フリースタイルダンジョン!2nd SEASON Rec.1-5 崇勲×般若とまさかの宣戦布告の相手は?

「皆さん用意はいいですか~?」といつものようにジブさんの声。


史上二人目のファイナリスト”崇勲”を迎え撃つモンスターは

もちろん「俺がNo.1」のラスボス”般若”だ。

喰うか喰われるか?の極限バトルがついに開幕。

FINAL BATTLEのRound1の前に

まさかの番狂わせ”崇勲”との戦いを振り返ってみる。


”CHICO CARLITO”: 「強かったっすね」

”R-指定”:    「会場の空気も早い段階からガッツリ味方にどんどんつけていって…」

”T-PABLOW”:   「言う事が見当たらない。雲のような掴みきれない存在」

”DOTAMA”:    「言われた事を面白く返すタイプ」


しかし、「ネオ(^v^)ギャル夫」ラスボス”般若”の実力は未知数!

×”焚巻”戦のときのノッてる”焚巻”も凄かったが

般若はそれを上回っていた。

UMB2008以来7年ぶりのバトルから半年ぶり2度目のファイナリストとの戦いとなる。


漢さんが”般若”について語る。

「アイツは自分でチ×カスって言ってる事とか、HIP HOP的な感じで自分を表現するけど

 ムカつくぐらい完璧主義者に近い。

 俺はアイツが失敗したところは、ムカつくけど見た事がない。

 無いでしょうね、”般若”の負けることは。」


『さぁ、”崇勲”よ! 掴め HIP HOP DREAM!』


ジブさんが、「どうですか?般若さん。相手 ”崇勲”」と尋ねると

般若は「うん。」とだけ答える。


「どうですか?”崇勲”。相手 ”般若”」とジブさんが言うと

”崇勲”も”般若”と同じように「うん。」と答えるのだが、会場が笑いに包まれる。

(この感じが”崇勲”の魅力だよね^^)


《Round1で使用されるビートは「OWL NITE / DJ KENSAW」》

(”ビート”っていうのね。間違えてた…^^;)


”般若”:

嫌いじゃないよ”崇勲” 初めましてだけど

楽しい時間ってのは終わるんだ この数分

そうだな いい感じのスープだけど お前は俺の相手で充分

いや それ以下 どうした?mother××××

いい人ぶっても お前は腹黒 持ってけ100万

盛り上がれ お客さん 俺は常にお前の味方 逆だ



”崇勲”:

俺は腹黒じゃねぇ しっかりと内面全て晒してるぜ

”崇勲” 充分 残念 ”般若” その足元をすくう

これが俺 分かる?目を見ればいいバトルが出来るか?

ならやらねぇよ 手には乗らねぇ 

俺は俺のスタイル貫くだけ



”般若”:

オイオイオイオイオイオイ

中身があるMC 話 だけども毛虫 俺は裸足

中身どっちがあるか 刺身 醤油

お前 十分 ”崇勲”よく聞きな

ヒロシとかタカシとか両親の名前すらも覚えてねぇような奴に

ガタガタ言わせる筋合いはねぇんだよ

俺は親父がいねぇから 俺が親父になって

このHIP HOPシーン 全てを残すっていうMC



”崇勲”:

だから俺はバース小節 無駄にしたって ヒロシ タカシをしっかり言い直した

それが俺のしっかりとした俺の… (途中で言葉が途切れる)

緊張しちまうよ だけど仕方ねぇな

”般若”さん目の前 俺は聴いてた「根こそぎ」

心あるぜ ここに (ここで、いとうせいこうさんが指さしながら頷く。)

しっかりと俺が誇り持って戦ってくぜ

絶対に勝つ それだけが俺のバース



(「終了~!」の声と共に”崇勲”は顔に手を当てる。)


---------------------------------------

判定の前に【新木場ageHa】で行われたライブの映像に切り替わる。

ダンジョンライブは”サイプレス上野”と”DJロベルト吉野”の

『PRINCE OF YOKOHAMA 2016』

---------------------------------------

そうして、ファイナルバトルの判定は?

「クリティカルで勝者モンスター”般若”!!!」

その瞬間、ERONEさんが頭を抱えているところが映し出される。

静かなモンスタールームでは、漢さんの拍手だけが鳴り響く。


ERONEさんのコメント:

「”崇勲”が強い理由がわかった。

 ”崇勲”に対して見た目や顔がオモロイどーたらこーたらっていうディスは

 的外れなんですよね。ラップも出来るし、顔がどうこう言うのは

 そもそもフリースタイルバトルに関係ない。

 それを返すからずっと”崇勲”は勝ってたんですけど

 ”般若”の気合にやっぱちょっと飲まれたのかな?

