達が信じる

俺も違うか 紅の豚 飛び続ける感覚

乱雑に叩き出す 万札で得る 大金を


漢さん:

おい ちゃんと一服 キメてこいよ

飛べねぇ豚はただの豚 紅の豚  
           (↓ Rさんの嬉しそうな顔が映る)
ばっくれんじゃねぇよ テメェみたいな年下のガキンチョが

鍵っこだった俺は あのガキの頃

だけど お前とは違うよ学校も 格好も

だけど お前は俺の恰好の的になってるだけなんだ(会場に拍手が起こる)

一発で速攻でK.O  これがマイク持った帝王


”RYOTA”:

格好もいっちょまえになるには 少し時間がかかるしな

マリファナを吸ったところで

俺は別にラップが上手くなるとは思わねぇんだ

タバコも酒もやらねぇ シラフでどこまでいけるか

シラフで見てる目ん玉 その先にリアルが待ってるからなぁ

音楽っていうのは そういうもの

HIP HOP以上 音楽未満になっちまうかもしれねぇ

だけど 俺はそれを信じ続けるぜ

だから無名と言われ続けても

スタジオにこもって 今日も歌を書いてる

それなりのリリック 今日はそれを吐き出す日だ 調子はいいか?


(”RYOTA”なかなか頑張ってる!熱い!漢さんも!)



Round1の判定はモンスター4票で勝者”漢 a.k.a GAMI”!!


いとうせいこうさんのコメント:

「ものすごくよく話を聞いてますよね、二人。

 だから、Disってるんだけどお互い自分の魂を相手に伝え合ってやってるから

 感動しました。漢がとにかくキレキレでパンチラインかましてくるから

 あれ、中々かわすの難しいでしょうね。」

ジブさんが「今日ノッてますね、漢。」と声をかけると

漢さんは「用心深く行かないといけない感じで

ちょっと精進しながらマイク握ります。」と答える。



〈Round2〉

「How we Rock feat.tarantula / Yakkie」 ビートがカッコいい♪


漢さん:

清々しいな お前とやってると

だけど酸っぱい甘い そんな思い出とはちょっと違う

俺はカタログで見ているような

お前みたいなプラモデルみたいに簡単に壊れるようなMCじゃねぇ

ちゃんとスパスパしとけよ 一服キメて

スパイみてぇに潜り込むだけじゃねぇ

モグラのように穴を掘る アンダーグラウンドだぜ


”RYOTA”:

吸い過ぎてラップが上手くなれるなら 俺だって吸うわ

そうじゃないからアンタだって未だにそこら辺なんだろ?

まぁぶっちゃけ 昔よりアンタの方が 今の方がかっけぇよ

だからこそ吸わねぇ 俺はあえてシラフでいく

誰か憧れの真似して

それで憧れになれるんだったら端からそうしてるわ

そうじゃねぇから 今ココにいるんだ

あくまでチャレンジャー 

俺は”R-指定”に勝てねぇのにラップやってるアイツらとは違ぇ


漢さん:

テレビで何の話してるんですか?

いったい俺の事 勘違いして (ERONEさん笑)

マリファナとか 大麻とか

やめてくんないかな?そういうハッタリみたいな言い訳 

やめてくれよ 大人相手に子どもを真面目にぶってるようだが

俺はBUDDHAやSHAKKAみたいな時代から見てんだ

あそこにもスターがいるが(ジブさん?を指さす)

お前は酸っぱい思い出作って帰るだけだ


”RYOTA”:

大丈夫 アンタだって俺にとってはスーパースターさ

そのなんかBUDDHAやSHAKKA その話はやめよう

俺にとって MC漢さ

だからまたほら リスクを背負ってでもバトルに出てる

刺青隠してバトル出てる アンタと同じだよ

本気でやってる それに関しては誰もが一緒

一生これに賭けてく 一人きり

で 今日もステージ立ってるぞ 一度きり

だから俺もMicrophone握る それが俺の一握りのパワー


〈Round2の判定は?〉

チャレンジャー2票、モンスター3票で勝者”漢 a.k.a GAMI”!


ジブさんが「もういきなり第1戦目から素晴らしいアツイ戦い」と言った後で、

LiLyさんのコメント:


「”T-PABLOW”を指名したのに漢さんを出してくる番組のえげつなさ、

 せっかく同世代で戦いたい少年に対して一番怖い人を当ててくる。

 後攻をとった最後の一言「一握りのパワー」、結構ギリギリだけど

 これを噛み締めたってのが一握りのパワーを出した2戦だと思ったので

 もう1戦見たかったので”RYOTA”さんに上げました。」

(なんとなくお母さん目線の温かさ感じさせるコメントだ)


モンスタールームの”DOTAMA”は

「ご自身でスパスパ吸うっていう話したのに

 テレビで何の話してるんだって、自分で餌撒いといて否定するっていう

 その漢さんのしたたかさとスキルがハンパないと思った。」


DJ KAORI(VIPルームゲスト):

「GAMIくんが落ち着いてるんで説得力があったのかなっていう…

 チャレンジャーはずっとMaxで、気持ちが先走ったって感じですよね。」


”RYOTA”は「もっとスキル磨いてお家で頑張ってきます」と退場していった。

(今後、Twitterで出場するバターン増えるかも?)

---------------------------------------

(般若ルーム)

今度は槍を持って前を向いている般若。もちろん悪魔の扮装で。

山下:

「やい!KEN THE 390!

