フリースタイルダンジョン!Rec.6-4 いとうせいこうのダンジョンライブ!

かませ~!熱韻スタイル! 

…ってことで”CIMA”(27)の2nd BATTLE からスタートです!


対戦するのは、自由奔放なスタイルの”漢 a.k.a. GAMI”

「昔よりヤバくね!?」っていうとこまで見せたいと言っていた

3連勝中の漢さんでしたが、

まず、ジブさんの「段がめんどくさいよね。」と

(骨折中だから会場の階段が大変そうで)漢さんに声をかけると

「段々と慣れてるんで大丈夫です。」と漢さんwww



しかし、Round1が始まったが

熱々な”CIMA”を漢さんはクールダウンさせることはできなかった。


LiLyさんのコメント:

「私漢さんに上げたんですけど、”CIMA”さんの沸点の高いオラオラなスタイルが

 漢さんの落ち着いた良さを引き立てていたと思った。」


Round1の判定は3対2で”CIMA”の勝ち。


Round2も”CIMA”がどこまでも食らいついていく強さを見せていたものの

漢さんも負けず劣らず”ここぞ”という踏ん張りを見せた。


Round2では見事”漢 a.k.a. GAMI”が勝利!


晋平太さんは、

「漢くんがポリスとガン××××だけじゃなくて包帯も巻いたっていう

 パンチラインにはびっくりしたんですけど

 ”CIMA”の噛みついていくスタイルの持ち味が凄い出ていた。」と”CIMA”も褒めた。


そして、Round3では漢さんに対してのアンサーに

韻をふみながらどんどん熱がこもっていく”CIMA”


「関西のローカルの先輩 名前 俺が言って全国区にしてやるぐらいな感じ

 Homieと夢の熱さは背負って来てんだ」(ってとこ好きだゎ。)


結果は、クリティカルヒットで勝者チャレンジャー”CIMA”!!

漢さん思わず「力尽きたぜ!おい。」と膝をつく。


ERONE:

「漢が先行で言う事なくなっちゃって、それに対して(”CIMA”は)

  ”髪型の「GATSBY塗っとけ」とかが面白かったんで”CIMA”に上げた。」


モンスタールームのサ上さんからは「漢さん ドンマイっす!」

…に、すかさず漢さん「うるせいや!」と返答w


---------------------------------------

一方、般若ルームでは

おしゃぶりを咥えたまま座り込んでいる般若が山下に何かを訴えているようた。


山下(通訳):「パパ! パパ! 小室さんって僕のパパなの?」

山下のムチャブリにゲストの小室哲哉も苦笑する。

---------------------------------------


次の対戦相手はモンスター”T-PABLOW”だ。

けれど、3rd BATTLE の前に”T-PABLOW”がリーダーをつとめる『BAD HOP』の

飲み会の様子が映し出される。(お店は川崎のオシャレなDining & Bar 「BILLFISH」)


ここで”T-PABLOW”の意外な一面が明かされる。

一見クールに見えるけれど、実はおしゃべりなハイテンション野郎だというのだ。

今年貰ったバレンタインチョコは1個だけ(誰から?w)

どうも中学時代の印象で怖いと思われているらしい。

モテそうだけど出会いがないという”T-PABLOW”


女の子と遊んでるイメージがあるけれど実際は付き合ってもないし

ずっと彼女いない時期もあったと言う。

「”うそだろ”って思われるんだけど、俺 真面目だもんね 女の子にはね!」


…で、この飲み会ではいつも

『BAD HOP』メンバーのサイファーでスキルアップを図っているという。

(これ見て女子の好感度もアップだよね♪)


---------------------------------------

いよいよ3rd BATTLE開始。

「あまりモテないが硬派な」”T-PABLOW”の出番だ。


ジブさんに「(前回”CIMA”に)特に興味ないと言われてましたがどうでしょうか?」と

フラれると「興味持ってもらえるように…」と答えた”T-PABLOW”だった。



”CIMA”:

「比べんな お前のラップもスキルも顔もむっちゃ変やん

 murder dem blah

 言ってやるぜ 1バース目で興味すらないわ

 言ってやるぜ お前はダサいな

 俺はリタイヤなしで磨いたダイヤの原石 サイファー

 階段降りて 俺がNo.1」とか


「どんなもんっすか?しけた面 お前はネガ

 俺はポジティブをポジしてる」とか

(ホント、”T-PABLOW”凹むよ~~!)