 詰まったところを無視しちゃった。

 そこをもっと面白くしてたら”崇勲”に上げてたかなと思うんですけど。

 そこだけですね。

 無かったら分かんなかったっていうぐらいいい試合でした。」


KENさんのコメント:

「僕が見て思ったのはやっぱり前半に関して

 ”般若”さんが「こっち見ろ!こっち見ろ!」って言って

 そこに対して”崇勲”は何言われても動じないしマイスタイルで行く。

 ”般若”さんは真正面から行く。

 その時、自分たちのスタイルを貫いてたけど後半になった時に

 ”般若”さんの圧が強いから

 ”崇勲”が段々自分を保つというよりは”般若”さんに向かって行って

 「声を荒げない」って言ってたけどしっかり荒げて

 バイブスで向かって行ったところが”般若”さんの土俵になった。

 だから内容は互角だったけど”貫いてる度”でいくと

 ”般若”さんの方がマイスタイルをずっとやってたなと思った。」


ジブさんの感想:

「”般若”が自分の方向に引き込む感じのロートーンでグイッと行ったのは

 完全に今まで誰も”崇勲”にやらなかった。

 俺はそこが強かったのかなって気がした。」


(VIPルームゲスト) DJ WATARAIさんのコメント:

「本当にマイペースの”崇勲”がどんどん”般若”に引き込まれていく。

 そういうやり合いが現場の素晴らしいところで楽しかったです。」


(VIPルームゲスト) 木村ミノルさんのコメント:

「どんなパンチも当たらないチャレンジャーを真っ向から倒しに行って

 ノックアウトしたチャンピオンには本当痺れました。最高です!」


(ライブゲスト) HIYADAMさんのコメント:

「You tubeやテレビでは結構番組を観ていたんですけど

 やっぱり生で観ると違いますね。

 ここにいて今日観れた人も、マジでスゲー運が良いと思います。」

(ホント!羨ましいよ~~!)



(負けちゃったけど、崇勲さんの『逃走中』はサイコーだからココに入れとくね♪)


崇勲 / 「逃走中」





---------------------------------------


2nd Season Rec.1は全バトル終了したが

この直後、とんでもない事態が起こる!!!


ジブさんが「”般若”、いかがでしょうか?」とふると

般若が話し始める。

「うーーーーん、久々に喋らせて下さい。いや初めて喋らせて下さい。

 カメラどこですか?」


(えええええ~~!何が起こるんだろ?そわそわ。。)


「この先、僕が出るか出ないかわかんないですけど

 一言しか言えません。」 

(ここで目をキラキラさせたいとうせいこうさんの顔がアップ)


「おい!KREVA!テメェ ブルってんじゃねぇぞ この野郎!

 俺と勝負しろ!!」(会場にどよめきと歓声が上がる。)

「お前もうこれで逃げられねぇぞ。

 10年前みたいにオメェ俺からバックレらんねぇぞ。

 俺と直で勝負してやる!ここに来い!!」


審査員の方々も驚きながらも喜びが隠しきれない様子。(実現したら凄いもんね!)

もちろん会場も大いに盛り上がる。

そんなドリームマッチが現実となるのか?


「じゃあ、ちょっと合コンあるんで。」と

もう一度”崇勲”と握手を交わしてから退場する”般若”に大きな拍手!

まさかの宣戦布告はKREVAに届くのだろうか!?


---------------------------------------

すごい事になっちゃいましたね~♪

KREVAも好きだから、フリースタイルダンジョンに出てくれたら嬉しいけど。


---------------------------------------

今回は【Creepy Nuts】の『BOMBER-E LIVE』の動画☆彡

【悩む相談室】で相談者と一緒に悩んでる?二人とは思えないwww


【Creepy Nuts】『合法的トビ方ノススメ』BOMBER-E LIVE


「DJ松永さん激ヤバ!超絶テクで気持ち良過ぎ~~♪」






【Creepy Nuts】『たりないふたり』BOMBER-E LIVE





---------------------------------------
[PR]

by ai-3sun | 2016-05-18 16:48 | フリースタイルダンジョン