 さっきお前の名前を使ってナンパしといたぞ

 しかも 一人や2人じゃない

 この会場で10人以上にな

 これで俺も DREAM BOY の一員だ

 喜べ! ハハハハハハハ!」  (KENさんそれを聞いて爽やかに笑う)


(KENさんにはナンパされたいです♡)

---------------------------------------

2人目のチャレンジャーは「下町のハードライムパンチャー」こと”はなび”(34)

元プロボクサーで、鳴かず飛ばずでずっとやっていたのだか

今がラッパー人生の山場だという。

ボクシング仕込みのバトルスタイルは『基本インファイトで近づく』こと。

連打連打で打ちまくりたい”はなび”は

導火線に火をつけてモンスターを打ち上げることが出来るのか?


1st BATTLE で”はなび”を迎え撃つモンスターは”サイプレス上野”だ。

今までのダンジョン史上、一番極悪な一番攻撃的なTシャツを着ている。

(黒字のTシャツに白で○で囲んだ”殺”の漢字、そのまわりに《殺害塩化ビニール》と書かれている。)

「コンプラかかるかなと期待している」とサ上さん。

「是非モザイクかけて欲しい」とも。。


< Round1> ビートは『MY MUZIK / RODEO』

判定は?

モンスター3票でサ上さんの勝利!(久々です!)


ERONEさんのコメント:

「”はなび”もすげぇライムもサンドバック ちゃんとラップして

 なんか落としどころバシバシと凄くいい試合だった。

 最後の「そこをどけよ」「速攻K.O」とかも良かったんすけど

 ちょっと今じゃないかなみたいな… 上野が若干上回りましたね。」


SIMON JAP:

「”はなび”はバンバン向き合うスタイルで格好良いなぁと思った。」

サ上さんは「久々に勝てたんで嬉しいっすね」と喜びを隠しきれない様子。

”はなび”は「ちょっと落ち着きます」と次に挑む。


< Round2>

ビートは『Child's Play / Elle Teresa』(←そんなに”容易く”なくノリ難そう…)



サ上さん:

いい年こいて金髪 問われる”はなび”の品格

あ 俺 真っ赤~ 俺バカだった~ (サ上さんは赤髪なのでみんな爆笑)

俺 mother×××× コンプラかかった~

こんな感じ楽しむ お前の真っすぐな目は好きだぜ


”はなび”:

いい年こいて 金髪

でも未だにビートに乗って進化中

まだまだ mother××××? ふざけんな

ゆっくり飲んでけ モンスタールームで綾鷹

思い出話は 笑笑 飲み屋で

今は思いっきりぶつかり合う時だぜ

歓声が俺の追い風

いつも罵声歓声 大歓迎だからもっとくれ


サ上さん:

綾鷹?なんて楽屋にはないから

”はなび”言ってる事全て それ全部バラバラ

バラバラ死体にしちゃおうかな

今日は殺しにきた 殺害塩化ビニール

そして何 お前さっき話バチバチ アチアチ?

真っ直ぐな目で言ってるかもしれないけど

残念ながらこの勝負 上野さんのマジ勝ちだし

そういう感じ お前の歓声 全然上がってないぜ

何が追い風になってんの

もう1回ピューっと吹いてやるからね


”はなび”:

ぜってぇ逃がさねぇ そうやってギャグラッパーは沢山だ

バチバチの試合を待ってんだ お客さんは

あーだこーだうるせぇなぁ そうやってかわし かわして

もっと真っ向勝負でやろうぜ

ここは現場 これは喧嘩 KEN THEみたく真っ向勝負

あの頃との違い 俺も見せる この気合の入ったフリースタイル

もっともっと来てくれよ ぶつかり合いたい

戦いたいんだよ もっと熱い試合がしたいんだよ


< Round2>の判定結果は、なんとクリティカルヒットでサ上さんの勝利!!

(結果を聞き、飛び上がって大はしゃぎするサ上さん)

 
KENさんのコメント:

「先攻を上野に渡した事で、上野空気で面白い事を言うとか

 エンターテイメント的なものを皆が期待しちゃってるから

 (”はなび”が)固く固く踏んでも沸かない空気にされた。

 先攻って普通不利なのに、自分が面白いラップとか、

 自分の空気を先に凄く出すことで、場の空気を支配するっていう

 先攻の凄い勝ち方をやってて(上野の方が)2枚ぐらい上手だった。」


カメラをモンスタールームに繋ぐと

4人のモンスター達が全員で”サ上ポーズ”を決める。

「嬉しいぜ みんな!!」とサ上さん。


負けたものの”はなび”は「これからもやっていきたいと思いました。」

「本当にありがとうございました。」と会場を去って行った。

(”はなび”さんはバトルに対して熱いけど、ビートにノリ切れなかった感じでしたね)

---------------------------------------

(般若ルーム)

山下:

「サイプレス上野さん

 女を泣かせる?

 何を言ってるんですか?

 私は女性に泣かされたい派だ

 avex trax


---------------------------------------


『Real Sound』(リアルサウンド)の【Creepy Nuts】と【リリスク】特別対談!

「アイドルラップで出来ることは全部やってみたい」】



ラッパーとアイドルは凄く近いモノを持っているんだって^^

CD買うとサイン会とかもあったりして♪

身近に感じるテレビに出てるひと!

(でも、最近の【Creepy Nuts】人気で、Rさんが遠い人になっちゃった気がして寂しい。。)



---------------------------------------

あっ、忘れてた~~~!


KAIRI&CHICO CARLITO / Blaze





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-26 14:00 | フリースタイルダンジョン