Round1の判定はチャレンジャーが4票獲得して、”CIMA”の勝利!


KENさんのコメントは

「”CIMA”くんがウィンナーのくだりからポークビッツとか

 気の利いた攻撃があって、”T-PABLOW”も細かい韻でグルーヴを繋いていってたけど

 ユーモアとか面白さがあった分”CIMA”が優勢に見えた。」


Round2になっても、”T-PABLOW”をどんどん押しまくる”CIMA”


「お前のフロウで感情もねぇよ

 ていうか ラップに感動もねぇよ

 レジェンドの先輩のお名前出したら勝てると思うなよ クソガキが」


「冷静沈着でも目が泳ぐ

 俺はビート上 水を得た魚」とかグサグサ刺してくる。

(”T-PABLOW”も力強いフロウを返してるけど、”CIMA”のディスは粘着質でヤラシイ!)


判定の結果はチャレンジャー3票で”CIMA”の勝利となった!



いとうせいこうさんのコメント:

「全体で一曲になっているようなそういうリズムの戦いの中で

 かろうじて”CIMA”のメッセージが伝わった。

 ”T-PABLOW”がRound1で外してたリズムを、ここでは絶対入れてやるっていう感じで

 もの凄い良い所にリズムを入れてきたのに聴き惚れてました。」


ライブゲスト”AK-69”さんは、

「だいぶ熱かったっすね。”T-PABLOW”のフロウライミングも凄い格好良かったし、

 言ってる感じも要所要所で『盛り返すかな?』ってパンチラインも出てたけど

 ”CIMA”がバトルを重ねて乗ってきてるライミングが炸裂していた。

 いやぁ、熱い戦い見せてもらいました。」


”T-PABLOW”:「強かったっす!マジで」

残念ながら”T-PABLOW”は敗退…

「”T-PABLOW” ドンマイ♡だよ」←お~!もしかして私ファンになってる?w)


---------------------------------------

そして、今回のダンジョンライブは なんと 「いとうせいこう」さんです!!


[いとうせいこう]

作家、クリエーターとして多方面で活躍

近年の音楽活動では口ロロへの加入やレキシ(足軽先生だぁ~♪)での活動などがある。




      いくぞ フリースタイルダンジョン!

          30年前からやってるぜ!

     と『ヒップホップの経年変化』を全力で披露!


(リズムの変化に乗れないで困惑気味の観客と、ノリノリで踊ってるジブさんの対比がイイ!)


---------------------------------------

(またまた、般若ルーム)

般若、座ったまま膝をなでなでしながら、

山下:「小室さん ごめんね。

「気づいちゃたんだ!!

 僕のパパは木根さんだ!!」

VIPゲストの小室さんは笑いながらピースサインだ。(安心した?w)


---------------------------------------

エンディングでは般若が手足をバタバタさせて駄々をこねる。

山下:

「やだ! やだ! やだ!

 自称 巨乳の女は やだ! やだ! やだ!

 ただのぽっちゃりだから やだ! やだ! やだ!」

---------------------------------------

次週 4th BATTLE では、”R-指定”が対戦相手だね~!

今からドキドキしちゃうよー♪


そうそう『Creepy Nuts』のサイトを見たら

”Creepy Nuts”が日本初のApple Music { Beats 1 News}に登場だって!


凄いよ~!インタビュアーのめちゃ速い英語にもちろん英語で答える”R-指定”!

いろんな意味で面白いから是非聴いてみて♪


それと、

DJ RYOW 「ビートモクソモネェカラキキナ2016 REMIX feat.般若、漢 & R-指定」を

i Tunesにて04.01.2016配信決定だよ! 


---------------------------------------



[PR]

by ai-3sun | 2016-03-31 18:01 | フリースタイルダンジョン